ロールセンターアダプターのデメリット

最近BMWのアフターパーツにも出てきている「ロールセンターアダプター」
ノーマル状態から車高を下げた場合、サスペンションアームの下反角から上方向に角度が付いていきます。
アームの角度が下反状態から水平さらに上反方向になっていくと、ロール軸(ロールセンター)が、車体の重心に対して下方向に移動して、ロールモーメントが増加します。
ストラット形式のサスペンションは、特に影響が大きいようです。
(フロントの話ですよ、、、念のため)

さらに、アームに下反角が付いていると、旋回中の横方向からのGによりアームが車体に加えるベクトルは車高を下げる方向に作用しているから。OUT側が沈み込むようにロールが増える、、

アームの角度を変更しないで車高を下げると、ロールが増える方向です(笑)
車高を下げると重心が下がってロールが少なくなる、、、、

どこでも聞ける宣伝文句ですがウソですね(笑)

確かに車高を下げると車体の重心位置は下がりますけど、下げ幅が大きいほどロールセンターのズレの悪影響が大きくなってきます。
悪影響の量が無視できなくなってきたから、この部品が作られたのでしょう、

細かく調べて数字としての設定を見ていないからロジックで考えてる範囲ですが、
車高とアームの角度の設定は走安性に大きな影響を及ぼしているます。
もちろん各自動車メーカーのノウハウも詰まっているトコロでしょう、
ノーマルのアームの位置関係を見ていると、

フロントは1G状態からやや下反、ストロークにより水平からやや上反の範囲を使っているようです。

ここまでは、宣伝文句に出てくる内容ですが、、、、
車高を下げて上反方向にずれたサスペンションアームの角度を下反角方向に修正してロールセンター高を補正するってのは理解できるのですが、

でもね、、、、良く考えてみて!!

アームは良いとして、、タイロッドの角度はどうするのよ??
アームとタイロッドの長さ&角度が等しくて、平行状態ならストロークしてもトゥ角の変化(パンプ&リバンプ トゥ)は”0”になりますが、
タイロッド長さと下反角の設定もメーカー、車種別で狙い所が何かあるはず、、、

簡単にロジックを整理すると、
キングピン軸に対してタイロッドが前にある「前引き」の設定の場合で、ロールセンターアダプターの取り付けでアームの下反角がタイロッドより大きくなると、、、

アームが下反から水平まではハブが外へ動く”外蹴り”でトレッド&キャンバーが増加、
この時にタイロッドの角度が、アームより先に水平を超えて上反すると
バンプトゥInに作用します、

物事を単純に捉えると
ロールセンターアダプターを使ってアーム角度だけを変更するとタイロッドとの角度バランスが崩れて「バンプトゥ特性が変化する」って事です
前引きで1G状態でタイロッドが水平の車高の場合はバンプ-トゥin、後ろ引きならバンプ-トゥOut

E36での実際の運転時の動きはラック&タイロッドが前引きなので旋回初期のフロントのロールが進むと、
与えられたステアリング角に対して ロールにより沈むOut側が切り増してくる動きになるので、旋回初期がクイックになるはず、、、
ストロークに対してトゥ変化が大きくなるはずだから、直進性が低下する可能性も、、

取り付ける前に、ストロークに対するトゥ変化を確認して、メリット、デメリットを調べて理解しないと、ちょっと怖いかも!?
メリットはロールセンターとストロークによる対地キャンバー変化の適正化
デメリットはアームとタイロッドの角度の関係が変わることでトゥ変化の特性が変わる事、

で、さらに調べていくと、、、、
車種違いでも調べていくと某大手パーツメーカーはロールセンターアダプターと延長タイロッドをセットで販売している、、、
これなら納得できるなぁ~、バンプトゥを考慮したから対策部品も作った訳だし、、

延長タイロッド無しで行くならバネレートを上げてストロークを短くしていけば悪影響は最小限になりますが

「足を動かさなきゃ悪さ出来ねぇだろ!!」(笑)

これじゃ本末転倒だよ、、、orz

って考えてると、、、現状での車高設定幅ってかなり狭い範囲になります。
僕が車高を下げない理由の一つです。
車高の設定は影響が少ない範囲で美味しいトコロを探っていく作業でしょうね、、、

強度的なところも未知数なので安易に導入するのは怖いです。
足回りですから、走っていて壊れたら笑い事じゃ済みません、
実際にボールジョイントタイプのロールセンターアシャスターが走行中に破損した例も聞いています。

さらにフロントとリヤのロールセンター軸を結んだ車体のロール軸設定が変わってしまいますよね
「フロントだけ変更してリアはそのまま」って大丈夫?

以上のことから
①バンプトゥ設定を無視した部品なので旋回特性、直進性に悪影響が出る バンプトゥが調整可能なタイロッドが必要
②製品強度に関して不安が残る(破損例あり)
この2点だけでも見送り決定ですね、

文字ばっかりで解りにくいからイラスト入れて追記しました。
E36 325I CABRIOLET & M3 「バンプトゥを考える」

ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です