カテゴリー別アーカイブ: メンテナンス

E36 325i Cabriolet 内装張替え

E36カブリオレ 内装張替え

仕事と趣味を詰め込み過ぎて、楽しく忙しい日々を送っています。

平日の基本スケジュールは、、、

朝の通勤 1時間はM3&カブリオレの今後のプランを考えてスマホにメモ 続きを読む E36 325i Cabriolet 内装張替え


E36 325i Cabriolet お約束のラジエター交換

我が家の325iカブリオレもE36のお約束、「ラジエターアッパーホース付け根部分の破損」に見舞われました。
新車登録から20年、走行距離75000kmでバッキリと折れました
1
数日前から、なんだかクーラント臭いなぁ~なんて思っていた矢先にOBCにクーラント量警告が表示
出先で壊れなかったのが幸いでした。

p2
一見何でもなさそうですが、ちょっとアッパーホースを押してみると、、、、
完全に割れてます。

で、早速部品を注文してサクサクと部品交換
ついでにアッパーホースとロアーホースも新品交換です。
手順は簡単ですね~
下手に補強とか、現物修理するよりも補修部品の新品交換が一番です!

アッパーホースを外して、
SSTを使ってファンカップリングを緩めて(逆ねじ)
リザーバーホースを外して
p3
このクリップを外せは、シュラウド、リザーバータンク、カップリングファン一式がゴソッっと外れます。

p4
ラジエター側面の水温センサーを外して、
ロァホースを取り外す
ラジエター上面のプラスチッククリップを外せばラジエターがフリーになります

p5
ラジエターをチョットだけ持ち上げると、パワステクーラーが出てくるので
上下4箇所のスクリューを外してパワステクーラーを分離して
ラジエター本体を取り外します。

p6
取り出したラジエター
お疲れ様でした!!

水温センサー、
左右のラジエターマウントラバー、
パワステクーラーマウントのクリップ、
ドレンボルト
は再利用するので取り外して保管しておきます。

p7
冷却系を外すとスカスカですね~

p2
新品の純正互換品のラジエター
アッパーホース部分の補強対策品だと嬉しいんですが、不明です。
次は50000km走ったら予防整備で交換しちゃいます。
送料込みで16000円ほどで購入可能

p3
もちろん事のついでにホースも交換
5000円も出せば買えます。
良い時代になりました

p4
いきなり乗っています(笑)
新品ラジエターに旧ラジエターから取り外した
水温センサー
左右ラジエターマウントブッシュ
パワステクーラー用クリップ
ドレンボルトを移植
パワステクーラーをラジエター本体に取り付けて
ラジエターを収めて、上面のプラスチッククリップで固定

p5
シュラウド、カップリングファン、リザーバータンク御一行様を収めて作業終了、、、
分解時に段取りを理解してしまえば組み付けはアッサリ終わります

p6
冷却水を口切一杯まで入れて、ヒーター全開にしてエンジン始動
すぐにエアが抜け始めて冷却水が減っていくので、どんどん継ぎ足して水位をキープ
ラジエター上部のエア抜きスクリューを緩めて上部にたまったエアーを抜いてキャップを絞めて出来上がり

軽く走って、十分冷えてから、リザーバータンクの水位をチェックして、減っているようなら継ぎ足して、最後にもう一度エアー抜きしてあげればOKかな
7万キロ毎に新品交換すればラジエター絡みで「行き倒れ」は防止できますね♪
新品ラジエターも社外品新品で16000円程度、作業時間は2時間程なので、予防整備をオススメします。


E36 325i Cabriolet OIL交換

そこそこ距離を伸ばしたので、OIL交換しました。
交換したOILはエネオス サスティナ5W-40
M3に使ってみて好印象だったので、325iカブリオレにも採用です。

実は、今回のOIL交換の3000kmほど前に1回交換していまして、
前回使っていたOILはディーゼル、ガソリン兼用OIL
カーボンが多く発生するディーゼルエンジン用のOILは洗浄力が非常に強く
ターボ付が前提ですしエンジン自体の発熱も大きく、高圧縮
エンジンOIL単体で考えるとガソリンエンジン用よりはるかに厳しい条件で使用されています。

ディーゼルOILの強力な洗浄力を使ってのランニングフラッシングを3000kmほど行いOILを抜いてみると、、、
笑えるほど真っ黒!! あまりの黒さに抜いたOILを凝視する店員さん、、、
「あ、、、ディーゼルマルチでフラッシングですから、大丈夫っす」
「なぁ~んだ」と納得(安心)していただき、キッチリ抜き取ってエレメント交換後にサスティナを6.5L補充 

2

新しいOILに変えると「くおーーーーっつ」って綺麗に上まで回って気持ちいですね~

エンジンフラッシングの効果は、、、

んなもん体感できる訳が無いでしょ、、、
手持ちで持っていたから「どれだけ黒くなるか?」が見たくてフラッシングしただけですって(笑)
基本的に現代設計のエンジン&OILでフラッシングは必要ありません


