カテゴリー別アーカイブ: Soaring

グライダー小説を見つけました。

グライダーなんてマイナーな世界を題材とした小説を見つけました。
作品名は「エアエイジ」 著者,松樹 剛史 (集英社文庫)
大学の航空部を舞台とした青春モノで登場するグライダーは、ASK13とDG-500M。
カバー裏表紙には、
「高校時代は女の子と遊んでばかりだった昌志。大学入学を機に「夢中になれるもの」を求め、サークルの勧誘を冷やかす中で、航空部の展示に行き会う。
真っ白なグライダーと、横にたたずむ美少女。
その光景に一目で心奪われた昌志だったが、美少女は「グライダーは呪い」という謎の言葉を残して去ってしまう。
彼女との再会のため、昌志は航空部に入部することにするのだが・・・・・? 空を翔る青春!」

ネタバレですが「カラッポな大学生がグライダーと出会い、グライダーで父親を失った屈折少女を口説き落として彼女にして一緒にウエーブ飛ぶって」、方向で話は進みますが
鋼管羽布張りの初期練習機から一気にスーパーシップ、、、普通のグライダー人生20年分を一気に3年で収めちゃった感あります、、、
物語の展開が急ぎ過ぎでやや苦しく、青春モノはヲッサンが読むと「かゆい」です(笑)

技術的な側面としては、お話を作るために「ちょっとそれは苦しいでしょ、、、」な感はありますが、日本のグライダー界を良く取材しています、
グライダーを紹介して興味を持ってもらうには良い小説だと思います。
まぁ~1時間程度で読めるワインコイン小説なので読んでみてください。


冬の凪空

2012/12/16(日)
富士川滑空場で2週間ぶりのフライト
12月9日は富士川滑空場まで行ったものの、10m/sを超える南西風が吹きフライトは中止
お昼過ぎまで格納庫のお掃除をして撤収、
箱根をドライブして温泉に行ってチャンチャン♪ 久しぶりの地上の週末でした。

今週は高気圧どっぷりの快晴!! だけど渦度天気図を見ても下降流の安定域、Blip Mapをみるとサーマルの上限は2500feet(650m)程度
アクロ最高♪のお天気ですが富士川滑空場にFOXは無し、、、

1
今日の曳航機パイロットはREDFOXチームオーナーのKさん
いっちょ600mまでよろしくお願いします!!

まぁ、行ったからにはとりあえず自分の乗る単座機を組んでみますが
上昇気流頼りのソアリングには絶望的なコンディション、
日射だけは良く最高気温18度の”冬のバカ天気”なので夕方のアーベントテルミックに望みを託します。
アーベントテルミックとは、、、
比熱高い水や森林が昼間に熱を蓄えて、夕方気温が下がった時に上昇気流を発生する現象
弱くほんのりと昇る上昇気流”0”粘りで滞空が出来る場合があります、

上昇気流が無いとマッタリとしたピクニック状態ですね、、、
p2
単座機2機とも地上待機、、、
外で飲む珈琲っで美味しいですよね♪

日が陰るちょっと前にPW-5で離陸しましたが、コトリとも揺れない凪の空
p8
バリオ(昇降計)が壊れたかと思うほどのド安定の大気状態
ここまで静穏大気だと上昇気流が無くても滑るように飛ぶ翼に身体を預ける感覚が心地良いです、、、

高度が無くなったのでパターンに入って無縁を入れたら、何やらASK-21が離陸準備中
少々タイミングが悪かったようで、ピストからのアドバイスは「状況によっては、ロングして」との事
(ASK-21と曳航機のカブを飛び越えて滑走路の中央付近で着陸)
とりあえず、どうにでも着陸できるようにファイナルまで高度を高めに温存、
離陸が間に合わなかったら滑走路中央付近に接地、
離陸が間に合えば、ファイナルでダイブブレーキ全開、必要ならフォワードスリップ(機体をわざと滑らせて抵抗を増やす操縦方法)で高度処理
ってプランでアプローチ
まぁ曳航機パイロットはKさんだから、ドウにかしちゃうでしょ

ファイナルに入ったところでASK-21が離陸して滑走路が空いたので、ダイブ全開&フォワードスリップ少々で
一気に高度処理して着陸
飛行時間は18分少々の完全消化試合でした(笑)
こんな凪の空ならASK-21で誰かと一緒に飛んだ方がよかったかなぁ、、、

この凪の空のチャンスを生かして、入会から1年目のMさんが初単独飛行達成♪
p3
発航回数71回でソロ達成 離陸、着陸も安定していたので、すぐに単座機に移行して楽に乗りこなすでしょうね。


