カテゴリー別アーカイブ: Homebuild Aircraft

いよいよ初飛行!

明日は叔父と一緒に作ってきたホームビルト機の初飛行です。
すでに滑走路上でのジャンプ飛行は済んでますが。
飛行場の周囲を回って着陸する「場周飛行」は初めてです。 続きを読む いよいよ初飛行!

FK-12 1st Jump test 動画2

先日のテストの模様を撮影して頂きました。
地上のカメラ+ドローンによる空撮です♪

p1
このドローンって、空撮アイテムとしては最強ですね。 続きを読む FK-12 1st Jump test 動画2

FK-12 1st Jump test!! 

機体完成後、航空局から試験飛行許可がようやく下りてついに飛行テストに入りました
今回のテスト内容は「ジャンプ飛行」です。
「ジャンプ飛行」はとは滑走路から通常離陸した後に最高高度3mまでで滑走路上を飛行して、そのまま着陸させます。 続きを読む FK-12 1st Jump test!! 

日のあたる場所へ、、、

29日は富士川滑空場でFK-12のタキシングテストと雑誌取材でした。
前日にローダーに積み込み、
富士川滑空場に叔父が運び当日の早朝から機体の組み立てて、、、

ドイツから送られてきたコンテナを開封して2年5ヶ月
ようやく飛行機の形になり富士川の滑走路までたどり着きました。
p6
飛行機としてあるべき場所に居るんですが、今までアトリエやガレージでの姿しか見ていないので違和感があります。

取材に来た雑誌は”ラジコン技術”
ホームビルト機になぜラジコン雑誌かというと、、、
p1
実機に並行してラジコンも製作されていました。
p3
1/3スケールのラジコン機で4ストローク55ccのガソリンエンジン機
(原付きよりデカいんかい、、、)
来月あたりに掲載されるらしいです、、、

天候にも恵まれ、靄が掛かっていますが、富士山も見える撮影日和
午前中に撮影とラジコンのテスト飛行を実施
p4
まずはラジコンが初飛行
p5
エンジンを掛けて、、、実機より先に空へ、、、


搭載エンジンが大きすぎるのか完全にオーバーパワーでエンジンに振り回されてます。
スケール機なので操縦は結構難しいそうです。

実機の方は光の具合を見ながら向きを変えて撮影会
せっかくなのでイロイロな角度から(笑)
p7
見栄えバッチリの複葉機♪
男のロマンってヤツですよ!!
p8
5

6

7

もちろんお披露目なのでお客さんにコクピットに座って頂き記念撮影
8

10

11

13

太陽光だとキャンディレッド&ブルーは深みが出ますね~♪

全員でお弁当を食べた後にFK-12のエンジンテストとタキシングテストを開始、
エンジンが回ることは確認できているのでエンジンが回るまでは確認が出来ていますが、、、
場所が変わっただけですが、結構緊張しますね、、、

エンジンが温まり、いよいよタキシング開始、

ブレーキテストをしながら歩く程度の速度でトコトコと滑走路を走る、

「何も起きるなよ、、、無事に終わってくれ、、」
ひやひやです、、、
タキシングでこれじゃ、初飛行の時は見ていられないかも、、、

まだまだ、不具合や改善点も多く飛行機としては「未完成」な状態ですが、「組み立てキット」から「飛行機の形をした車」までたどり着きました(笑)

14
不具合を見つけながらも何とか無事に最初のタキシングテストを完了、
自分の力で動き始めたFK-12
ここから「飛行機」になる為のツメの作業が大変です、

深夜のエンジンテスト

いよいよ最後のツメになってきました。
p3
29日は富士川でFK-12の雑誌取材とエンジンテスト
積み込みを28日に行うので、5日しかありません!!
29日までに出来る事は全て終わらせます。

先日、エンジンの始動には成功するものの不具合がイロイロ、
①運転中に燃料タンクが凹む
②燃料圧力警告が点灯しっぱなし
③タコメーター、油温計、水温計が動かない
④スロットルフリクションロックが甘く、レバーから手を離すと自然と回転が上がって しまう
⑤ラダーペダルに脚が届かない(笑)
細かいネタがずいぶん残っていますね、、、
p1
朝0600から行動開始して2100を過ぎてこの状況、疲れを感じていますが、

変なスイッチが入ります。

「今夜中にエンジン関係のトラブルは治す!!」

先ずは、燃料タンクが凹むって笑えるトラブルから、、、
燃料系統を確認すると、供給側には問題なし(当たり前) 問題はベント系
エンジンを見ていると見覚えの無いチューブがインテークマニフォールドから生えて、なぜかバルクヘッド通過してキャビン側に??
「これ、どこに繋がってるの??」

「燃料タンク」

「・・・・・・ちがーう!!」
燃料タンクに負圧かければ凹むわなぁ、、、

この配管はブローバイ処理の配管だからクランクケースもしくはドライサンプのOILタンクのブリーザーに繋ぐんです、、、
配管をちょん切りタンク側を大気開放、インテークマニフォールド側を閉塞して解決

次!
燃料圧力警告の点灯は、エンジンパーツリストを見てもセンサーが見当たらない、
エンジンを見回して燃料系統にセンサーが生えていないか探しても、見当たらない、、、
「そもそも配線は?」って配線図をみて探してみると、
プラプラ遊んでますよ、、、

