カテゴリー別アーカイブ: Aircraft

オーディオバリオ、、、歓びの歌

「オーディオ バリオ」とは、、、

「バリオ」はグライダーに取り付けられた昇降計の通称です。
要は上昇、降下の速度を表す計器です。
この上昇(降下)率に合わせて音が出るのが「オーディオ バリオ」です

この計器、とっても便利なんです♪
音を聴けば、イチイチ計器を見なくても昇降率を判断できるスグレモノ
先日フライトはこの計器に助けられました。

朝夕が涼しく日射が強い、南東より風
先週に引き続き上昇気流が出る好条件♪

「今日は条件良いから2時間は降りてきちゃダメだよ~」
ってプレッシャーを掛けられ、単座機のジュニアで飛び立ち山に向かいます。

HI3C0059
HI3C0059

狙うのは2時間滞空記録ですね、、、

曳航機と別れ、風向きを考えてめぼしい山の斜面に沿って飛ぶと数ヶ所に上昇気流を発見♪
斜面上昇気流は風が山の斜面を吹き上がって発生するので安定しているので滞空記録狙いなら最適です

斜面上昇風のありかを覚えてから、高度を上げて他の空域に行ってみると、、、
だんだん気流が荒れて、機体が揺すられ始める、、
今まで「ぶ~っ」と不満そうな音を出していたオーディオバリオが、嬉しそうに「ピヨピヨピヨっ♪」っとハイトーンの音色で歌い出し
大気速度計と昇降計の針がハネ上がる!!

HI3C0042
HI3C0042

ここぞとばかりにフルにエルロンを押し込みラダーを蹴って機体を一気にバンクさせて急旋回に放り込む
一発でサーマル(熱上昇気流)を捉えて トンビの様にくるくるとサーマルの中で旋回
バンク角を調整して、オーディオバリオがより高い声で歌う上昇気流の強い位置に旋回中心を寄せて750m程まで上昇♪

750mから上には上昇気流が届いていないようで急に上昇が鈍り
オーディオバリオも「ピヨピヨ、、ピ~ ぱぷぅ~」ってトーンダウン
歌うのを止めてしまい 打ち止め状態、、、

こんな具合に、増やした高度で山を飛び回り、色々な場所の上昇気流を乗り継ぎながら滞空記録をのばします。
まぁ良く似たシステムは、「カジノ遊び」か「パチンコ&スロット」か、、、
「種銭増やして色々遊びましょ」って訳で(笑)

さて、1時間も飛ぶと行ける範囲の空域も一巡して オイシイ場所も見えてくる、
やっぱりオイシイ場所にはみんな集まってくる訳でぇ、、、

旋回してサーマルに乗っていると何やら小さいのが一緒に飛んでます
よ~く見ると、トンビがたくさん飛んでます
しかもチラチラとこっちを見てる(笑)
「すみません、先輩方、お邪魔させていただきます!!」

トンビや他のグライダーと一緒にソアリングを楽しんでいると、
「そろそろ降りていいよ~♪」
と無線でお呼び出し、
調子に乗って遊びまわって2時間46分!!

2時間以上滞空を達成したので、次のチャンスには5時間滞空を狙います!!
お弁当と水筒を準備しなきゃ♪


センターコンソール製作♪

前回の「前席のセンターコンソール作製」に引き続き「後席のセンターコンソール作製」です。
後席はメインコクピットなので計器板もセンターコンソールも大きいです。

最初に、、、
燃料コック、キャブヒーター、チョーク、キャビンヒーター、無線機が取り付けられる部分のコンソール上段

HI3C0061
HI3C0061

前回と同じ要領でパネルの横の部分にアルカンターラを貼り付け。
あっさりと、1時間程で完成♪

次にセンターコンソール本体をコクピットから取り外し、

HI3C0067
HI3C0067

センターコンソールの材質を改めて見ると、、、ベニヤから切り出して箱に組んでいると思っていましたが、、、
ミョーに軽い、、、
よく見てみると、ボルト&ナットが掛かる所はベニヤですが
それ以外の部分は発泡ウレタンのボードの両面にFRPクロスを1プライ張った複合材、
この造形方法は他の分野でも便利に使えそうです♪

