ポズナン市街地へ、、、

ポーランドに来てから時差が残っているのか、とにかく朝が早くに目が覚める
0600には目が覚めてしまうので、シャワーを浴びて身支度を整えとりあえず朝食を食べに行く

p6 
ポーランドの食事のパターンはちょっと変わっていて、日本のように3食をキッチリ食べるって訳ではなく
朝食と1500頃にシッカリ食べて、あとはお腹が空いたら何かを摘むってパターン

タイラップは朝ご飯をガッチリ食べるタイプなので大歓迎!!
ステーキだろうが、うな重だろうがガッツリ喰らいます♪

早速食堂に向うと、、、綺麗なレストランにビッフェ形式朝食の準備が整えられていて、
つまりは、食べ放題!!

スクランブルエッグ、サニーサイドアップ、ハム、チーズ、ソーセージ、パン、スライストマト、ピクルス、ヨーグルト、コーヒー、紅茶
p7

p8

こんな勢いで並んでます(笑)
コレがねぇ~実に美味いんです。 朝から生ハム食べ放題ですよ(笑)
朝食をガッチリ食べて行動開始!!

今日は保険契約と書類作成です、
飛行クラブに行き今までの飛行時間、所有免許、トレーニングの進捗なとの経歴を記載した書類を作り、
インストラクターのマグダレナさんと一緒に保険の契約にポズナン市街地へ

p1
市街地は流石に混んでます。
流石はポーランド第5の都市、
有名な出身者は、ロケット屋さんの”フォン-ブラウン”さんです。
石畳の街道を走り、ランナバウトをグリグリまわって街の中心部を目指します。

p2
車を駐車場に預け、ポズナンの旧市場広場です

p3流石は歴史ある欧州の街並み、、、まるで映画の世界ですね

p4
街には”トラム”と呼ばれる路面電車が走っていて、ちょっとした移動に凄く便利です。
この街はWW2でドイツ軍とロシア軍の侵攻により市の50%、市街地では90%近くが消失
後に残された資料を基に復元された街だそうです。

ヘスティアのオフィスで保険を組み立てて、契約の段階になって問題発生
ココまで来て身分証明をするのにパスポートではダメと言い出す、
ポーランドも国民背番号制みたいな制度が政府によって運用されていて、全国民がIDカードを所有しています。
要は国が発送するIDが必要みたいです、、、

冷静に考えて、ポーランド人のマグダレナさんが保険のオーナーになって僕に保険を掛ければOKなんじゃない!?
保険って一種の賭け事みたいですね、、、
契約期間中に事故を起こすか起こさないか、死ぬか生き残るかを賭けの対象にしてるだけじゃん(笑)

マグダレナさんに保険のオーナーになって頂き、無事契約完了
コレで書類も保険も揃ったので、トレーニングの準備が整いました、


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です