カテゴリー別アーカイブ: Aerobatics

曲技トレーニング 13回目

先日のことですが、、、
耐空検査フライトを実施して、無事に耐空性が認められました。
これで1年間フライトが可能です♪

引き続き、トレーニングフライトに入ります。
前回のトレーニングから約1ヶ月前 前席でのフライトは2ヶ月前
かなり間が開いてます。

No.13
シーケンスは前回と同じ
8320608_1033375467_96large

スピン
8320608_1033376182_191large
前回の失敗を踏まえてラダー先行でエントリーしたのでOK
手順としては、水平飛行状態を維持して静かに減速
(パスをはっきりと上げると減点対象)
80km/hを切る辺りから僅かにバフェットを感じるので、Fullラダー入力
旋転方向に倒れこむように巻くのでノーズの落下を釣るようなイメージでエレベーターFullUP
ラダーとエレベーターを保持して旋転持続、
スピン状態に入っていれば、A/Sは増速せずに持続、
(増速する場合はスパイラルに入っている)
旋転停止の90°手前でリカバリー操作
旋転方向と逆にフルラダー
エレベーターUPをニュートラルからDown方向に緩める
旋転停止とほぼ同時に剥離状態から回復するので、ラダーニュートラル
更に機首を押し込むイメージでエレベーターDown、垂直ラインを出す
垂直降下で次の科目のエントリー速度まで加速、
垂直降下中にエルロンロールでヘディングを修正 (気付かれないように静かに、、、)
次の科目の速度にあわせて水平状態に引き起こす。

インメルマン
8320608_1033376193_226large
スピンから250km/hで出て、エントリーまでの科目のつなぎでポジション確認とヘディング修正を行った。
修正に手間取り230km/hまで速度を失う、ピッチを下げて増速を試みるが、BOXの縁になり240km/hからのエントリーになる、
この自転でほぼ失敗が確定、
1/2ロールでLevelに戻すがピッチが下がる

※250km/hからの高速エントリーが必要な科目で速度を失うと再加速には大きな失高を伴う、
前の科目のから出る時点で速度、ヘディング、水平姿勢を確立して、ラインを出したら速やかにエントリーすることが大切

45°DownLine
8320608_1033376195_250large
翼端と水平線をみて-45°を確認ほぼOK、

5/8ループ~背面水平飛行
8320608_1033376203_7large
200km/hからの5/8ループで背面へのエントリー -45°ラインが少し浅い、翼端と水平線の確認をする事
200km/hでの背面水平飛行は安定 真っ直ぐには段々飛べるようになってきました。

背面旋回
8320608_1033376208_254large
コントロールが不安定なので45°バンクで実施、バンクを確立後のエレベーターDownが強くA/Sを失い失速
1/2ループでリカバリー

あまりにもコントロールが機体の後手を踏んでいるので、シーケンス中止を宣言

単品でのフィギュアを実施
ループ
8320608_1033376171_18large
一番多く実施している基本的な科目なので安定して実施できます。

ハンマーヘッド
8320608_1033376175_158large
210km/hからのエントリー
左翼端と地平線を見て垂直姿勢を確立、維持できたが、ラダーのタイミングが早く、綺麗に機首が落せない
滑らせる量も少なかったのかもしれない
かなりの回数を行っているが、、、かなり難しい
納得できたのは今までで1回だけ

エルロンロール
8320608_1033376188_202large
200km/hからのエントリー
後半の背面からの1/2ロールで毎回沈むので、失敗を承知で緒言と姿勢を確認してみる

エルロンロールを2回実施したところで、対地高度300mでリミット

今回、エルロンロールを観察して見つけた傾向
エントリー200km/hからのエントリー
1/2ロールまではピッチを維持しているが背面状態からノーズを落として沈み始める
背面までの1/2ロールの間で速度は大きく変化していないのでエネルギー不足になっている訳ではない
背面からの1/2ロールで速度が10km/hほど増え、明らかにラインが沈む

今まで教わっていたロールは、ロール中でのエレベーター操作によるヘディングのズレを避け、
あらかじめロールエントリー前に僅かにピッチUPしてエレベーターは固定 ロール中の背面姿勢でのピッチの違いを修正していない、

これにより
200km/h positiveでのピッチを維持するエレベーター位置のまま1/2ロールで背面に入ると
200km/h negativeの姿勢にはならず、ピッチが不足してラインが沈む
ロール開始から1/2ロールに掛けて連続的にエレベーターをDown方向に入れて背面200km/hのピッチに持ち上げ
1/2ロールから2/2ロールに掛けては200km/h positiveのピッチにあわせてエレベーターDownを緩める

