カテゴリー別アーカイブ: Aerobatics

競技3日目 天候が回復したきました、、、がっ!!

昨日から僅かながら天候が回復して、ギリギリ競技可能な天候状態に
相変わらず雲は低く、風は10m/s近く吹いていて 外気温度は7月の夏真っ盛りなのになんて13℃程
この状態で風が吹いちゃっているので体感温度は10℃以下!!

Advancedクラスは後からのフライトですが、もちろんチームのお手伝い
(ポーランドチームとの共同運航ですので)
競技開始となれば各国、機体を準備して離陸地点に集まってくるので、
急いでポーランド&日本の陣営を設営!!
p3

で、競技が始まったのは嬉しいけど
p2
もう、、、めちゃくちゃ寒いんですよ

トレーナーに冬用ジャケットを着込んでも震えが止まらないほど

p5
カーシャとポリーナは毛布被ってぬくぬくと過ごしてますねぇ~
いいなぁ~ あったかいんだろなぁ~

p4
Unlimited競技開始早々に搭乗順の早いスターシェが離陸
風が強く、難しい(不利な)コンディション
搭乗順で気象条件の有利、不利は出ますが、運も実力の内って事ですね

競技開始するも4人ほど飛ばしたところで、雨が降り出して競技中止、、、
ポーランドチームからUnlimitedに出る、マクラサンとマチェックは明日以降にお預け

p6
機体を格納庫にしまって
続きは明日以降天候が回復してからです、、、

お家に帰ったら、天候不良を読んだのかマチェックが既に帰宅して料理してました。
p7
今夜のご飯はグリルチキン♪
何時の間に仕込んでタレに漬け込んでいたんだ、、、!?

p8
香ばしく焼き上がったチキンをカジって、ビールを流し込む
タバスコを使ったスパイシーな味付けと蜂蜜と醤油を使ったテリヤキ風
美味いねぇ~


競技2日目ですが、、、

競技2日目ですが
強風、低雲底、時々スコールで飛べません

お家でゴロゴロしていても芸が無いので、ポーランドチーム母屋(笑)に移動
お茶とお菓子を頂きながら「今日はどうするの?」って話に混ぜてもらうと
「飛べないからには観光でしょ!!」
って事でフィンランド観光に出発

まずは、フィンランドといえば「ムーミン」でしょ
フィンランド南西の港町「ナーンタリ」にあるムーミンワールドへ オリパから1時間30分程のドライブ
※6月中旬から8月中旬のみオープン。「残りの季節は?」って 寒くて暗いから休業なんでしょう
フィンランド”ナーンタリ
p2

ムーミンワールドに向かってナーンタリの港を歩いていると、、、
p4

p5
もちろんヨットが停泊中、

実はヨットにも興味があって「何時か挑戦したいスポーツ」です。
体力と休暇確保が最大の障害だなぁ~(笑)

p6
中でもお気に入りがこの艇。
綺麗でしょ~
こんなヨットで風を捕まえて帆走してみたいです。

で、目標のムーミンワールドは、沖合いに浮かぶ小島丸ごと全部
ナカナカのスケールです。
p7

p8
港から浮き桟橋を強風に煽られながら島に上陸

意気揚々と入り口ゲートまで行って入場券を購入しようとすると

2
なんと、25ユーロ!! 3000円かぁ、、、微妙に高くないか!?
って事は、、
振り返るとポーランドチームがマジ悩み中
そりゃそうだ、ポーランドの物価は感覚的に日本の1/2 彼らの感覚だと僕の「高いなぁ」x2って事ですから
2時間ほどの滞在で25ユーロは強烈です。

ちょっと悩んで「高いよねぇ~ パスだな」って事であっさりムーミンワールドは却下

港に引き返してレストランでお茶
3

「コーヒーカップのウラにムーミンが描かれていたら値段が倍だぞ」なんて冗談言いながら
次は旧市街を散策することに決定

港町の旧市街を歩き、お土産屋さんを見て回る
4

5

6

ナーンタリ旧市街は綺麗な港町でした。


セレモニー後に、、、

開会式の後に前哨戦として、地上戦に参戦
イギリス、イタリア、ポーランド、日本で呑んでます。
つまみでハッピーターンを持ち込んだら大好評です♪

最初はビールで始まって、あとはウイスキーとウオッカのストレート
「酒を割る」って事しないのかなぁ、、、


グライダー曲技飛行 世界選手権開幕

練習日2日が終り、ついに世界選手権が始まります。
正式には”16th FAI World Glider Aerobatic Championships and 4th FAI World Advanced Glider Aerobatic Championships 2013”

