カテゴリー別アーカイブ: 時計

Guinand G90.02f ”左リューズ仕様”プロトタイプ、テスト開始

2012年のポーランド選手権でG90.02fプロトタイプ製品化へ向けての耐久テストを行い、製品として世に送り出すお手伝いが出来ました。

 今年はG90.02fの新型、”左リューズ仕様”の耐Gテストを行います
お気に入りのG90.02fで唯一気になっていた部分ですが、Guinandの他モデルを見せて頂いていた時に「逆リューズいいなぁ~」ってボヤきが通じたのか 水面下で企画が進んでいたようで、
先日プロトタイプが突然ロールアウト、急遽実戦テストとなりました!!
(ブログ掲載はGuinand JAPAN様の許可を頂いております)

基本的な機能はG90.02fと同じでシンプルな構成、
p2
秒針の位置が上に来ているので、ムーブメントを裏返しに搭載してリューズの位置を左に変更しているようです。

この左リューズが良いんです!!
コクピットがタンデム配置の機体に多い左操作のスロットルレバーやグライダーのダイブブレーキやフラップレバー を操作する場合
地上作業なので手首を返す動きをした時にリューズが手首に当たりません。
もちろん車の運転の時も装着感良いです。

時計が変に手首に引っかかると、手の甲にリューズがグリグリ当たって痛いんですよね~
この”左リューズ仕様”もポーランドでのトレーニングキャンプ、ポーランド選手権、世界選手権を一緒に飛び、地上作業をこなし、キッチリ耐久テストを行います。
市販化はテスト終了後なので、もう少し先になりますが
シンプルで機能性重視のGuinand G90.02fを進化させた”左リューズ仕様”、良い時計になりそうです。

目標に向かって一歩前進!!

ギナーンウォッチジャパン様が正式にRED FOX2をスポンサードして頂ける事になりました。
以前からグライダー競技アクロにご理解を頂き、競技活動を応援して頂いておりました、
去年の選手権後に「チームとして今後も応援していきたい」との嬉しいお言葉を頂き、3月よりチーム運用へご援助頂けることになりました。
ギナーン様のチームへのお力添えにより、RED FOX2の恒久的運航の可能性が広がり、
RED FOX2の目標である「日本の曲技飛行を支え、コンスタントに選手育成を行い国際大会へ選手を送り込む」事へまた一歩前進することが出来ました。

ギナーンジャパンさんとの最初のイベントは妻沼グライダーフェスタ
フェスタ前日の機体搬入、練習日に最初の作業
p2
機体に願を掛けている訳でも、妖しい儀式でもありません、、、

p3
入念に脱脂して位置を合わせながら、、、

p4
チームイメージカラーに合わせたRed Guinandステッカーを貼りました!!
赤いGuinandロゴって初めてなんじゃないかな!?
「グライダーアクロバティックチームのフライトスケジュールは、Guinandにより刻まれている、、、」ってキャッチコピーいかがでしょうか?

妻沼フェスタ当日は、強風によりテント設営は残念ながら見送りましたがRED FOX2と共にブースを構え、
僕も愛用するギナーン航空時計と冒険王のサングラスを展示販売して頂きました。

えぇ、、、時計、カメラ、車は趣味の王道ですね、、、、見ていると段々欲しくなる(笑)

ギナーンの航空時計って実用性仕様なんですよね、、、
ベゼルだけ見ても60分インデックスの回転式、0点を分針に合わせることで経過時間を正確に記録することが出来ます。
この機能って飛行機やグライダーで飛ぶときに凄く便利なんです、
飛行機やヘリコプターでナビゲーションする時や、グライダーで滞空する時に、「どの時点から何分経過したか?」が一目で解ります。
地上での生活でも、カップラーメンにお湯を注した後の正確な時間管理が可能になり、悲しい事故を防ぎ美味しく頂くことが出来ます(笑)