インメルマンやチャイニーズループでも背面からの1/2ロールで崩れるのは背面状態でラインを維持するピッチ角から
正面状態での200km/hのピッチに戻せずに
正面に移るに従い背面で使ったエレベーターDownが残り自分で突っ込んでいるのかもしれない

とにかく背面状態でのピッチ量を理解して姿勢遷移をコントロールできるようにならないと、
次回トレーニングでのエルロンロールは、ヘディングぶっ飛びは目を瞑って、ピッチコントロールによるライン維持をメインにして飛んでみます


MDM-1 FOX 耐空検査整備

一年に一度の航空機の検査です。
トレーラーを格納庫に着けて胴体を引き出し整備開始
8320608_1072340986_206large
キャノピーを取り外し、コクピットのアクセスパネルとシート、バッテリートレーを全て取り外し、
掃除機を掛けて土埃を取り除き
リンケージ各部の清掃とグリスUP
効きが不安定だったブレーキの分解点検とフルード交換
が主なメニュー

整備担当のN西さんは元エアライン整備士
プロが見る整備のポイント教えて貰えます。

先ずは、全てのアクセスパネルの取り外し
8320608_1072340969_9large
パネルを固定しているスクリューを赤い小袋に入れてパーツに括る
8320608_1072340966_3large
小袋に入れて部品毎に止めて置けばスクリューの取り違えは起きないし紛失も無い
8320608_1072340964_163large
コレは良い方法ですね

次の作業は
キャノピー、シート、全てのパネルを取り外し空っぽになったコクピットをひたすら掃除機で吸いまくる、
8320608_1072340892_49large
なるべく土埃を持ち込まないように乗っていますが、、、
アクセスパネルの奥などの細かい所に入り込んでます。

次に無線機のバッテリー端子の半田付け、
今まではカシメて圧着でしたが、この機会により確実な半田付けにしちゃいます

お昼休みを挟んで
気になっていたブレーキ関係の分解点検

構造は片持ちシングルピストン、フローティングキャリパーにソリッドディスクの組み合わせ
8320608_1072340930_10large
原付のディスクブレーキと同じですね(笑)

分解してパッドもほとんど減ってないし、ディスクの不具合もなし、
8320608_1072340982_111large

8320608_1072340979_229large
まぁ、考えてみれ600kg近い重量の機体を120km/hから止めてるブレーキだけど、1フライトに1回しか使わない
そんなに負荷が入っている訳じゃありません、、、

分解したときに気が付いたのがキャリパースライドの固着
8320608_1072340974_201large
片押しシングルピストンキャリパーのスライドピンが固着すると十分にディスク
を挟む事が出来なくなるのでフィーリングが悪くなったり効きが悪化します。

しかも良く見るとスライドピンの部分にダストブーツが無い
水も埃も入り放題ですね、、、
スライドピンとキャリパーマウントを掃除して薄くグリスを塗って様子を見ます

最後に怪しいのはエァー噛み
背面飛行時にはブレーキシステム一式が裏返しになるのでリザーバータンクとマスターシリンダーの間で
フルードと空気が入れ替わりブレーキラインに入り込む
可能性があります。

作業はフルード全量交換
キャリパーのニップルが真下に付いているので普通にエァ抜き出来ないので一度
全量抜き取り、キャリパー側のニップルから新しいフルードをポンプで送り込み
ブレーキラインを満たします。

最後に整備士の目でリンケージやレリーズの点検をして確認完了
全てのアクセスパネルを閉じ、コクピットを組み立てて前半戦完了

週をまたいで後半戦。
良く晴れて良い天気だったので、先ずはクッションを干します(笑)
8320608_1072340914_211large

N西さんは主翼の点検
負荷が大きい曲技機なのでより慎重にクラックをチェック
構造体のクラックテストはコインタップで音を聞きます。
構造体までクラックが入っていると、音が変わるのでクラックの深さの目安になります。
気になっていたエルロンヒンジの付け根のクラックはコインタップの結果構造体
までは届いていない表層のゲルコートクラックで一安心

主翼点検の間にタイラップに預けられた仕事は、コクピット内のプラカード(指示表示)の張り替えとキャノピー磨き
ちゃっちゃと古いプラカードを剥がし脱脂して張り替えで完了

続けてキャノピー磨き
最初は水拭きで終わりの予定が、、、
仕上がりが綺麗じゃない曲技中のショルダーハーネス外れて付いた傷も気になる、、、

N西さんに相談すると
耐水ペーパーとミラーグレース(キャノピー磨きコンパウンド)を出して磨くコトに

爪に引っ掛かる深い傷の周りにマスキングテープを貼り
8320608_1072340900_126large
最初に3600番のペーパーで傷が消えるまでしっかりと水研ぎ

