E36 M3 カーボンサンルーフ製作② マスター型 縁の面出し

金曜日は会社をお休みしてカーボンサンルーフの型造りを進めました。
縁の部分の成形にパテを盛り付けて「面出し」です

タルクパテを使って垂直面を作ります。
先日貼り付けた3mmの白木をガイドにしてパテを盛りつけ
R部分のパテ盛りはヘラで気合いの一発勝負!!

HI3C0455
HI3C0455

パテが硬化してから直角の定木に60番のペーパーを張り

HI3C0456
HI3C0456

パテを削り落として垂直面を造ります、

HI3C0457
HI3C0457

垂直面を作ったら、型の抜けを良くするために、僅かな勾配面を作ります。
ココからは、キメが細かく柔軟なポリエステルパテ(板金パテ)を使います。
「こんなもんでしょ~」って分量で先ほど造った垂直面に斜めにパテを盛り付けて、
斜め定木で傾斜を作って、、、

HI3C0459
HI3C0459

もう一度削り出し、、、

残るは細かい修正と表面磨きでマスター型が完成します。
うわぁ~全身パテの粉だらけ~(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です