2nd Contact!!

2009年最後の日
ドライ路面での動きが見たくて箱根に行ってきました(笑)
09年度のタイラップ号の姿を見ておかないと年は越せません♪

今日の遊び場所の状況はドライ時々凍結
外気温度-1.5℃
コンディションは良くはありませんが凍結区間だけペースを落とせば大丈夫!!

HI3C0284
HI3C0284

BTZさんからのアドバイスで乗り方を変えてみます。
直線的なブレーキで奥まで入って一気に向きを変える振り回すような乗り方から
ワイドラインでクリップまでブレーキを引き摺りながら旋回させる乗り方に変更です

ブレーキとステアリングでフロントスプリングを押し付け続けるようにピッチとロールを繋げて回り込ませる
グリップを掠めてパワーを入れる時もリアが横に流れないように探りながら、、
とにかく丁寧に動かしてスピードに乗せ続けるイメージ

路面温度は低いですかドライだとやっぱり動きが違いますね
動きはウェット状態とは変わりドライ路面だと十分にストロークするので乗りやすいです♪

脚の動きはしなやかで滑らか、、、
メンバー補強で大荷重状態での入力操作に対しての正確性と応答性は大幅に向上
以前とは完全に別の車になってます(笑)

正確性と応答性はサスペンションアーム取り付け剛性で作り出し
ストロークの長いしなやかな脚で接地性保ちトラクションを維持する
ギャップの多い一般公道で楽しく走る為の一つの回答になっていると思います

コレが欲しかったんですよ~
流石はプロが煮詰めた脚周りです、、、
方向性とサジ加減はバッチリ
完全に好みにハマってます♪

2010年も同じ方向性で更に詰めていきます~♪


2009年飛び納め

年末にかけて仕事に追われてPCに触れなかったタイラップです。

先日20日は今年最後グライダー「飛び納め」でした♪
天候は快晴♪ 上空には強い寒気が入りナカナカのコンディション

搭乗順はまたもや2番目
(笑)
無線で状況を聞いてみると、、、
北風と南風の境目に掛かり大気状態は荒れていますが強い上昇気流が発生してい
るようです。

グライダーはしばらく帰ってこないので、
お友達のセスナ体験搭乗(技量保持訓練?)の後席に便乗です
グライダーにとって嬉しい天気はセスナにはイヤな天気です(笑)
揺れまくって大変です

離陸して海上に出ると、強風で波頭が崩れてます「うさぎが跳ぶ」って状態です
強風に煽られなからTouch and Goを2回
煽られながらも何とかまとめてます。

さて、、、セスナのフライトから帰ってお次はグライダー♪

荒れた空にPW-5で飛び立つと、、、
揺れるなんてもんじゃない!!
機体が軽いので風に叩かれます

泣きながら上空に昇ると、、、

さすがに荒れの空、
強力な上昇気流か点在しています

下降気流を速度を上げて突っ切り
上昇気流を捕まえると、、、
中心部は下から思いっきり吹き上げられる程強力です
時折+5m/sを超えて昇降計が振り切れる

さすがは冬のサーマル♪
久しぶりに気合いを入れて更なる高みを目指してサーマルを乗り継ぎ、、、
寒さに凍えながら到達高度1800m
今年の自己最高高度です♪

サーマルを探してエリアを飛び回り1時間04分
今年最後のフライトを満喫してきました~

今年最後の着陸は、、、
強風横風着陸でチョー恐かった、、、


1st Contact!! 

25日(金)にM3が復帰しました~
細かい修正はいくつか年明けに残りましたが、今回のメニューは完了です♪

最終仕様を確認すると前回のセッティングからプリロード+3mm
プリロード合計13mm
車高最下点から+5mm
になりました

HI3C0282
HI3C0282

この状態でアライメントを取ってBTZさん曰わく、、、
「アブナい仕様になったよ~っ♪」
ってニヤニヤ、、、

翌日の昼下がりに箱根に上がると、いつもの遊び場は霧の中、、、
もちろん路面はウェット状態、、、

まぁ、路面なりに様子見って事で数本走ってみると、、、
アクセルのon offでリズムを作りヒラヒラと車が軽くなったように旋回して気分良く走ります♪
ウェット状態なのに意外と接地感も有りなかなかの好印象!
動きもユッタリマッタリしていて扱い難さは感じません、、、

????

