挑戦を続ける事が生きる事だ

ついに叔父が単独飛行に出ました!!
30数年前にハワイで飛行機(陸上単発)の免許を取っているのでファーストではないのですが、
アメリカ免許で日本で飛ばずに30年、何度か僕と一緒に飛びましたが遊覧飛行程度、、
1年10ヶ月前にグライダーで飛び始めた頃はリセットされて「完璧なるペーパーライセンサー」でした。

ズーット前に「飛行機を自分で作って飛ぶ」なんて夢を言い出し、確実に進んできています。

毎週日曜に朝早くから滑空場に通い、
教官に怒られながらフライトを積み重ね、、
必死にプロシジャーを覚え
少しずつ知識を蓄える
帰りの車の中でもフライトのコツや教官とのコミュニケーションの取り方を話し合う

これが10~20代なら単独飛行はそんなにハードルは高くありませんが、
59歳で改めて習い始めて、60歳で単独飛行
本気になった人間の力は凄いと思います。

独りで飛び立ち、飛行場の周囲を回って着陸するだけの僅か6分、
この6分間のフライトは一生忘れないでしょう、
これから更に訓練は続きます、飛行場の周りを飛ぶだけではなく更に遠くへ飛べるように

本気で取り組む趣味だから面白いし充足感もある
ここには、本物の笑顔があります。

叔父からは日々色々な事を教わりますが、
一番の教訓は「目標を持ち努力を続ける事」です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です