【実験】圧縮カーボンFRP

カーボンファイバーを使った部品は大きく分けて2種類
通称「ドライカーボン」と「ウエットカーボン」 ちなみに正式にはこの言葉は存在しません、、、
この2つの素材は似て異なるものです(笑)

ドライカーボンを調べてみると、、、、
そもそもカーボン繊維は、炭化したアクリル樹脂繊維、特徴は軽量で引っ張り強度が高い、コレを織ったのがカーボンクロスになります
このカーボンクロスに熱硬化エポキシ樹脂(130℃ほどに加熱すると硬化する)を含侵させたのがプレプリグ
べたべたするプレプリグを型に積層、耐熱ビニールでパックして真空引きで型に密着、
加熱加圧釜に入れて80℃程に暖めながら加圧、気圧差により脱泡と余分な樹脂をカーボン繊維から抜いて
最後に130℃程に加熱してエポキシ樹脂を硬化させます。

それに対して「ウエットカーボン」は、FRPと同じ製法で、
ポリエステル樹脂でカーボン繊維を含侵させ型に貼り付けて常温硬化させて成形させる方法で、
型と材料があれば可能な簡単な方法のハンドレイアップ方式です
実際に販売されているカーボンパーツの大半を占めていて
G-FRP(グラスファイバーFRP)の表面にカーボンクロス1枚を積層してあります。

その他にグラスファイバークロスにアルミ蒸着した、カーボンとは名ばかりの「シルバーカーボン」なんてありますが、正しくは「テキサリューム」
普通のFRPさして変わらない強度でチョット見栄えが違うだけでチットも偉くないクセに、やたら高価な物もあります(笑)

で、基本的に違うところは、

繊維の違い
100%カーボンクロス積層 vs グラスファイバークロス&マットに化粧のカーボン1プライ

樹脂の違い
エポキシ樹脂 vs ポリエステル樹脂

製品の密度の違い
加圧&真空引きで気泡を含まず、圧縮された高密度材 vs 脱泡ローラーで気泡を潰すだけ

この3つの違いになります。

で、、、チョット考えて実験してみました。
ウエットカーボンの材料で少しでも軽量かつ高剛性にするには、、、
「密度を上げてみよう!!」って単純な結論に、、
加圧(真空引き)をすれば余計な樹脂を吸い取り、大気圧を使って圧縮できるので十分効果はありそうです。

しかし、、、、手持ちの機材に真空ポンプが無い、、、

手持ちの簡単な機材で圧縮してみましょ、、
とりあえず、メイッパイ圧縮して雑巾みたいに余計な樹脂を搾り出でば良いから、、、
木片に鉄板を貼りった物を2個作って、
鉄板に離型材を塗り、

今回は、カーボンクロス-#380グラスマット-#380グラスマット-カーボンクロス
の4プライ、普通に積層すると3~4mm程の厚みになる組み合わせ
ポリエステル樹脂を作ってテストピースに積層、、、
コレを挟んで、シャコ万でギリギリと締め上げます!!

8320608_33702317_213large
木片の間からポリエステル樹脂が絞り出てきて良い感じです、
絞れるだけ絞ってそのまま硬化するまで放置、、、

お昼ごはんを食べ終わったところで、取り出して

8320608_33702303_28large
不要な部分を切り落とすと

薄っ!!
8320608_33702319_108large
上手く出来た部分は1mm程に圧縮されています。
しかも圧縮されているので、物凄く固いです
コレで樹脂をエポキシに変えたらドゥなっちゃうんでしょう♪

この作り方って単板やアングルを作るのは簡単ですが、複雑な形状は型作りが難しい(高価)ですね、、
小さいステーを作ったり、子部品パネルはコレで作れば軽量高剛性です。
普通の樹脂部品の置き換えが出来そうです♪
単純にスケールを大きくして Lチャンネル2個とデッカイ万力使えば200x300位の圧縮ウエットカーボンは作れそうです。

とりあえず、この作り方何かに使えそうです!!アイディアの引き出しに仕舞っておこう、、、、
何作ろうかなぁ~♪


軽さの代償

ついにボンネットピンを導入します!!

