進む先はどっち?

今のフレーム技術のトレンドはアルミスペースフレームとカーボンモノコックです
求める物は材料置換での軽量化と高剛性、衝突時の衝撃吸収による生存空間の確保

どのメーカーがどの道を選ぶか楽しみにしていたんですが
トヨタはカーボンモノコックを選ぶみたいです、

三菱が開発中の国産旅客機計画にトヨタが提携したそうです
トヨタの提携の目的はカーボン技術と量産ノウハウでしょうね、

ドライカーボンモノコックはコストと生産性を無視できる単品制作に近いスポーツモデルに限定的に採用、(マクラーレンとか)
一般的な車ではコスト高で重心位置と重量分布の改善に採用するのがいいところ(フェラーリ、ポルシェ、BMW、、、)
トヨタの軽量化は万人に理解しやすい「燃費」を売りにプリウスやカローラで採用したいんでしょうね、
東京モーターショーでカーボンモノコックフレームが参考出品されていたし

トヨタの販売数量で量産に入ったら数量効果で単価が一気に下がって普通の材料になるんだろうなぁ~

乗り物で絶対的な支配力を持つのは重心位置と重量なんですよねぇ~
どんなに頑張っても、電子制御てんこ盛りでも物理法則に喧嘩売って勝てる訳ないしね(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です