E36 325i Cabrioret 電動ファン修理 「ファンの取り外し」

先日、対向車の巻き上げた水飛沫を喰らって壊れちゃった電動ファン
調べてみると結構高いんですよねぇ、、、、

普通に修理工場に出したりディーラーに修理に出したら5~7万コースってトコでしょうか?

壊れたのはファンだけで、モーターもフレームも無事だったので、現物修理しちゃいます
とにかく、電動ファンの取り外しから

初っ端から結構面倒な事になります、
部品の場所的に「車をジャッキUPしてバンパー下から攻めれば抜けるだろう」って考えてアンダーカバー外して
電動ファンを固定している8㎜のスクリューボルトを外して下から抜いてみたら

バンパーレイフォースに引っかかって抜けない、、、orz
知恵の輪みたいにアレコレ角度を変えれば抜けるかとコネてみたけどダメでした。

結局、面倒だけどバンパー外さなきゃダメ
(パンパー取らないで電動ファンを取り外す方法があれば教えてください、、、)
バンパーの取り外しは簡単だけどモール等の子部品壊しそうで嫌なんだよなぁ、、、

バンパーの取り外しは
①ナンバープレートを取り外して、バンパーモールをマイナスドライバーで抉って外す。
DSC_6071

②左右のタイヤハウス前面の8㎜のスクリューボルトを取り外して タイヤハウスカバーとバンパーの引っ掛かり(嵌め合わせ)をマイナスドライバーで外す
DSC_0472

③バンパーレインフォースとバンパーショックアブソーバーを繋いでいる13㎜のナット x4を取り外す
DSC_0474

④少し引っ張り出した状態で、フォグランプと外気温度センサー(バンパーダクトに刺さっています)のコネクターを取り外す

DSC_0470
これでバンパー一式ごっそり外れます。
同じ高さの台を置いてその上に乗せると楽ですね~

バンパーさえ取ってしまえば後は簡単

DSC_0467
ファンシュラウドの下の電動ファンのコネクターを外す
DSC_6069

DSC_6070
電動ファンを取り付けている8㎜のスクリューボルト x4を取り外して電動ファンを引き出す

DSC_0466

DSC_0467
ファンシュラウドを止めている8㎜のスクリューボルトの下側左右2か所と
中段右側1か所を外して、

DSC_0469
シュラウドに挟んで固定されている電動ファンコネクターを取り外す

DSC_6072
これで電動ファンの取り外し完了
新品交換の人はこの後逆の手順で組み立てれば作業完了です。

取り外した電動ファンを修理のために更に分解
DSC_6081
中心軸部分のクリップをマイナスドライバーを使って取り外す、
DSC_6083
トバして無くさないように!!

DSC_6084
これでモーターとファンを分離できるので、ファン本体の修理に取り掛かります。

ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です