どの辺が「アブナイ」の??
大人しくて従順、性格良いじゃない♪

HI3C0280
HI3C0280

お約束の缶コーヒー休憩を挟んでから もう一度、、、

今度は少しペースを上げてブレーキを使って曲げ始めると、、、
フロントのレスポンスが激変!!

一気にノーズが入り
リアをアウトへ振り出し一気に旋回姿勢にっ!
アクセルを当ててリアに荷重を移し変えて流れを抑えてスライドを止める、、、

ビックリしたぁ、、、

ブレーキを使ってフロントをしっかり押し付けると弱オーバー気味

定常旋回姿勢からパワーのON OFFでリアスライドを無駄な動き、遅れが無くコントロール出来るようになってます♪
ブレーキで向きを変えてアクセルを当てリアを安定させて、フロントを押してアンダーステアを作って旋回させる乗り方、、、
丁寧に乗らないと横に流れるだけで前に進みません~

完全に「リアステア重視で曲がれ」って動き、、、
もとのidingサスでも似たような性格でしたが、よりダイレクトな動きになってます。

性格変わるなぁ~

普通に乗るとちょっと固めのツーリング仕様
キッチリ乗るとスライドコントロールを要求してくる手強い性格

「昼は淑女、夜は娼婦」ってヤツですか、、、
確かに「アブナイ仕様」になってます
でもね、、、弱オーバーって楽しいんですよね(笑)

BTZさんにインプレを伝えると、、、
「先ずはBMWらしいリアステアを使った旋回性を覚えてもらって、慣れた頃にリア
トゥを入れてスライドを抑えるよ~」
との事、、、

車を縦に滑らせる事を覚えてなさいって事ですね~
しばらくは「滑らせ方」を考えなきゃ♪

HI3C0281
HI3C0281

E36M3はリフレッシュでマダマダ楽しめます!!


E36 M3 プリロード&車高調整

金曜日の夜はM3のサスペンションの仕上がりの確認に行ってきました
今回はプリロードと車高調整です♪
タイラップ号は車高調整アッパーマウントを採用しているので全長調整式(フルタップ)サスペンションと同じように車高調整とプリロード調整を個別に調整する事が出来ます。

前回の慣らしの時からのの仕様変更はフロントスプリングをタナベ10kg 6inchからスイフト10kg/mm 5inchに変更です

HI3C0253
HI3C0253

前回は自由長が長すぎてプリロード30mm、結構強引に押し込んで組んでいました(笑)
スプリングの自由長を短くして、プリロードを調整します。

更に追加した部品として

HI3C0251
HI3C0251

カーボンボンネット♪

E36 M3は僅かながらフロントが重いので重量バランスを補正
フロントの慣性モーメントの軽減で回頭性の向上を狙います

モチロン狙いが軽量化ですので、
ドライカーボン製がベストの選択ですがさすがに高価で手が出ません~
ウェットカーボン製で”軽さ”で選ぶと「AUTO BAHN SPORT 恵比寿」製でウェットカーボン最軽量5kgです!!
ノーマルボンネットは20kgなので約15kgの軽量化♪

ボンネットの造りは、、、
さすがは最軽量、蛍光灯が透けて見えます(笑)

HI3C0252
HI3C0252

平織りカーボンとFRPマットの2プライにFRP製の裏骨ってトコでしょう、、、
ぺらぺらです(笑)
まぁ、補強が必要になったら自分で補強しちゃいます

表面仕上げまぁまぁのレベル、、
、、いやいや、、はっきり言いましょう、外見重視の方には耐えられない仕上がりです(笑)
僕としては軽いからコレで上等!!
まずは、”軽さ”を楽しむので無塗装、補強無しです