先ほど作ったコンソール上段を組んでみると、、、
やっぱりアルカンターラを張った分だけ厚みが増してキツキツ(笑)

まぁ、想定内ってヤツなので
センターコンソール両側を2mmほど削って合いを出します。

HI3C0068
HI3C0068

で、コンソール上段に合わせて削り込む部分をマーキングして、

HI3C0071
HI3C0071

サンダーで削り落として
HI3C0072
HI3C0072

ベーパーで面を均して、、
HI3C0073
HI3C0073

取り付けバッチリ♪

次に床板との取り合い部分の追加加工
床板の立ち上がり部分が表面に出ている構造なのでこのまま張ると非常にカッコ悪い、、、
床板のカーペットとコンソールのアルカンターラの取り合い部分を収める為に「板金工作」でアルミスカートを作ります。

HI3C0075
HI3C0075

現物合わせで寸法を取って、
アルミ板にマジックで切り出し線を引いて
HI3C0079
HI3C0079

板金ハサミでチョキチョキ♪

HI3C0081
HI3C0081

切りっぱなしだと怪我しちゃうので端を10mm折り返して

HI3C0082
HI3C0082

コンコンコンコン、、、

HI3C0078
HI3C0078

定規は叩いちゃダメです(笑)
中学生の技術の授業で「チリトリ」作ったの思い出しますねぇ~

HI3C0084
HI3C0084

作ったアルミ スカートをセンターコンソールにエポキシで接着
気温が高いから 15分でカチカチです♪

HI3C0063
HI3C0063

固まったところで不要な部分を切り落として、ペーパーで面を出して

HI3C0064
HI3C0064

取り付け部分のボルト穴の下穴を空けて

HI3C0065
HI3C0065

下地準備完了!!

HI3C0066
HI3C0066

HI3C0067
HI3C0067

型紙を作ってアルカンターラを切り出して

HI3C0068
HI3C0068

HI3C0069
HI3C0069

ポンドG17スプレーを生地、コンソールの両面に吹き、ヘラで薄く伸ばして乾燥させて、、、

慎重に位置を合わせて、、、

HI3C0070
HI3C0070

 「ぺたっ♪」
接着力が非常に強いので一発勝負です!!

HI3C0071
HI3C0071

HI3C0072
HI3C0072

端の部分はシワが寄らないように軽く引き絞りながら巻き込み、

HI3C0073
HI3C0073

アルミスカート部分はヘラを使って折り返して、、、

HI3C0074
HI3C0074

出来上がり♪

早速、他の部品との合いを取って組み立ててみると、、、

HI3C0075
HI3C0075

HI3C0076
HI3C0076

ふふふふふっ、、、
妄想設計図に限りなく近いイイ感じの仕上がりです♪


気難しいけど、魅かれちゃう、、、

今週は普段と違う機体が出てます。

ポーランド製の「PW-5」って単座機です。

HI3C0088
HI3C0088

この機は他の単座機とはクラスが異なりさらに、小型、軽量
翼が薄く高速性能に振ったチョット気難しい操縦性、

クラブ教官曰わく
「高性能レーサー機に近い操縦性で複座練習機と比べると肥後の神(昔の工作小刀)とカミソリの違いだぞ!!」
との事です、、、

タイラップのファースト インプレッションは、、、、

HI3C0089
HI3C0089

HI3C0090
HI3C0090

「キャノピーの開き方が高性能機っぽくってカッコイイ!!」
タイラップじゃ、こんなもんです(笑)

「まぁ、僕が乗るのはマダマダ先の事だよね、、」って事で、
複座機で遊ぶつもりが後席には教官が乗り込んでる、、、

「今日はPW-5のチェックするからね!! 」
本気ですか、「ジュニア」だってまだ数回しか乗ってないのに、、、

鋭いツッコミ、、、否、レクチャーを頂き二人の教官のチェックを受けて無事にクリア♪

機体の具体的な特性を聞いてみると、、、

軽い機体なので、風が荒れてくると、木の葉の様に振り回される(笑)
高速性能に似た特性でシャープな操縦性、

ホントにタイラップが扱いきれるのかなぁ、、、
ちょっと鈍い位の操縦性が好みなんだけど、、、

当たり前ですけど、「単座機」って初めての機体でも最初の一回目から一人で飛ばさなきゃいけないんですよね、、、
結構ビビります、

機体に乗り込み曳航機にに曳かれて離陸

機体が軽いので自分の想像より遥かに早いタイミングで浮き上がると、、、
軽いなんてもんじゃない!!
「ヒラヒラ」ってより「フラフラ」だよ!!

