E36 M3 Koni Sports 減衰力設定 ⑫

久しぶりにワインディングテスト
ここまで減衰率を下げるとさすがに運動性への影響が気になるので遊び場に行ってみる事に

途中の経路の乗り心地はもちろん快適♪

ところが、、、、積極的に動かし始めるとレスポンスが鈍く、
姿勢変化はオーバーシュートしてからはね返ってくる動き、

アンダー&オーバー+トラクション抜けでスコンとリアが抜ける
姿勢変化スピードが早過ぎる、完全に減衰不足の動き(笑)

リアの減衰不足が発覚した時点であっさりテスト終了、、、
Koniは車から外さないとしないと減衰調整出来ないので出先での対応はチョット面倒です

とりあえずフロントの減衰力だけ強めて「使える最弱減衰力」を探る
まぁ、、、操縦性は走らせる前から予想できますね、、、
「フロントが残ってリアが流れる巻き込むようなオーバーセッティング」

まぁ、、、物は試しで走らせると
予想通りのパワーONでのリアロールオーバーが強調されて単に危ないだけ
減衰力を高めて”擬似的”にロール剛性の高いフロント(単にストロークスピードが遅い「動かない脚」)に
リアが振り回される感覚
ステアリングだけでドコまでもグイグイ回り込んじゃいますが、
リアが落ち着かないのでペースを上げるとイヤな雰囲気がしてきます。

「アンダー出ないから調子に乗ってフロント任せに旋回に放り込んでいると、突然リアが無くなってクルリ、、、」って感じがします(笑)

さすがにプライマリーレートに対して減衰率34%(対加重平均レートだと30%)は動き過ぎでした
とりあえず最弱コンフォートが34%って事を確認、普通に走るならこの辺りが最高です。

好みは34%以上36%以下って事になります
もうちょいで減衰率設定が見えそうです

ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です