E36 M3 エアフロメーター メンテナンス

エアークリーナーを掃除したついでにエアーフローメーターを掃除しておきます。

8320608_840671896_49large
湿式のエアークリーナーエレメントを使っている限り微量のOILが飛びエアフロのセンサー部分を汚します。
ドゥにもならなくなるほど性能低下ってモノじゃありませんが、
回転ムラが出たり、引っかかるような回り方が出たら結構怪しいです

8320608_840671890_228large
ネジを回してセンサー本体を取り外して

8320608_840671871_45large
洗浄方法はエレクトラクリーナー、もしくはエアーフロークリーナーを使用
あまり強い洗浄材を使うと壊れるって話を聞いたことがあるので電子部品用をつかいましょ、、、
繊細な部品なのでセンサー表面に触れると簡単に壊れちゃいます。

良く見るとセンサー部分は2箇所、

8320608_840671883_151large
先端の部分のメインセンサー 

8320608_840671868_120large
基部に近い場所のサブセンサー
この温度差をパラメーターとして吸入空気量を測っているんですね~

掃除は遠目から圧力を掛けないようにたっぷりと吹きかけて、OILを洗い流して

8320608_840671864_7large
固着防止と気密確保で、基部Oリングに薄くシリコングリスを塗る

8320608_840671903_240large
エアーフローメーターを再度組み立てて
メンテナンス完了

吸気系の掃除をすると調子よくなりますね~
トルクカーブが滑らかになり、高回転での伸びとレスポンスが回復します。
もう少しメンテナンス周期を短くしてもイイかな、、、


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です