Guinandの面白いところは、自分の好みにカスタムオーダー&チューニングが出来るんです。
普通の時計って、「既存のカタログモデルから選んでハイ終わり」せいぜいベルトを選ぶ位ですが、
カスタムオーダーを掛ければベースとなるモデルを選び、そこから秒針や分針を紫外線反射塗料で赤に変更したり
文字盤に名前を印字、リューズの左右変更、ガラスの変更など

p8
秒針を赤にするだけでも、結構違いますよね、

たとえば、、、運転や操縦で左手の甲を返すような動きが多くて、分単位の時間管理を重視するなら
手の甲に当たらないように左リューズに変更して、分針が赤、60分インデックスベゼル仕様を作れば分単位の経過時間管理仕様ですね。
自分仕様の時計を作ることが出来ます。

今後、RED FOX2と共に数々のイベントへ出展いたしますので、実物に触れて見て頂く事が出来ます。
意外なほどの質実剛健な仕様に驚くと思います

お帰りなさい、、、G90.02f

ポーランド遠征で耐Gテストの依頼を受けて一緒にポーランドの空を飛んだGuinand 90.02 f
僕の元に居た頃はプロトタイプで名前もなかったのですが、テスト後のGuinand Japanでの分解検査の結果、耐久性が保証され、
正式名称 “Guinand 90.02f”を受けて無事に製品化されました。

で、、、,,
「分解されちゃったプロトタイプはどうなるの? どうにか形として残らないの?」と事あるごとにお願い(かなりしつこく)していたところ

「これからの使用環境を考えて耐久テスト継続扱い、プロトタイプ扱いは変わらず」の条件付きで手元に戻ってきました、
Guinand Japanさんが僕の無理なお願いを聞いて頂けたので、これからも一緒に飛び続ける事ができます。

会社的に「譲渡」や「長期貸し出し」という訳にもいかないらしく、
「それならホニャララ円で購入しませんか?」っとお話を頂き思い切って購入しちゃいました

更に嬉しい事にGuinand Japanさんの計らいで、裏蓋に参戦したイベント名と日付け
“Advanced Glider Aerobatic Polish Championships jelenia gora 10-15 07.2012″が彫り込まれています♪
p6

約2か月振りに左腕に戻った相棒、左が少し重くなる感触が懐かしく感じます。
実際に左手から去った後の不便で、時計の存在意義をいやおうなしに意識させられました。
グライダーで滞空時間を確認するときに、いちいち携帯電話見るのが何とも煩わしい事、、、

日常生活でも、何回、左腕を空振り(腕時計無し)したことか(笑)

何度も適当な腕時計買っちゃおうかと思ったんですが、、、「もしかしたら!?」を期待して待ってみました♪
どうせ使うなら「思い入れのある道具」の方が大切にしますし、
思い入れのある道具を着ける事の方が僕の趣味には合います

アクロパイロットとしては駆け出しの僕にとっては、かなり贅沢な時計ですが、
一緒に曲技飛行選手権に初参戦した「思い出を刻んだ大切な時計」です。
これからも一緒に飛べるのは嬉しいです♪

適当な時計買って無駄使いしなくて良かった~(笑)

Guinand タイラップスペシャル発売決定!!

ポーランド遠征を通じて耐Gテストと使い勝手のモニターを行ってきたGuinandの新モデル
(タイラップスペシャル)ですが、

型式「G-90.02 f」として正式に発売が決定されました!!

基本スペックは、、、
型式 : GUINAND(ギナーン) G-90.02 f
ムーブメント : 手巻(UNITAS 6498)
ケース : SSポリッシュ仕上げ直径 42mm/厚さ 11.5mm
ガラス : サファイアガラス
防 水 : 10気圧防水(普通リューズ式)
ベルト:皮ベルト仕様(アウトドアでの仕様が多い方はオプションのSSブレスがお勧めです!!)
価格:¥126,000-

発売予定 : 2012年10月
カスタムモデルなので、少量生産らしいですが、自分が少なからず関った時計が
世に出るのは嬉しいですね

装飾なしの合理的な機械感の塊のような男っぽい時計ですが、
計器としての「見易さ」と「使い勝手」の良さは抜群です!!
テスト終了でGuinand社に帰ってしまったのが本当に惜しまれます、、、、

