p1

E36 325i Cabriolet OIL交換

そこそこ距離を伸ばしたので、OIL交換しました。
交換したOILはエネオス サスティナ5W-40
M3に使ってみて好印象だったので、325iカブリオレにも採用です。

実は、今回のOIL交換の3000kmほど前に1回交換していまして、
前回使っていたOILはディーゼル、ガソリン兼用OIL
カーボンが多く発生するディーゼルエンジン用のOILは洗浄力が非常に強く
ターボ付が前提ですしエンジン自体の発熱も大きく、高圧縮
エンジンOIL単体で考えるとガソリンエンジン用よりはるかに厳しい条件で使用されています。

ディーゼルOILの強力な洗浄力を使ってのランニングフラッシングを3000kmほど行いOILを抜いてみると、、、
笑えるほど真っ黒!! あまりの黒さに抜いたOILを凝視する店員さん、、、
「あ、、、ディーゼルマルチでフラッシングですから、大丈夫っす」
「なぁ~んだ」と納得(安心)していただき、キッチリ抜き取ってエレメント交換後にサスティナを6.5L補充 

2

新しいOILに変えると「くおーーーーっつ」って綺麗に上まで回って気持ちいですね~

エンジンフラッシングの効果は、、、

んなもん体感できる訳が無いでしょ、、、
手持ちで持っていたから「どれだけ黒くなるか?」が見たくてフラッシングしただけですって(笑)
基本的に現代設計のエンジン&OILでフラッシングは必要ありません


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です