なかなかコンバージェンスが寄って来ない

今週末はハスキーでグライダー曳航します

今日のお天気は、、、
sketch-1556320087228

昨日、雨を降らせた前線を伴った低気圧は東に進み
大陸から高気圧が移動してきます
東北地方の低気圧はほぼ停滞していて影響はしばらく続きそうです

sketch-1556320366446
関東地方沿岸部では雲が広がり雨が降っていますが、
低気圧と前線の東進により天候は回復し北西風が吹く一日になりそうです

850hpaの高層天気図では
sketch-1556320315587
前線と低気圧の影響による湿域が日本を広く覆い
上昇の寒気を引き込んだ事により冷え込み
昨日は日本海沿岸部及び山間部に雪を降らせました。
今後、低気圧の東進と共に寒気も北上して気温は平年並みに回復すると思われます

上空の風は西北西で15ktであまり強くはありません

sketch-1556320405104
現在、雲量が多く雲低高度が低い状況ですが
今後の天候は回復方向でフライトは可能ですが
北西風が8m/sの予報が出ているので注意が必要です

サーマルの予報を見てみると
sketch-1556322313570
エマグラムでの逆転層は10000ftですが
4000ft付近から気温と露点の差が3度以下になり雲が出来やすい状況
6000~13000ftは気温=露点で雲の中

sketch-1556322377997
サーマル上昇限度は4500ftで

sketch-1556322423834
上昇速度は450~550ft/m

日射量勝負になると思いますが
昨日の雨で地面が濡れているので、
地表の暖まりが悪くサーマルの動き出しは遅くなり
予報ほどサーマルは活発ではないと思います。

地表付近の風を見ると
西高東低の冬型で北西風は
「地形要因のコンバージェンス」が考えられ
sketch-1556322539368
BL Windを見ても板倉付近から南南東は風速が低くなり

sketch-1556322625471
Updown mothonでは板倉上空から南南東方向の風の収束帯に帯状の2m/s位の上昇帯(コンバージェンス)が予報されています。

コンバージェンスに期待しちゃう条件ですが
5000ftの風は西北西10kt位は吹いているので風下側に曳くときは深追いしないように注意が必要

機体を滑走路に出して準備中
DSC_2169
だいたい天気予報のイメージ通りの空ですね
風はまだ吹いていません
予想より日射が強いから早めの時間からシッカリ対流するかも!?

と、、、思ったのも束の間
雲量が一気に増えて空を覆い
DSC_2178
日射不足でサーマル昇らない

それならば気流が荒れているのを覚悟でコンバージェンスを探して板倉から風上になる北西の空を探すと

DSC_2180
コンバージェンスラインは板倉のちょっと北西にあるけどなかなか寄って来ない

DSC_2183
小山上空にはエコーを伴ったデカい積乱雲が居座っているからかな?

16時頃に小山上空に居座っていた積乱雲が崩れて無くなり、
ようやく北西風が吹き込み
板倉上空をコンバージェンスが通過中
DSC_2184

DSC_2185
「板倉北西風定食」の時間です。

前半の悪条件でも諦めず夕方まで粘った2機が
5000~7000ftで日没ギリギリまでフライトを楽しめたようです、


ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です