、、、派手になったなあ、、、、

目立つのはイヤだから、塗装代を貯金してボディ同色に塗ろ、、、

さて、前回の仕様との大きな違いはフロントのプリロード量
今回は1inch短いスプリングを組んだのでプリロード5mmからスタートです、
アッパーマウントの車高調整は下げ一杯のベタベタ車高(笑)

HI3C0250
HI3C0250

なんて車高、、、フロントがフェンダーに被ってる~(笑)
駐車場で写真撮るなら最高の車高ですが、、、前下がりは走らせて楽しむにはダメですね(笑)

先ずはこの状態で走らせて現状確認、
市街地の色々な路面を拾って走らせてみると、、、

ギャップを乗り越える時に、ある程度の高さ以上になるとコツコツと突き上げてくる
道路の凹みを通過する際に車が落ちる感覚が強い 
細かい振動の収束が悪い(バタバタドタドタするような感覚)
ブレーキを掛けると路面の不正を思いっきり拾う
ステアリング操作に足しての反応は鈍い、、妙などっしり感
思いっきり前のめりの姿勢で、、動きは不安定で神経質、、、
フロント軽量化により、とにかくステアリング操作だけでもグイグイ曲がる!!

走らせて受けた感覚をBTZさんに伝えて、、、
調整をお願いします、、、

HI3C0255
HI3C0255

「とりあえず確実なのはバンプラバーに当たるのが早い(浅い)」
って事で思い切ってプリロード+10mm
テンダースプリング仕様なので結構プリロードは掛かります。

調整後、、改めて同じコースを走らせると、、、
速度の低い領域は小さな路面の不正や舗装パターンが伝わるように変化、
ギャップ通過時の収束が早くなった
バンプラバーの当りが弱くなったようで、コツコツ感は減少
感覚的にには固くなったけど収束が早いので全体的に好印象

戻ってフィードバックして次のセットを試す、、

HI3C0257
HI3C0257

HI3C0258
HI3C0258

固さを消すのにプリロード-5mm
前のめり補正で車高調整+10mm

今回のフィーリングは、、、
残念ながらドタバタ感が復活、
神経質な動きは収まってステアリング操作に対しての車の動きは好み方向へ

結局、朝になってしまった、、、

HI3C0260
HI3C0260

ココまで出方向性と大まかな車高設定は確認出来ました。
プリロードのねらい目は+5~10mmの間、、、7.5mm~
車高はテスト2回目の最下点から+15mm
ってとこでしょうか、、、

数値ががほぼ決まったので、コレを基準点とします。
あとは微調整をBTZさんにお願いして、
来週にはアライメント調整して、復活します!!


パートナーとグラビア アイドル!?

数週間前から曳航機のパイパーカブが修理に入ってしまい
上空まで引っ張ってもらう飛行機が無ければグライダーは無力(無動力)です、何も出来ません、、、

先日、ようやくパイパーカブの修理が完了!!
グライダーに乗って空で遊んできました。、
ジュニアを格納庫から出しで組み立て開始

HI3C0236
HI3C0236

組み立てから、点検の間、ちらちらと空を見て雲の出来具合を観察していると、
山の上空で雲が湧き上がってきます
HI3C0239
HI3C0239

「まぁ、最初は譲って上昇気流の状況を見ましょう」って事で
搭乗順は2番目を選択、

1発目が上がり様子を見ていると、、、
予想通り、雲の下で旋回を始めて上昇気流を捕まえてます、
コレなら遊べそうです♪
1時間くらいは帰って来そうに無いので、お茶の時間、、、
コーヒーや緑茶を飲みながらノンビリしていると、、、

帰ってこない、、、、
やっぱり数週間飛べなかったからですねぇ~
既にお昼になっているのに高度も失わず、エリアを飛び回っているジュニア、、、
「げっ!! 大当たりの日かっ??」
このままじゃ美味しいトコロを持っていかれるっ!!