傷が消える代わりに擦りガラス状態になるので6000番→8000番の順番で磨き、透明度を上げて

最後はミラーグレースで全体的に研磨
仕上げにネル布で磨いて完了
8320608_1072340895_88large
透明に輝くキャノピーは磨いた甲斐があります♪

最後に尾輪の分解点検
8320608_1072340939_20large
アクスルシャフトを抜いて尾輪単体にして掃除
8320608_1072340936_233large
ホイールのクラック、タイヤの摩耗と状態を確認
8320608_1072340921_141large
アクスルシャフトやカラー部分にグリスを薄く塗布しながら組み立て

コレで整備完了
来週の日曜日に耐空検査フライトを実施します。


曲技トレーニング11,12回目

今回の曲技トレーニングはadvanceの科目を意識したシーケンスを組みました。
梶さんの後席でのシーケンスは初めてです。
8320608_1033375467_96large

飛べば飛ぶほど難しく感じて、上達している感覚がありません(笑)

1. スピン
8320608_1033376182_191large
スピンエントリーでエレベーターを引き過ぎ 両翼剥離(普通の失速)に入ってからラダーを入れる
両翼剥離状態での超外滑り旋回、科目として成り立っていない
シーケンス最初の科目からコケる、
なにやってんだ、、、

2. インメルマンターン
8320608_1033376193_226large
250km/hからエントリー なかなか上手く出来たと思うけど 最後の1/2ロールで沈みラインが出せず

3. 45°ダウンライン
8320608_1033376195_250large
角度の認識と保持が甘く、角度が浅い 角度を決めた後にジワジワラインが変わってしまう

4. 5/8ループから背面45°ライン 背面レベルオフ
8320608_1033376203_7large
水平を確立してからエントリーする事、
エントリーから5/8ループは良い感じ、背面45°ラインは角度浅い
背面状態でのピッチが確立出来ないので速度が安定しない
姿勢安定は前回よりはマシ程度、まだまだ自由にはならない

5. 背面旋回180°
8320608_1033376208_254large
バンクが安定せず旋回率が変わる 旋回角度の認識が甘い135°旋回でロールアウト
背面での地上目標の見え方がイメージできていない、

6. 背面45°アップラインからシャーク トゥース
8320608_1033376185_12large
苦手な背面引き起こしだか次第に体が慣れてきている
45°アップライン角度浅い
垂直降下に入ったところでヘディングのズレに気付くが後の祭り 30°程ズレて出てくる
確実に”0”点だね、、、

7.チャイニーズループ
8320608_1033376178_202large
250km/hからの5Gエントリーは描けるが頂点のエルロンロールでエネルギー不足になり垂直降下
ロール開始の姿勢は良かったが、1/2ロールに至るまででエネルギーロスしている

8.ハンマーヘッド
8320608_1033376175_158large
250kmからのエントリー
90°アップラインの姿勢を作った後にジワジワと姿勢が変わっていく
ラダーを入れる時には弱背面寄り(100°位)になり反転が上手くいかない

9.右エルロンロール
8320608_1033376188_202large
200km/hからのエントリー
やはりロール後半にかけてピッチが下がりラインが沈む

10.45°アップライン
8320608_1033376199_245large
特に角度を意識しながら姿勢を作ったので良かったとは思うが、
地上のジャッジには浅く見えた、、、

11.ループ
8320608_1033376171_18large
シーケンスが終わった後の残り高度でオマケ練習低い高度でのループなので頂点からの引き起こしが無意識に強くてなる
引き起こし過ぎは剥離からスナップする危険があるので要注意
速度管理が出来ていればこんなミスはしないはず

シーケンス全般的に見た傾向としては、

①45°のライン精度が悪く浅くなる傾向
②ラインを確立した後に舵(エレベーター)が残りラインから離れて行く
③スピードコントロール精度が悪い 科目の出口で次の科目のエントリースピードに合わせるように組み立てるが、引き起こしのリードの読みが悪く狙った速度を超過する
④背面旋回での旋回角の認識がまだまだ

つまり姿勢認識が悪く機体を制御しきれていない、
要は姿勢(フライトパス)のズレに気付くのが遅いから操作遅れてになって後手を踏んでいる、
認知、判断、操作が反射的に出来ていない、または遅い

⑤何となく今までエルロンロールに苦手意識を持ったいたが、今回のフライトでエルロンロールに問題がある事が明確になった

具体的には不要なエレベーター操作でヘディングが変わり、ラインも下がる
速度の少ない状態でのロールほど顕著に現れるのでラインを維持するためのラダー&エレベーターのコーディネーションが出来ていない事になる