E36 325i Cabriolet タイヤ&ホイール交換

サスペンションリフレッシュが済んで一気に質感が復活した325iカブリオレ
最近メンテナンスに掛けられる時間が少ないので、スケジュールが空いた週末に一気に進めてしまいます。

325カブリオレに装着されていたのは何故かBSのRE-01R、205-60-15
p1
フロント1分山 リアワイヤー寸前の天然スリック
もちろん乗り心地もロードノイズも最低の状態(笑)

どのみち交換しなきゃならないので、さっさと交換に出かけました。
今回の方針が乗り心地仕様なので「コンフォート系の適当なタイヤでいいでしょ」って
近所のお店を徘徊してみたら、

15inchタイヤって意外と在庫していないですね、、、
「17inchは当たり前、20inchにも届こうか」って時代ですもんね

しなやかな動きの脚になったところで”しっとり感”を追加したいので
重いホイールに交換&コンフォート系タイヤを考えます。

ちょっと検索を掛けてみると、
近所の中古部品屋でいきなりイイのが出てきた、、、

「3シリーズ用純正16inch BSレグノ225-60-16 8部山 35800円!!」
いい時代になりましたね~ 1本1万円以下の投げ売り価格ですよ、

早速お店に行ってみると、E36後期あたりでオプション設定されていた純正BBS 16inch♪
これなら設計に間違い無いし、タイヤも望んだコンフォート系
BMWが設定した適度に重いホイールに程よく柔らかいタイヤ、
ホイールの幅もタイヤ推奨サイズよりちょっと狭いサイドウォールを柔らかく使う”ムッチリ仕様”

Inch UPには抵抗がありましたが乗り心地的には悪影響が出来るだけ抑えられた組み合わせなので、
購入を決断!!
(まぁ、ハズレでも3万円ちょっとだしネ)

フィッティングは純正部品なのでもちろん問題なし、
一昔前によく見かけた仕様ですよね(笑)
空気圧は前後2.5barから初めて、フロント2.2bar リア2.4barで落ち着きました。
p2
で、、、、
重いホイールにコンフォートタイヤの組み合わせは効果テキメンです♪
ロードノイズは「さーーー」って軽く、当りは柔らか
ホイールの重さが効いてタイヤが良くシナって”しっとり感”がでてきました。

この週末で一気にレストアが進みました♪
残るはサスペンションの位置決めと車の雰囲気を左右するブッシュ選び、、、
楽しい悩みは続きます。


325i Cabriolet レストア計画

E36 325iカブリオレのレストア準備を少しずつ進めています。
ちまちま細かい部品から手を付けるは、何時まで経っても終わらないパターンにハマり込むので
ある程度まとめて改修していくことにします。
とは言っても大きくノーマルから変える事は考えていないので、消耗品交換が主だった作業
乗る毎に気になる足回りから始めました。

“20年6万キロ”のサスペンションは見事に崩れきっていて、普段乗りでも危険なレベル
ロァコントロールアームブッシュは劣化しきっていて走行抵抗だけでトーが開いてジャダーが起きるし
ブレーキなんて掛けたときはブルブル振れ出す程
ダンパーも抜けきっているので、高速道路で路面のうねりを拾うとバウンドが止まらない、、、
真っ直ぐ走っている時は良いけど、旋回中はバウンドに乗じてフロント荷重が抜けるので、浮き上がったタイミングで泳ぐように外に膨らみます。
もちろん縮側の減衰力が無くなっているので、バンプラバーに勢いよく乗るので乗り心地は妙な底付き感
純正ダンパーにローダウンスプリングだけ組んだ動きに似ていますね、、、

ってことで部品を集めを開始
①フロント&リアアッパーマウント 
純正同等品で十分でしょ
フロントはZ4から採用になったアルミ製アッパーマウント、
リアは定番のE46 M3 CSL用を流用

②フロント&リアバンプラバー 
バンプラバーへの依存度が高い足回りなので重要です
もちろん純正部品の新品です。

③ロァコントロールアームブッシュ
 フロントサスペンションの位置決めを担うブッシュ お馴染みの部品ですね
こいつが少々悩ましくて、ノーマルが廃盤なので、Mテクニック、M3B、M3Cの3種類
キャスターまで弄る気は無いのでMテクニックもしくはM3Cの2択
まだ、悩んでいます、、、

④スプリングパッド、
スプリングの上下に入っているゴムシート、リアはレバー比が掛かっているサスペンションなので劣化すると大幅に車高が下がります。
(次回は樹脂からスペーサーを切り出して車高下がりしない部品を作るか、、、)

⑤ダンパー一式
今回は乗り心地重視なので低フリクションのツインチューブ式ダンパーから選択
ビルシュタインB4、ザックス、KONIで悩んで、、、
伸び側の可変減衰力で乗り心地評価の高いKONI FSDに決定
この贅沢が部品代に結構響きましたね、、、

まぁ、ここまでリフレシュしておけば普段乗りには十分なレベル
もう一歩踏み込んでリアトレーリングアームブッシュとメンバーカラーは後日のお楽しみ、
ここまでの部品代が純正同等品と個人輸入を活用して12万円程、
ダンパーのコストを削れば10万円以下ですね