E36 325I Cabriolet 洗車します (ワックス掛け)

いよいよワックス工程
最初にボディの水分をウェスで拭き取ってしまいます
ホイールを掃除している間にけっこう蒸発しちゃうから10分も掛かりません

水分を取ったらワックスを伸ばします
dsc_0116
使うのはオートグリムの「ウルトラディープシャイン」
クリーナー成分とワックス成分が一緒になったようなワックスなので
水垢も一気に取れます。

dsc_0117

dsc_0118
ウェスに少しずつ出して伸ばしていきます。
少し伸びが悪い場所は表面が荒れていたり
汚れが付いているので磨くと綺麗になります。

dsc_0120
カブリオレで忘れちゃいけないのが幌とフロントウィンドゥの取り合い部分
汚れると雨漏りの原因になります

dsc_0119
1台磨くとこんな感じに汚れも取れます、
10cm四方位に折り畳んで汚れたら新しい面に変えて磨きます。

グルッと一周ワックスを伸ばして乾いたら

dsc_0121
オートグリムの「ハイテック フィニッシング クロス」で一気に拭き取ります
この「高級雑巾」
高いだけあって作業スピードが激速です
ザクザクと乾いたワックスを落とします

sketch-1480842496599
これでワックス掛け終了
次は更に艶出しです
E36 325I CABRIOLET 洗車します (艶出し)

ワックス掛け工程で使ったアイテムです


ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です