風で暴れるのか、オーバーコントロールで自分で崩してるのか、、、
エルロンもエレベーターも敏感で、とにかく必死(笑)
飛行機に「引きずり回される」ような状態で高度600mへ

離脱して高度のある間に出来るだけ感覚を掴むためにイロイロ振り回してみます。

「カミソリ」だって言っていた意味が理解出来ました
感覚的には

HI3C0334
HI3C0334

複座機の「ASK-21」は、BMW 3シリーズ

HI3C0337
HI3C0337

単座機の「ジュニア」が、マツダ ロードスター

HI3C0335
HI3C0335

今回の「PW-5」はロータス エリーゼ
   って感覚ですね、、、

普通に飛ばすなら操縦幹を軽く指先で摘まんて動かすだけ
少しラフに扱うと速度がコロコロ変わるちゃいます、、、
うーん、、ヘタクソだねぇ、、、

感覚を掴んでくると、反応が良いだけに操作に遅れずキッチリ反応してきます
速度の乗りも良いし、乗りこなしたら面白くなりそう♪

PZL-シフィドニク社製 PW-5スムイク 
全幅 : 13.44m,
全長 : 6.22m,
全高 : 1.86m
自重 : 160.00kg
翼面荷重 : 29.50kg/m^2
超過禁止速度 : 225km/h, 
常用滑空速度 : 82.0km/h, 
失速速度 : 58.0km/h
最良滑空比 : 32.0 (at 82km/h)
制限荷重 : +5.3~-2.65 g


Guest Flight

連休最後の日曜日の日記になりますが、、、
連休の遊び疲れがドッと出て会社とお布団を往復するような数日で書けませんでした(笑)

最後の日曜日はイイ感じに晴れましたね~

今回のグライダーは叔父さんの娘(すなわち僕の従姉妹)とそのお友達2名の合計3名が一緒です。

女の子には「グライダー」なんてマイナースポーツは全く想像できないようで
「三角形の凧みたいなの?」とか「パラシュートみたいな?」イロイロなお話で車内が盛り上がります。
期待半分不安半分ってトコでしょう(笑)

滑空場に到着して機体を見て初めて「グライダー」を理解して貰えたようです(笑)

早速、お嬢様方はクラブ教官の操縦の複座機のASK-21で体験搭乗フライトを楽しんでいます(笑)
まぁ、女の子がいると雰囲気が違うこと、、、(笑)

HI3C0059
HI3C0059

僕は単座機「ジュニア」で滞空記録を狙って飛びましたが、、、
上昇気流の幅が狭く滞空出来ずにあっさり着陸、、、orz
せっかく軽い単座機を用意したのになぁ~

午前中のフライトを終えて
フィールドの気象状況を教えて貰いながら午後のフライトを考える、、、
やっぱり 上昇気流が小さくて滞空は難しそう、、、
とりあえずは、複座機のお手伝いしながら様子を見ましょ

お昼ご飯を終えて、午後のフライトを手伝いながら天候の変化を待ってもイマイチっぽい、
「午後も滞空するの難しそうだから、飛ぶのヤメだなぁ~」
なんて思っていると、、、

女の子の一人が上空を旋回するグライダーを見上げてます。

暑い中、わざわざ日陰から出てきて眺めてるって、、、
グライダーの世界が結構気に入って頂けたようです♪

「せっかくの機会だから、一緒に飛ぶ?」
って事で複座機で一緒に飛ぶ事に、、、

女の子乗せて飛ぶのに弱い上昇気流相手にグリグリ旋回させる訳にはいかないので、
チョット高いところまで飛行機に連れて行ってもらって、小さい上昇気流を浅い旋回で拾いながら散歩のようなフライト