今までのトレーニングで
「僅かにピッチアップしてフルエルロン」
「フルエルロンで入り背面で一瞬エレベーターダウン」
の2種類のエルロンロールの方法を教った。

前者はピッチアップでのライン誤差を負い、エルロンのみでロールして
ロール中のエレベーター操作によるヘディング誤差を排除する飛び方

後者はヘディング誤差のリスクを取り
ロール中にエレベーター操作を行い積極的にラインを保つ飛び方

どちらにしても必要な操作とタイミングを確立させて練習すれば必ず出来る
前向きに考えれば、シーケンス全般で足を引っ張っている科目なので習得すれば間違いなく眼からウロコのブレイクスルーが来る!!

苦手科目から「軸の通ったエルロンロール」になるまで研究と練習ですね、、、


僕に足りないのは姿勢認識能力

19日の曲技トレーニング
今回は伯父もトレーニングに参加
8320608_1018802173_93large

チャンスを捕まえてはビッツやエクストラに同乗していた程のアクロ好き(笑)
60歳の還暦練習生はFOXから何を学ひ吸収するか、非常に楽しみです。
オマケに整備のN西さんとは20年近い旧友だそうで、本人の居ない場所で両人の武勇伝が楽しめちゃいます。

早速、梶さんの後席に乗り込み初FOX

HI3C0586
HI3C0586

8320608_1018802150_41large

8320608_1018802111_216large
最初はネガティブ(背面系)が少ないフリーシーケンスを飛ぶと、、、

ケロッとして「すげぇ~!!グライダーのイメージが変わったぞっ♪」
はしゃいでます、、、
さっきまで「体力が持つか心配だなぁ」なんて言ってたのに(笑)

2回目はネガティブ系が入ったアンノウン
1678221554_5

8320608_1018802113_242large

8320608_1018802108_188large

「流石にキマっちゃうかなぁ~」
なんて思って送り出したけど、、、

ぜんぜん平気、、、
なんで? +6G -4Gは掛かってるんだけどなぁ、、、

還暦ヲヤジに負けたような気がして、急に自分が弱虫に思えてきた、、、orz

気を取り直して自分のトレーニングは
前回に続いて「背面飛行」
前回のフライトから、イメージトレーニングとシュミレーターを組み合わせて基本的な操舵を体に覚えさせてきたので、
実機でのフライトが楽しみです。

梶さんの後席に乗り込み1450mへ
8320608_1018802191_210large
割り勘フライトなので800mまでが僕のフライト
軽いダイブで160kmに加速
右1/2エルロンロールで背面飛行へ

前回のフライトに比べて操作が判らす遅れる事が少なくなっているので、だいぶ「操って」いますが、
背面姿勢でのピッチ、ロールの認識が悪く速度、バンクの安定がイマイチ
背面旋回はバンクが安定しないから「旋回」ってより「迷走」です。

続けて背面姿勢での加速、減速の練習

背面姿勢で僅かにピッチを上げ120km/h程に減速
45°downラインで200km/hへ加速
エレベーターdownで-Gを感じながら背面水平飛行へ

続けて200km/hからエレベーターdownで45°UPライン
130km/h位まで減速して方から エレベーターUPで垂直降下姿勢へ
200km/hに加速して引き起こして水平飛行

姿勢認識が甘いから精度はダメダメ、、、
前回の、「気が付いたらローリングターン」や、「気が付いたらテールスライド」よりはマシになりましたが
何となくソレっぽく飛ばすのが精一杯ですね

2回目のフライトは梶さんの後席で1500mから、フライト回数はついに10回目
今回は新しい科目を3つ。
1、スプリットS
160km/hから1/2エルロンロールで背面水平飛行
エレベーターUPで1/2ループを描き水平飛行姿勢へ、科目終了速度は250km/h
つまりはインメルマンターンを逆に飛ぶ

2 アバランチ(Roll with top of The Loop)
ループ頂点でエルロンロールを入れます
開始速度250km/hから5G引き起こし
ピッチ160°~200°のループ頂点でエルロンロール
200°~360°に掛けて引き起こして250km/hで科目終了

3、ハンプティーバンプ
垂直上昇、降下を1/2ループでつなぎます。
200km/hから垂直上昇
垂直ラインを確立後にエレベーターUP(down)で小さく1/2ループ
垂直降下ラインを確立
200kmで引き起こして水平飛行

