E36 M3 ミッションOILをATFに戻した結果②

早速、土曜の明け方の群馬県への移動にM3を使ってみました
夜明け前の一番冷える時間帯、0530に神奈川県から移動開始
外気温度は-1℃
テストには絶好の低温環境

エンジン始動直後1分程で移動開始
流石にシフトの手応えが僅かに変わって、オイル感のある「ぬるっ、、、」とした感触

普通にサクサク入ります♪

改善ってより「不具合解消で普通の車に戻った」だけですね(笑)
先日は交換して家に帰るまでの短距離だったので十分にミッション油温を上げられませんでしたが、
長距離移動でエンジン油温が90℃の常用温度帯に入る頃には
ミッション油温も上がってシフトフィーリングは完全に回復したのを確認しました。

この先距離が伸びれば添加した有機モリブデンがシンクロリングに作用してくれることを期待します♪

「ギアOILとATF」リストにしてみました

ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です