ご満悦の様子で、グライダーでのフライトは夏休みの良い思い出になったようです♪
将来のグライダー人口が1人増えたかなぁ、、、


ウッドパネル&アルカンターラ♪

内装のケヤキ板の処置が完了したので計器板を進めました
切り出したケヤキの板を更に薄く削りこみ計器板に張り込み、準備完了♪

HI3C0010
HI3C0010

取り付ける計器、速度計、高度計、昇降計、滑り計(ボール)、エンジン回転計、水温計、油温計、油圧計
電装板(マスターS/W、イグニッションS/W、スターターS/W、サーキットブレーカー等一式)
の位置を決めて、マーキング、
ホールソーでゴリゴリと穴を開けます。

090801_1305~0002
090801_1305~0002

計器版の縁はFRPのままなので、ウレタンの黒につや消し材、白を混ぜて、つや消しグレーに塗装。
センターコンソールもケヤキ板で作り直して良い雰囲気に、、

ココまでで機体に取り付けて雰囲気を見ると、、

090801_1309~0001
090801_1309~0001

090801_1800~0003
090801_1800~0003

「おぉ~っ!!複葉機にはやっぱりこっちの雰囲気だよねぇ~」
イメージが段々と形になっていくのは楽しい作業です、

次の内装工程は、革の部分「アルカンターラの張り込み」作業です!!
予定では2色を張り分けて内装を作り込む予定、一色はライトグレーに決まっていますが、もう一色は未定、
作業を進めながらイメージを固めます♪

最初に、簡単な部分からアルカンターラを張ってみて要領を掴みます。

090801_1309~0002
090801_1309~0002

前席のセンターコンソールが単純な形状なので練習用に選択!!

先ずは、アルミパネル部にリベットで固定された取り付けステーを外して、、、

HI3C0058
HI3C0058

HI3C0059
HI3C0059

ケヤキ板に傷や接着剤が付かないようにマスキング

HI3C0061
HI3C0061

適当なチラシに現物から型紙を起こして、、、

HI3C0062
HI3C0062

この時に、寸法キチキチには作らず、各辺で10mmほど大きく切り出すと後が楽です。

現物より大きめに作った型紙を、アルカンターラの裏面に乗せ、ズレないように定規で押さえながら

HI3C0063
HI3C0063

マジックで写し、

良く切れる裁ちハサミで切り抜きます

HI3C0064
HI3C0064

HI3C0065
HI3C0065

貼り付けに使うボンドは、おなじみのG17スプレー!!

HI3C0066
HI3C0066

コレを糊面に均一になるようにスプレーして、ヘラ鏝で均一に延ばします

HI3C0067
HI3C0067

続けて、貼り付ける相手(パネル側)にも同じようにスプレーして、出来るだけ均一に延ばします

HI3C0068
HI3C0068

ココで、両面共に指で触ってベタ付かない程度に乾燥させます。
(ゴム系接着剤の使い方で一番誤解されるポイントです、乾かさないと接着しません!!)

接着剤が乾いたタイミングで平面で位置決めを取り張り合わせて、ローラー等で十分に転圧して圧着させます。

HI3C0069
HI3C0069

縁の部分をシワにならないように巻き込み、端末はヘラで擦ってキッチリと境界を作ります。

HI3C0070
HI3C0070

縁の切断部分に定規を当て、新しい刃のカッター(カミソリ)で一太刀で切り落とし

HI3C0071
HI3C0071

端末部分の処理をして、完成!!
HI3C0072
HI3C0072

平面張りは簡単ですねぇ~♪ 
曲面の絞り、伸びの張りが出てくると伸びが少ないので難しい素材です、、、
小物から練習していけば、何とかマスター出来そうです♪

出来上がった部品を見て、、、

HI3C0073
HI3C0073

カッコイイ、、、本物のウッドパネルにアルカンターラ、、、
内装の作り込みはヤミツキになりそうです!!