M-07 Concept 【軽量&低重心化】

トラクション性能の限界を感じて
運動性重視に仕様変更中のデミオ君

ロールセンター軸傾斜と重心位置の確認で重心高を測定したので
低重心化とマスの集中を進めます。

狙うは重心高 24mmから上のアルミパーツ

最初に
モーター冷却ファンの移設で冷却効率向上出来たのでアルミヒートシンクを撤去
これで取り付けスクリューを含めて-6.6g
DSC_1953

次は
アルミダウンリテーナー
重心低下を狙ってダンパーを正立で使っているので
アルミダウンリテーナーは重心高より上
コレをCVAダンパーの樹脂リテーナーに変更

アルミダウンリテーナーに比べて樹脂リテーナーは1mm高いので同時に車高調整
アルミプリロードアジャスターは軽量化とプリロード管理の簡易化を狙ってCVAダンパーのシムに変更
現在のアーム角(車高)設定でシムを入れているので1mm薄いシムに交換
コレも軽量化要素
更に樹脂リテーナー +1.0mm+シム-1.0mmでスプリング位置が1mm下がるので低重心化

アルミダウンリテーナー+シム 1g x4
DSC_1951

樹脂リテーナー +シム 0.6g x4
DSC_1952

1台分で-1.6gの軽量化

次はステアリング系
ここは操舵系剛性とのバーター関係なんだけど
「試してダメならアルミに戻す」って考え方

サーボセイバーホーンを樹脂化
アルミサーボセイバーホーンが2.7g
DSC_1954

樹脂サーボセイバーホーンが1.2g
DSC_1955
これで-1.5g

同時にサーボセイバーホーンの腕も短くしたので
EPAを80%付近から100%付近まで伸ばせるので
分解能力が向上します。

アルミステアリングワイパーはフロント寄りで高い位置にあるので効果的
アルミステアリングワイパーが5.2g
DSC_1956

樹脂ステアリングワイパーが3.2g
DSC_1957
これで-2.0g

最後にバッテリー搭載位置低下とバッテリーホルダー軽量化

バッテリー搭載位置を良く見ると
バッテリーホルダーに釣られてシャシーから浮かせている
タミヤお得意の「シャシーフレックス設計」

「シャシー捻れを使って曲げる」って考え方なんだけど
ハイパワー化したら捻れ過大になってトラクションが抜けちゃう
現にカーペット路面と低剛性の「ハイトラクションロアデッキ」の相性はイマイチで
扱い易さは出たけど一発のタイムが0.5秒近く低下
僕のセッティング方向とは合わないので
バッテリーをシャシーに乗せて重心低下とシャシー剛性向上を狙います。

加工箇所はバッテリーホルダーで
下側をカットしてバッテリーをシャシーに乗せて
DSC_1948
ロアデッキ側にスポンジを貼って密接させる

バッテリー搭載高 -1.0mm
DSC_1950

バッテリーホルダー軽量化
DSC_1945

DSC_1946
-2.0g(6.3→4.3g)

開かない方のバッテリーホルダーはスナップピンを糸で縛ってマイナートラブル対策
DSC_1949
ぶっ飛んだ時にスナップピンが脱落しちゃうんです。

軽量化合計は13.7g

ランニングシャシー重量が
1170.1→1156.4g
DSC_1959

重心高より高い位置で約1.2%の軽量化
小さな積み上げだけど改善方向です♪

ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

全般ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です