この手の警告の配線は、断線すると光るって方針で作るからねぇ、、、(断線してダンマリは一番危ない)
そりゃ光るよ、、、

プレッシャースイッチ買って付ければ解決ですが、この時間にそんなものが手に入る訳が無い、
29日は飛ばさないので、とりあえずグランドに落として警告灯を消す方針へ

最後にタコメーター、油温系、水温系の確認
単純なトコから攻めて行きます。
先ずはエンジンパーツリストで各センサーを確認して、
配線図を追って接続を確認
センサー類の接続はOK

次に計器側の配線を確認していくと、
センサー、計器間の断線をテスターで確認、電源線、信号線、グランドの確認をすると
はい、解決、水温計に電源が来てません
配線を加工して水温計に12Vを繋いで解決

油温計に関しては全て問題なし、何で動かないのかエンジンの潤滑系を眺めて考えていると

OILクーラーにサーモスタットが無い!!

航空機エンジンですね、、、潤滑油全部OILクーラーに流してるよ(笑)
要は巡航速度&回転数で油温が安定する放熱量のOILクーラーを取り付けて
最大出力を使う離陸推力のときは短時間だから少しだけムリさせる

って事は、エンジンアイドル付近での運転だと、完全にオーバークール
計器テストで温度を上げたいのでOILクーラーとラジエターにガムテープを張り冷却能力を一時的に落とす。

最後に残ったタコメーター
こいつは難題でした、、、
配線図を見てエンジンのRPMピックアップコイルからの配線を調べると、

白いラインとシールドの組み合わせ、
まぁ、白が信号線(ピックアップコイルの+出力)でシールドがマイナスですね♪

エンジンの配線を見ると
白いラインと、青&黄色のライン、、、、
、、、おい配線図と違ってるぞ、、、困るんだよ

一気に配線図が怪しくなったので、とりあえずテスターを機内に持ち込みエンジンを回して信号を確認

白いラインをテスターのプラスへ、青&黄色ラインをテスターマイナスに繋いでみると、
テスターの針がマイナスに振れる、、、
逆ですか、、、orz
白が信号線じゃなかったのかよぉ~

ピックアップからの+と-が判ったので計器に配線しようと計器の説明書を探すが、、、
説明書無しですかっ!!
マニュアル無しで電気配線って、「黒ひげ危機一髪!!」ですか、、、orz

回転系の裏を見ると3本の端子が出ていて、No.1端子”+” No.2端子”-” No3端子”表記無し”
そのまま接続するなら
No1”+”端子に12V
No.2″-“端子にグランドとピックアップ”-”
No.3端子にピックアップ”+”
ですね、、、

計器の配線を確認して、エンジン始動!!

回転計も動き出し先ずは一安心、
もちろんタンクも凹みません
外気温度はかなり低い状況でエンジンを1000rpm程度で温めると、、、
油温計、水温計も動き始めてエンジン計器は全てOK

はぁ~ コレで29日は一安心♪

残った工作とハーネスのまとめ処理は明日の宿題に残して、本日の予定全て完了!!
既に2330過ぎ(笑)
富士川でグライダーを飛ばし、箱根をM3でドライブして、最後はFK-12の製作、濃すぎの週末です(笑)

FK-12 ロールアウト!!

2年半ほど掛かって叔父と作っているキットプレーン FK-12が部品ごとに完成したので、
狭い工房からガレージに引越しをして最後の組み立てに入りました。
エンジンは既に搭載済み、配線配管は整備士さんと一緒に進めている状況で、いよいよエンジンテストも近いです。
製作過程は殆どブログUPしなかったので、いきなり完成しているように見えますが、
内装のアルカンターラ張り
ウッドパネル製作、
操縦桿、スロットル等のウレタンクリア仕上げのウッドグリップ製作など、
車の内装造りに応用できる工程も多いので、ボチボチUPしていきます。
p1CA9WQV35
叔父の自宅ガレージの前で機体を組み上げ、張線を張り、操縦系統をリンケージ
スパッツ(タイヤカバー)とプロペラが付いていませんが
塗装完状態での全容が現れました!!
p2CAOQ8IHV

p3CAFJJVDM
カラーリングは白をベースにキャンディレッド&ブルー
非常に細かいラメが入っているので、光線の具合で色合いが変化します。
内装はウッドパネル&アルカンターラ仕様
操縦桿、スロットルレバー、フラップレバーはヒノキの削り出し、ウレタンクリア仕上げ

搭載計器は、お決まりの速度計、高度計、昇降計、に加えてジャイロコンパスを装備(笑)
時計はウォルサムの手巻き
エンジン計器は水温計、油温計、油圧計、回転計、機体の雰囲気に合わせて流行の統合計器ではなく全てアナログ計器
機内通話インターコム
p4CAJ4CATC

p5CA6BL7DB
実用機でも競技機ではないので、趣味丸出しの雰囲気仕様です。

主翼は折りたたみ式で、ピン4本とエルロンリンケージを切り離せば、艦載機のように畳めます。

p6
ガレージにすっぽり、、、

来週の週末にエンジンテストの予定です
この飛行機はどんな世界を見せてくれるのかな♪