HI3C0627
HI3C0627

FRP(カーボン)ボンネットに絶対に必要な部品です
鉄板ボンネットから樹脂にFRP(カーボン)に交換して軽くはなりますが、同時に剛性も低下します。
カーボンやFRPボンネットに交換した場合には純正キャッチャーを移植して取り付けますが、
コレが実に怖いんです。

剛性不足のボンネットは速度を上げると風圧で前端のフェンダー部分から段々メクレ上がってくるんですよ~

更に速度が上がると、FRP(カーボン)の弾性と風圧が釣り合った所でフラッターが起こって風になびく旗のようにバタバタとはためきます(笑)

ココから更に速度を上げると振幅、周波数共に増加して最終的に破壊に至ります。
(ちなみにこの現象は外装パーツ全てに言えることで、剛性不足のエアロパーツがばらばらになる原因の一つです)

FRP(カーボン)ボンネットをボンネットピン無しで組んだ場合は風圧による力は全てキャッチ取り付け部分に掛かり、
限界を超えると一気に破断して高速走行中にボンネットが開いて視界”0”になります。

カナリの確立で事故は免れないでしょうね、、、

コレを防止する為にボンネットピンを使って取り付け点を増やす事によって純正キャッチ取り付け部分の負担を減少させてボンネットを確実に固定します

今まで、ボンネットを監視しながらの高速巡航だったので
コレで安心して乗れますねぇ~

コレでも変形が大きかったら、裏骨補強だね、、、


晩御飯 作りましょう♪「鶏ももソテーとコーンのシチュー」

ちょっと懐かしい料理を思い出しながら作ってみました。
鶏ももソテーとコーンのシチュー

HI3C0078
HI3C0078

材料は、、、
鶏のもも肉
玉ねぎ
ジャガイモ
パックのコーンポタージュスープ
胡椒
クレイジーソルト
コンソメ
バター
コーンスターチ
コーヒークリーム(ホーションタイプ)もしくは生クリーム

作り方は簡単

ジャガイモを洗って綺麗に皮を剥いて電子レンジでクシが通るまで加熱

鍋にバターを溶かして
適当に切った玉ねぎを透明になるまで炒めて、

一口大に切った鶏のもも肉を入れて更に炒める

鶏肉に十分火が通ったら加熱したジャガイモを入れて、
水分があるうちにコンソメ、胡椒、クレイジーソルトで下味をつけちゃいます。
(そのまま食べてもOK位の塩加減です)

ここにパックのコーンスープを注ぎ
中火から細火で焦がさないように温めて
塩、胡椒で味を整えて、、、
(ちょっと胡椒強めがオススメ)
具に絡むように水溶きコーンスターチを入れてトロミをつけて

出来上がり♪

お皿に盛った後で、コーヒークリーム1個(生クリーム)を散らすとコクが出て美味しいですよ~

基本はコーンポタージュスープ、タマネギ、バター、塩、胡椒
他の具は好みでOKです
(ニンジン ヤングコーン ブロッコリー グリーンアスパラ セロリ&ベーコンなどなど、、、)

コーンポタージュスープをペースに作ってからハズしは無し(笑)

分量が書いて無いって、、、、

まぁ適当に作ってよ!!
簡単で失敗出来ないから(笑)

高校で同じ釜の飯を喰った紳士&淑女諸君!!
懐かしい味だよ~(笑)

ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


本人以外は立派な騒音

車の排気音なんて車好き以外は聴きたくない人が大半でしょ

嫌いな人にしてみれば
「フェラーリV12」も
「暴走族の直管」も
「車検対応マフラー」も
み~んな一緒で立派な「騒音」&「暴走族」

市街地でうるさく騒げば自分達の首を絞める事になりますよね
すでに新車の騒音規制で十分締まってきてますが(笑)

全てのドライバーは「ウルサイっ!!」って怒られても謝るしかない立場なんですよ、、、
もちろんノーマル車でもね、、、

公共に与える負荷が大きい車のオーナーとして市街地は出来るだけ静かに走るように気を付けよう、、、


Response UP !!

タイラップ号のエンジンレスポンスと僅かながらのパワー向上を狙ってEVO SPORT製のパワープーリーを組み込みます。

HI3C0622
HI3C0622

このプーリーkit、正式な部品名所は”Under Drive Pulley”ゆっくり回すプーリーです(笑)

原理は簡単、ウォーターポンプ、オルタネーター、パワーステアリングポンプの各プーリーを大径化して
補機を駆動する為の損失馬力を減らし、出力馬力に移す部品で、10psほど向上って話です、、、 
ピークパワーの向上より、トルクが出ていない低回転域の方が効果が大きく出そうですね
2次エアポンプ撤去と相まって、レスポンスUPとオーバーハング-5kgの軽量化です♪

組み込みが楽しみです~