忘年会♪

板倉滑空場の忘年会でした♪
僕のミッションは「厚木シロコロホルモンの買い出し」
p1
愛甲石田の近くの「富塚肉店」でシロコロホルモンを中心にほぼ全種類、総重量6500gを購入!!
p2
シロコロ
マルチョウ
ハラミ
のどぶえ
豚トロ
カシラ(塩)
カシラ(タレ)
ガツ
ツラミ
シロモツ
テッポウ
タン塩
ソーセージ
ラインナップの90%は制覇します

宇宙怪獣「鮟鱇」も襲来!!
p3
総力を挙げて迎撃です。

16:30~忘年会スタート
ビール、ワイン、シャンパン、焼酎、ジンが飛び交い
一本ウン万円のシャンパンを飲む権利を賭けての”くじ引き” 笑える真剣勝負
p4

オードブル、ホルモンBBQ、焼きそば、焼うどんが次々と制覇され
p5

宇宙怪獣「鮟鱇」も果敢な戦いにより撃破され制空権を確保
p6

会話もマニアックなグライダー話や爆笑武勇伝などなど(笑)

宴の合間に年間表彰でREDFOXのチーム活動が表彰されました。
p7
メンバー全員の成果です。
時間を忘れて楽しんできました♪
もう食べれません、、、、


雨が降る前に

今日は午後から雨の予報ですが、少しでも飛べるかもしれないので富士川滑空場へ
FOXでのアクロの練習が無い週は富士川でソアリングの練習です。

今週は強めの東風が吹く予報が出ているので、山の斜面に風が当たることにより発生する斜面上昇風を狙ってみます。

滑空場に到着してみると、、、、北~北東の風2mってとこでしょうか、
予報より北寄りの風で、しかも弱いじゃないかぁ~
コレだと山の斜面に対して風が正対しないので十分な上昇気流が発生しません。

機体は先週サーマルソアリングで良い思いをさせてもらった”SZD51-1”
安定性のある扱い易いベーシックな練習機です。

機体の準備が出来ても風が良くならなきゃ、すぐに高度を失って”お疲れちゃん”なのでレーダーで雨の状況を見ながらスタンバイ
Xバンドレーダーを見れば降雨域が細かく表示されるので非常に便利です。
日常の天気予報にもバッチリ使えるのでスマホに入れておくと便利ですよ♪
http://www.river.go.jp/xbandradar/

近づく降雨域の移動速度から雨が降り始める1時間30分前をリミットとして離陸を待っても待ち望んだ東風には変化せず

ずーっと北東風、、、

斜面上昇風があるとしても弱いのを承知で離陸して、斜面に取り付いてみると、、、
予想通りのヘロヘロ上昇風、
状況の変化を狙って、息を潜めるようにロス無く丁寧に飛ばして滞空時間を稼ぎます。
チョットでも無駄な速度を出したり、機体を滑らせて余計な抵抗を生むと即沈下、
エルロンを大きく使うことは主翼の翼型を変えてしまい効率が下がるので、とにかく必要最小限の操舵で静かに動かします。

結構頑張ったんですが、残念ながら20分ほどで高度を失い着陸でした。
僕は上昇風が弱い気象条件でいつも粘りきれずに他の単座機よりも先に高度を失ってしまうので、「技術の差」を痛感しています、、、
強い上昇気流でガンガン飛べるのは当たり前、
弱い上昇気流でも空に留まる事が出来る技術が大切なんだと考えています。

今はまだ見えませんが、「車の運転」、「曲技飛行」、「ソアリング」など、分野に囚われず全ての技術は
シンプルな基礎的部分に”究極”が隠れていると思います。
向上心を持って練習を重ねればチョットずつ”究極の技術”の燐片が見えてくると信じます。

「地味な所に神は宿る」って言葉、本当だと思いませんか?

で、、、ソアリング機の究極のスピードを競うレースの動画、
アンデスで行われたレースの模様です。
ここまで速く飛べるようになったら凄い世界が見えるんだろうなぁ~


ソアリングシーズン到来!!

前日の夜から朝にかけて空気が冷たかったので、上空に寒気が入ったようです。
上空が冷えていて、晴れて日射も十分なので、

サーマル(熱上昇風)が15分から20分に一度くらいのサイクルで次々に立ち上ってきます
サーマルのコアを捕まえるとなかなか強力で+2~3m/sで上昇♪

滑空場から9kmほど西に飛んだ浜石岳付近で高度1000~1350mをキープしながら滞空
とんびと一緒のサーマルに乗ったりしながら楽しんでいると

気が付いたら1時間30分滞空♪
p2

アクロも楽しいですが、ソアリングも奥深い世界があります。

冬に南半球のオーストラリアで長距離飛行に挑戦して、夏はヨーロッパで競技曲技飛行
そんな日々がくれば最高でしょうね~
贅沢すぎるか(笑)

豊富なサーマルを乗り継ぎソアリングを楽しみ無事に一日が終わり
機体撤収時に空を見上げると
夕焼け空を西に飛ぶエアライン機が雲を引いていきます。
p3

今週も良い週末でした♪