E36 325i Cabriolet マフラー交換② スーパースプリントの真実(笑)

無事に2万円で落札したイタリア製の竹槍マフラー
DSC_0721_1
車検対応マフラーなので、消音性能的には十分満足できるはずです。

40超えのヲッサンが乗るカブリオレが「竹槍マフラー」は痛すぎるので
このまま取り付けは精神的に無理、絶対に無理、、、、
DSC_0723
支障の無い所まで高速カッターとグラインダーで竹槍を切断します

竹槍切断作業も済ませて、早々に交換開始
2柱で上げて完全ボルトON作業でサクサク交換して30分で交換完了
リフト上でエンジンを回して排気漏れを確認して出来上がり~

DSC_3992
新しい中古マフラーは、、、、普通の音になりました。
「天然直管マフラー」から「普通のスポーツマフラー」への交換なので 音パワーは10馬力Down(笑)
パワーフィールは、明らかに中速重視に変化しました
今までが直管抜けすぎで低回転域が無い状態だったから、全体的には速くなってます
その代償として高回転で一気に回る感覚は薄れました。

切断した竹槍マフラーの真実は
DSC_3993
ソプラノリコーダーみたいな可愛いマフラー出口、、、
傍にいたみんなで「サスガハ伊太利亜製」って爆笑

ノーマルに比べてパイプ径が太いので低速域のトルク痩せが心配しましたが
メインパイプを欲張って太くして、マフラー出口で思いっきり絞った”なんちゃってスポーツマフラー”なら
トルク痩せは無いね(笑)

まぁ、、、
竹槍を切らなきゃ 絞っているのはバレないから
普通に使うならこれで良いんじゃないって感じです。

そもそも、出口で絞るなら最初っからメインパイプ径欲張るなよ(笑)

2万円で修理できたし、乗りやすくなったからOKでしょう♪


ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です