上空でコントロールを受け取り、科目開始
スプリットSは1/2ロールで背面姿勢を確立すれば速度に注意しながら真っ直ぐに
引き起こせばOK
1/2ループ終了速度はほぼ予定通りの250km/h

続けて梶さんのにコントロールを渡しデモでチャイニーズループ(Roll with top of The Loop)
スティック&ラダーの動きを読むと
ループ頂点でエネルギーか少ない状態でのロールなので
トップラダーとエレベーターコントロールを入れてピッチを維持してます、
ラダーは思ったより多め、エレベーターは支える程度

続いてタイラップが挑戦
250kmから引き起こして頂点で前方目標を取ってエルロンロール
が、、、ロール開始のタイミングが速すぎて上昇しながらのエルロンロールになり約束のエネルギー(速度)不足
見事にエルロンロール1/2程から石のように機体が沈みはじめて「パタン」と機首を落して後半は垂直降下

もう一度挑戦するも、どうもロール中にエネルギーが足りなくなる、、、、
開始速度は合っているから、引き起こしが甘く大きなループなりエネルギーを喰われているような気がします。

一度、軽く上昇姿勢に持ち込み250km/hから200km/hに減速、スピードを高度に変換
次は、ハンプティバンプ
200km/hから垂直姿勢に引き起こし、1秒ほど姿勢を維持して垂直ラインを出して1/2ループ
垂直姿勢に落ち着けるのが遅くエネルギーロス
1/2ループ頂点付近でエネルギーを失い、残りの1/4ループが描けず、
開始速度をもう少し高くすれば楽に描けそう♪

最後に背面直線飛行と背面旋回
前回よりは背面直線飛行の速度安定(ピッチ)が良くなった、
背面旋回はやはりイマイチ、、、背面での水平認識が上手く出来ない、、、

今週のトレーニングで見つけた課題は、とにかくエネルギー管理!! 
ループ系の垂直科目は初期の引き起こしの甘さで、後半のエネルギー不足を招いているので、
気合を入れてGにビビらずキッチリ引き起こす。
背面飛行は姿勢の判断が出来れば必ず飛べるはずなので、背面環境に順応すること!!

次回は、トレーニングシーケンスに新しく覚えた「チャイニーズループ」と「ハンプティ バンプ」を織り込んで飛んでみたいと思います♪


操縦可能領域を広げる

年末頃から体が慣れてきたのか、背面系の科目で受ける-Gが少し楽になってきました。
背面系機動により発生する-Gにより頭部に血液が流れ込み、眼の裏が痛くなったり、鼻の奥がツーンとしたり
なかなかキツいものがあります、

今回、梶さんの後席での割り勘トレーニングで「背面飛行」に挑戦です。
8320608_964717480_80large

曳航機から離脱後にコントロールを貰いトレーニング開始
ヤバくなったら アンリミテッド アクロバティック セーフティー デバイス「梶先生」がオーバーライドしてくれるから安心です(笑)

45°ダイブで200km/hへ加速
水平飛行から一気に左エルロンロールで背面姿勢へ

-1G状態で5点式ハーネス+サポートベルトに体を吊られての操縦

エレベーターとラダーが逆になります。

背面水平飛行から右背面旋回は
右エルロンでバンクを取り
左ラダーでアドバンスヨーを押さえ込む

速度が減少したらエレベーターupで引きピッチを下げ
減速するにはエレベーターdown

知識としては解っちゃいますが、
思いとはウラハラに手足がちっとも動かない

速度はバラバラ 旋回のバンクは安定しない
姿勢が崩れはじめると操作の遅れでどんどん妙な姿勢に、、、
こんなに難しいとは、、、

地上に戻りKさんからブリーフィングを受けると「背面水平飛行から初めて背面環境に慣れないと簡単にパニックに陥り機体を壊す」との事

確かに背面に慣れていない状態で背面急降下姿勢に入った時に冷静にリカバリーできるとは思えません、、、
視界から空が消え、視界一杯に地表が広がり重力に引かれてVne(超過禁止速度)に向けて一気に加速
パニックに入れば墜落もしくは空中分解ですね、、、

地球上では当たり前の頭を上にした正面環境に対して
一般生活ではまずありえない背面環境、今までの経験が役に立ちません
今の時点じゃ、背面飛行時間を増やして体を背面環境に体を慣れさせるのが第一歩

地上で出来ることは、「トレーニングシーケンスに背面系科目を織り込む」&ひたすらイメージフライト
シュミレーターで反復練習して状況に対して反射的に操縦できるように操縦感覚を作りこみます、
(Gが掛からないから再現性は薄いんですが)
ここで背面系を覚えれば姿勢コントロールの幅が一気に広がります♪