大急ぎでもう一機のPW-5を格納庫から出して上昇気流を追いかけます。
うーんノンビリしすぎたっ 出遅れ感あるなぁ、、、

HI3C0240
HI3C0240

蒼く澄んだ、高く感じる冬の空、綺麗ですよねぇ~

曳航機が気を使ってくれて上昇気流のすぐ傍まで連れて行ってくれたので
イキナリ上昇気流に乗り、クルクル回りながら昇ります。
傍にはジュニアが一緒、、、

2機で一緒に同じサーマルで800m付近へ、、

800m付近で上昇が鈍くなったので、思い切って次の上昇気流を求めて次の雲を目指して加速!!
110km/h程の速度で、狙った雲の下目掛けて飛び込んでいくと、、、

ド沈下、、、-2.5m/s、、、
「ハズレだぁ~っ 沈むぅ~ 撃沈されるぅ~」(泣)
全ての雲の下が上昇気流って訳じゃありません、、、
見事に下降気流にハマり、せっかく稼いだ貯金(高度)を吐き出してしまいます。
「お小遣いを貯めて、街に遊びに行ってイカガワシイお店で、、、、」
きっと同じ気持ちなんでしょうね、、、(笑)

慌てて引き返し下降気流帯を速度を上げて突っ切り、元のエリアで上昇気流を探すも
時、既に遅し、、、
帰投決心高度になり、GAME OVER!!
時計を見ると、曳航機と別れてから30分ほど、、、
うーんチョット勿体無いなぁ

とぼとぼと歩くように滑空場に戻ると、
目の前をこの辺りじゃ見かけない黄色い小さい飛行機がカン高い音を立ててブッ飛んでいきます。
無線を聞いていると、着陸する様子
こっちは高度が無いので着陸順を譲って頂き、先に着陸、
滑走路を開けて着陸機を見ると、、、

29330960_2089460377

「!!!エクストラだあぁぁぁ~っ!!!」

自分の機体を引っ張って戻り、
エクストラのパイロットに着陸順を譲ってもらった事のお礼と挨拶に、、、
お話を聞くと冬の間の飛行訓練でしばらくは滞在するとの事、
憧れのアクロ機をしばらくは見ることが出来ます。

エクストラ200、カッコイイです!!
レッドブルエアレースや先日のオートボルテージュに出ている機体と同じカテゴリーの機体で、

HI3C0253
HI3C0253

単座なら+10G -10G 複座でも+8G -8Gのアクロバット飛行が可能
10人乗っても大丈夫!!(笑)
HI3C0250
HI3C0250

翼は完全対象翼、取り付け角0度、上半角0度
つまり、上下関係無しって翼
HI3C0243
HI3C0243

機体構造部材にはカーボン使いまくり♪
憧れのコクピットに乗せていただくと、、、
HI3C0249
HI3C0249

狭いっ、、
HI3C0248
HI3C0248

振り回す事が目的のお飾り&オモチャ無しの本気仕様
人間の限界に挑戦するような素晴らしいスペック、、、
レシプロ機の最高峰でしょう!!

機体を見せていただきパイロットとお話をして、、、
ひょっとしたら後日乗せてもらえるかも!?
実現したら±8Gの世界に連れて行ってもらえるかもしれません
レッドアウト、ブラックアウトしても文句言いませんって!!
病院送り覚悟で憧れの競技飛行フルコースをリクエストです!!

突然舞い降りた、「グラビアアイドル」に夢中になってばかりじゃイケマセン、、、
エクストラを堪能した後は、やっぱり自分のパートナーですって♪
フライトの後は綺麗に掃除してあげなきゃねぇ~

HI3C0246
HI3C0246

うーん憂いヤツ、、、いつかは自分の機体が欲しいなぁ、、、

天気のイイ日曜日はグライダーが楽しいです♪