毎朝の「ぜんまいを巻き上て時刻を合わせる」って簡単な儀式が必要な手巻き時計
この僅かな時間でその日の予定に思いをめぐらせる
単純な作業が、出かける前の気持ちの切り替えになっていたんですよねぇ、、、、

僕の左手から去ってから気が付きました。

Guinand 耐Gテスト結果

Guinand Japanさまから依頼された耐Gテスト、
練習から選手権での実戦フライト、機体組み立てから搬送、
p4
ポーランドでのアクログライダー運航の全ての時間を一緒に過ごしてきました。
日本での4回のフライトを含め、合計で17回のフライトを実施
+6G & -4Gを再三掛けてみましたが、、、

誤差変化無し!!

正直少しは誤差が出ると思っていたんですよね、、、
「時計のムーブメントは高精度なギアの塊で動力はぜんまいなので、日常生活では掛からないGとその継続時間でギアの軸受け部分のフリクションが変わる事で誤差が生まれるはず」と考えていたんです。

日常生活でのGは意外と大きいんですが、継続時間が短いのでGの認識より”衝撃”として捕らえられています、
遊園地のジェットコースターでも3~4Gを数秒ってとこですね
継続して大きなGが掛かるのは、「ジェット戦闘機の戦闘機動&デモフライト、パワー機のアクロ、ダウンフォースが掛かったレーシングカー、大気圏を出入りする宇宙船」くらいでしょう

実際に使ってみての「見やすさ性能」は思った以上で、
直射日光にさらされるキャノピーに覆われたコクピット内でも、ガラスの乱反射も無く大きめの文字盤と針で視認性も良好です。

思いも拠らない部分では、条件が悪い時程「見やすさを性能」を実感できます。
薄暗い夕方、コンテナやトレーラー内、夜間の車内などの暗くて見えない状況になるほど、
広面積の夜光塗料で文字盤も針もはっきりと闇に浮かび上がります。

一緒に何度も飛んでいて気が付いたんですが、ムーブメントの音って結構良い音しているんですよね♪

 離陸前、キャノピーを閉めるとエンジンの無いグライダーのコクピットはアクリルガラス一枚で隔てられているとは思えないほど静かになります。
この静かなコクピットで離陸が始まる十数秒の間だけムーブメントの音がコクピットに響きます。
一緒に飛ぶ機会が増える度に、この音が「飛ぶぞ!!」の精神集中スイッチになっていきました。

短いテスト期間でしたが「時を計る計器」として「耐久性、視認性、信頼性」を満足できる性能を持った良い時計です。

p2
今回の遠征が終われはテスト終了なので、この相棒はGuinand社に戻ってします。
プロトタイプは「完全な製品では無い」ので基本的には社外に出される事は無いそうです。

「初選手権参戦の思い出」ってオプションも追加装備したのになぁ、、、

Guinand 耐Gテスト

日本での最後のトレーニングを使って、Guinand S-90スペシャルモデルの最初の耐Gテストを行いました
テスト前の1G環境での日常使用での誤差を計測の後に、トレーニングフライトでGを掛け、
12時間後にもう一度誤差を測り変化を比べます
p1
最初にこの時計の持つ誤差を測定すると
24時間毎にゼンマイを全巻きして+12秒の誤差 5日 120時間毎に1分進みます。
12時間で+6秒の誤差を持ちます

日曜日の0800に時報との誤差を比べると 
時報+32秒

4回のトレーニングを実施、
このときのピークGは+5.5G インメルマンで不要なGを掛けてエネルギーロスを招いたようです。
p2
トレーニング終了後、機体を分解してトレーラーに格納
航空日誌とフライトログの整理をしたあたりで2000
時報との誤差を確認すると
時報+38秒

12時間で+6秒は変わらず。

5Gx4回程度じゃビクともしないって事ですね、
初回の耐Gテストはまったく問題無し、
来週からポーランドに一緒に渡り、トレーニングと競技会を通じて2週間の連続テストに入ります。
ギナーンのムーブメントの精度はGに影響されるかがテストを通じて明確になります。