カテゴリー別アーカイブ: E36 325i Cabriolet Blog

E36 325i Cabriolet 導入!!

下駄車の「満身創痍20年落ちFFミサイル号」のカリーナが車検を迎えるので次の車を探します。
典型的なFF+抜けたダンパーが「どうやったら車が素直に曲がるか?」を考えさせてくれる良い車でした♪

代替え案は少し前から考えていて、条件として
①AT やっぱり安楽ドライブはATに限ります
②普段乗りで運転が楽しい
③4~5シーター
④安い!!
⑤電子制御無し(ABSのみ可)
⑥ハンドル位置は設計国オリジナル
⑦ミニバン&ワゴンは無し
って条件で考え始めて、、、

出てきた候補は
EG&EKシビック 
DCインテグラ
アコード
P10 プリメーラ
E30 320i~325i
E36 320i~325i
E39 525i
MB 190E
プジョー106も考えたのですがMTモデルだけなのであえなく却下

FFは今まで散々乗ったからFR系で行こうと思って絞り込むと
E30 ,E36,MB 190E
に絞り込まれて、、、
MB190EならやっぱりMTでコスワースエンジンに乗りたいから今回は見送り、
昔乗っていたE30 320iのM20は好きなエンジンだったので、中古車相場を調べてみると、、、、
意外と高価なんですよね、、、

って事で「勝手知ったるE36」で選ぶことに
「20年落ち近い輸入車を選ぶのは故障を買うのと同じこと、」
アホだってわかっていますよ、
「ハンドル位置だけ妥協してE46にすれば?」
なんて声が聞こえてきますが

好きなんですよ、E36が、、、

もちろん素のE36で選ぶなら
①音とフィーリング重視のスチールブロックの6気筒
②ステアリング位置はオリジナルのLHD
③ノーマル車両
で調べると
E36 320前期なら完全に条件を満たします、
しかもヴァノス無しのM50なのでM20のような高回転でカムに乗る感覚が楽しめそう
この時代のBMWエンジンは年を重ねるごとにトルク重視のセッティングになるので、
初期モデルに近いほど「回し甲斐」があります。
M54で電子制御スロットルでスロットル線形をイジッていますが「演出感」を強く感じますね、、、
M54 3000ccは演出過多、2200ccがベストバランスに思えます。

話を戻して、、、、
このE36前期になるとほとんど流通していないんです、
前期型ってだけで買い手が付かず値崩れ起こしてスクラップにされたか、海外に輸出されたんでしょうね、、、、

しょうがないから中期までのヴァノス付きスチールブロックエンジンを探すと
320iもしくは325i
トコロが320中期のLHDは絶滅危惧種になっていました、、、ネットで探しても全国で2台だけ
税金が上がる325iはなるべく避けたかったけど、ココが妥協点になりそうです。
ボアxストロークの関係が最も良いとの話を聞いているエンジンなので、2000ccよりパワーとトルクのバランスが良さそうですし
もちろん連幹比もS50B30より優れているのでスムーズに回りそう
ただし、ヴァノスが付いて最大トルク発生回転数が500rpm近くも下がっているので、街乗りでのトルク感は増えているだろうけど
昔のBMWエンジンらしい”伸び感”は若干下がっているんだろうなぁ、、、

で、、、325iを探し始めると、今度はノーマル車が少ない
お約束のように社外エアロを取り付けて底付さサスペンションキットに社外ホイールのシャコタンツライチ仕様、、、
ノーマル戻しも大変だし、仕様変更して作り直すもの面倒、、、
E36のアルピナも考えたんですが、もちろん大幅に予算オーバー

そんな中で不意に現れたのが

1993年式E36 325カブリオレ
29まんえん、、、(笑)
p2
なんと6万キロの低走行(年代の割には)、カセットデッキ装備、15inchホイールのノーマル車
ストラットアッパーのナットを見ても工具を当てた痕跡も無し、
見える範囲だけですが、パネル交換の痕跡も無し
気になるのが何故かフロントMスポーツバンパーとサイドスカート付きだけどリアだけノーマルバンパー
お約束のホワイトウインカー系が一切入っていないのと、モールがスタンダードなところを見ると
バンパー割る程度にリアはブツけている可能性は残ります
無事故車両って事ですが、これだけ古くなればしょうがないでしょう

まぁ、良い意味での「乗りっぱなし」状態
激安29万円の意味は内装で、浮きや剥がれでバラバラになっていますが、
内装は少しずつ自分で好きなように作り直していけば良いだけ♪

足回りはもちろん全滅
ブッシュはグズグズで位置決め出来なくなってるし、ダンパーは抜けて船のようにどんぶらこっこ(笑)
まぁ、、、今回はノーマル形状の乗り心地仕様を出来るだけコストを抑えて作るって方針で考えてみます。

求める要件を満たして、更にカブリオレの解放感とスチールブロックエンジンの快音を生音で聴けるオマケ付き
Z3に乗っていたころの屋根の無い解放感が忘れられずに購入しちゃいました、
厳密に言えばカブリオレとロードスターは生い立ちが全く異なるカテゴリーなんですが、細かい事は良いとしましょう

久しぶりオープンエアドライブはチョット恥ずかしいけど、最高です♪
シートヒーター&暖房最強で快適だし、
ノーマルマフラーとは思えない昔のBMWならではの快音を生で聞く
クーペ&セダンボディに比べれば重くて剛性が低いのでスポーツ性はイマイチかと思いきや、
カブリオレ補強が幸いして車検証重量で完全50:50、乗った感じだと少しリアヘビーに感じる位です。
遅いけど、、、気持ちいい曲がり方します!!

12年振りの屋根無し自動車オーナー、
最近色褪せてきた自動車趣味に新しい色彩を加えてくれることを期待します。
19歳のカブリオレは僕にどんな世界を見せてくれるのでしょうか