カテゴリー別アーカイブ: オリジナルパーツ製作

〔依頼品〕E36 M3 アルカンターラ シフトブーツ製作 ③

昨夜、、、ご飯の後に手を出したのが間違いだった、、

縫い目の裏をスティチを縫うための布を接着して、針を通す位置をペンでマーキング
「1本だけ縫ってみようか、、」
って裁縫道具を持ち出したら、

「うがぁ~細かいっ 目がぁ 目がぁ~っ」 
良く考えたら返縫いでピッチ3mmって事は20回針を通しても3cmしか進まないじゃん!!

8320608_1228085361_18large
24時からチマチマと縫い進めて、、、気が付いたら27時
作り始めたら止まらないのは悪い血筋なんです。

8320608_1228085360_140large

8320608_1228085359_227large
完成しちゃいました

幅3mmピッチ3mmは強敵でしたが、
完成品の出来を見るとこのピッチが正解ですね!!

8320608_1228085358_115large
縫い目が密で綺麗です♪
今日からピッチ3mmが基準です。

今日一日乾燥させてボンドの有機溶剤を抜いて納品です!!


〔依頼品〕E36 M3 アルカンターラ シフトブーツ製作 ②

生地から切り出して一気に裁縫して形にしちゃいました、
裏側から返縫いで部品を縫いあわせて一丁アガリっ♪
8320608_1227479878_178large
流石に2個目なのでコツを掴んできてます!!

ひっくり返して表面にして出来具合を確認
8320608_1227479870_122large
なかなか良い感じです

ステッチのリクエストは赤糸でピッチ3mm、縫い目から3mmの位置
いかに等間隔に真っ直ぐ縫えるかが見栄えのポイントになります。

さぁ、、、頑張るか!!


〔依頼品〕E36 M3 アルカンターラ シフトブーツ製作 ①

先日、タイラップ号の自作シフトブーツを見た友人が

8320608_1226667561_8large
「コレと同じもの作って、 ステッチは赤でネ!!」

とのリクエスト、

ノーマルのブーツから型を起こして
8320608_1226667595_155large
新しく製作
8320608_1226667570_131large
お裁縫仕事って手間かかるんですよねぇ~

8320608_1226654419_123large
ボチボチ作っています(笑)


さて、肝心のシフトフィールは!?

シフトノブ&ブーツのリビルトが完了したので車両に取り付けてテストです♪

センターコンソールにブーツを取り付けて
シフトノブを押し込んで出来上がり。

p3CAMWY3SN
純正品からの小改造なので取り付け不具合なんてモチロン無し
収まりも良いですね~

これで、センターコンソールからシフトノブまで全てアルカンターラ(笑)

早速、テストしてみると、、、

クラッチを切りシフトレバーをゲートに送り込み
シンクロコーンとカップを接触させる、
シンクロメッシュ機構によりメインシャフトとカウンターシャフトのギアの回転数が同期
シフトレバーの侵入を拒んでいた感覚が「ふっ、、、」と消え
ゲートの奥に吸い込まれる

シフトが入ります!!

以上!

じゃなくて(笑)

結論は思った以上の好感触です♪

たった40gの重量増しですがシフトフィールは変化します。

重量増しでシフトノブの慣性が大きくなるのでシンクロに当てている状態から同調してシフトが入る時の操作力が少なくなり
軽い操作力でも勢いが増して「コンッ!!」っと入ります。

更に意外な変化が表革の違いによるレバーの硬さの違い
純正の「ウレタンノブ+革張り」シフトノブは固い握り心地
ウッドや金属ノブ。カーボン系等のの直接素材を感じる「ガチッ」とした硬さとは違いますが振動を逃がしたゴムの硬さを薄い革を通して感じます

今回の表革変更で触感が一気に柔らかくなりました。
ゴムの硬さは変わっていないのにちょっと線の細い華奢な感じです、、、
「壊れちゃいそうな儚いドライブフィール」のタイラップ号のキャラクターにはぴったりです(笑)

p4CAVIRV5J
予算少なめの小変更ですが存分に楽しめました♪
地味ながらも、フィールは良くなるし、内装は良い雰囲気に
シフトノブの調整&リビルトはオススメ出来ます!!


アルカンターラ シフトブーツ製作

シフトノブのリビルトついでにシフトブーツも造ります。

p1CAR0H22T
16年で14万kmお疲れ様でした。
少しだけ、カサカサゴワゴワになってはいますが
車内の劣悪な環境で使われていた割には状態は悪くありません
流石は純正品、耐久性ありますね。

早速、分解してみると構成部品は
p7
下部フレーム
シフトブーツ表革前側
シフトブーツ表革後側上
シフトブーツ表革後側下
裏当て布 2枚

シフトブーツの合わせ目は耐久性を上げる為に、裏当て布+ステッチが入ってます。
革張り替えに関しての工程はシフトノブと同じ

分解した純正革をガムテープに固定して
p8
コピー機で型紙を作ってアルカンターラを切り出します。

p2CALGXETF
今回は左右非対称なので型紙の裏表は要注意です
そこそこの面積なので生地が無駄にならないように歩留まりを考えてレイアウトしましょう。
p4CA48NH8B
アルカンターラを切り出したら、
今回は縫い目が見えるので純正品の縫い目を見ながら縫い代を書き込みます。

縫い代と組み立て順を確立したら「返し縫い」で組み立てます
p5
最初に後側の上下を繋いで
次に前後を縫い合わせてブーツ形状に

裏当ての部分は純正は縫い合わせのみですが
手縫いだと先に固定した方が縫いやすいのでポンドG17で張り合わせ
ステッチは「真っ直ぐ&等ピッチ」に縫わないと見栄えが極端に悪くなるので裏当てにマジックでマーキングします。
9
今回は縫い目の両側5mmの位置にピッチ5mmで作ってみます。

裏側からマーキング位置に合わせてステッチを4本縫って出来上がり♪
ちょっと曲がりましたが まぁ、許容範囲でしょう

次の工程は、

「わらび餅」です、
10
冷やしたわらび餅に黒蜜をたっぷり、少し濃い目のアイスコーヒーも一緒です♪
冷たいわらび餅をちゅるん♪と頂き、濃い目の珈琲でキリリ、、、、

あまり詰め込んで一気に作るより、休憩を挟んで部品を眺めながら作る方が良い物が作れます。
順調に進んでいても、上手く出来なくて煮詰まっていても、
必ずおやつにしましょう!!

さて、おやつを堪能したら作業再開です。
p1CAOBCXGO
ブーツ部分が出来たらフレームとブーツ底部分にG17を塗って、
位置を見ながら接着!!

p2CA0XK5U8
アルカンターラシフトブーツの出来上がりです♪
切り出しから縫い終わり、フレーム接着まで3時間ってトコですね
流石に慣れてきました~(笑)

コツは掴んだので次に作るときは更に完成度が上がります!!(笑)