僕がエントリーするのはAdvancedクラスの”4th FAI World Advanced Glider Aerobatic Championships 2013”になります。

いまさらながら、現在位置の説明を、、、
p6
フィンランドはムーミンとサンタクロース、ラリードライバーの国
高緯度地域なので夏は極端に夜の時間が短く、
日の出は4時頃
日没は23時近くにもなります。
日没後も完全に闇になることは無く、なんとなく僅かに明るい状態です。
選手権会場のOripaa(オリパ)は地図の”A”地点
フィンランドの南の地域でヘルシンキの西になります。

午前中にも競技日が設定されていたのですが、先日に引き続き雲が低く、風も強い状況で競技見合わせ。

p7
競技空域は飛行場の近傍に設置された
高度1250m~250m
地上マーカーに区切られた1000m四方の空域
この空中設定された1000mの正方形の空域でシーケンスの精度と完成度を競います。

もちろん飛び出せばペナルティとして減点されます。
高度方向でチョットでも飛び出せば-70点
最低高度違反で危険行為とみなされれば一発失格
水平方向で飛び出せば1秒あたり2点の減点
ナカナカ厳しいです。

高度に関してはHMD(Height Measurement Device)が高度情報をジャッジ席にリアルタイムで送っていて監視されています。

水平方向での位置観測は、BOXの対角線の角に”バウンダリージャッジ”が構えていて、BOXから飛び出した時間を計測してジャッジ席にレポートを入れます。

午前中にも競技日が設定されていたのですが、先日に引き続き雲が低く、風も強い状況で競技見合わせ。
夕方からのオープニングセレモニーとなりました。

各国参加選手が一堂に会して、自国国旗の掲揚から始まります。
日本からの参加選手は自分一人なので、もちろん僕が掲げます、
p1

p2

選手権会場に自らの手で国旗を掲げると「日本国」を意識しますね。

僕一人なのでオフィシャルから国旗を持つお姉さんがサポートに来てくれました。
金色の髪と蒼い瞳、フィンランド人の綺麗なお姉さんでしたぁ、、、

p3
セレモニーの後はハンガーパーティ♪
最近、事ある毎に格納庫で呑んでるなぁ~


空域慣熟フライト 2日目

今日も良い天気だけど、やっぱり風が強い
雲も微妙に低いみたいでブリーフィングの天候判断もどうも歯切れが悪い
p1

1

明日からの競技に向けてKnownの搭乗順のくじ引き
名前が呼ばれて、缶ビールのくじ(缶の底に番号が書いてある)を引いてみると
7番を引き当てる!!
搭乗順がラッキー7とは幸先良いです。

午後から雲が切れてきてトレーニング開始
相変わらず10m/sを超える強風条件下ですが、強風条件で可能な限り補正して飛ぶ良い練習って事で

上空は15m/s以上は吹いていますねぇ、
風上に向けるとぜんぜん進まずに高度が下がる一方だし
風下に向けると、風に押されてBOX(競技空域)の端に向かってカッ飛んでいきます。
こりゃ、確かに競技にならないねぇ、、、

練習を終えてお家に戻ったら
p2
ワルシャワから来たマチェックが料理を作っていました。
マチェックは昨年のUnlimitedクラスのチャンピオン!!
グライダーアクロだけでなく、車のレストア、料理の腕も一級品
凄いヤツです。
正確は見た目のまんま”心優しいジャイアン”です。

作っているところを見ていると
醤油、生姜、ニンニク、胡椒、蜂蜜、豚バラ肉、、
あれ? それって焼き豚じゃない!?

「その料理ってポーランド料理なの?」って聞いてみると
「俺のオリジナルだっ」との事
オリジナルでココまで似た料理になるって、ビックリです、

マチェックが気合を入れて料理していた訳は
「明日から頑張ろうディナー」でした
ポーランドチームの大きいお家に集合して飲み会
日本のジャッジのKさんとアシスタントジャッジのTさんも合流

料理の前に暖炉の前でウイスキーをちびちび、、、
p3
世界選手権今昔物語、
ヤッちまった武勇伝、、、
僕が日本に帰っていた間のポーランドでの出来事、、、
p5
選手権前のディスカッション、、、

食事会はサラダ、ステーキ、マチェックの焼き豚、パスタなどなど、、
かなり豪勢な食事会、

食後に日本から持ってきた梅酒を回す。
p4
甘い梅酒はナカナカの好評価♪
来年は自家製の梅酒を持っていこう!!