E36 M3 天井張替え♪ ②

さて、、下地が出来たトコロで張り込む生地を探します。

アルカンターラで仕上げたいんですが、
伸びない生地を立体に張り込むのは難しいんですよね~
初心者が生地に求める条件はただ一つ縦、横に良く伸びる事
この一点です!!(笑)

もちろんタイラップには生地の知識なんてありませんので、
単身、手芸店に乗り込みますっ!!

ピンク色の外装にフリルがフリフリの女の子向けのお店、、、
ここに乗り込むのか、、、

意を決して 扉を開き

「たのもー!!」

ううっ、、、女の子しかいない

視線が刺さる、、、

ば、場違いなのはわかっているんですっ

はづかしい、、、

下を向きながら生地コーナーで探してもイマイチわからない、、、

こうなったら店員さんに助けを求めます、
アルバイトっぽい女の子を捕まえて
「伸びやすくて黒っぽい生地を下さいぃ~」

「何を作るんですかぁ~?」

「えぇ~車の天井でぇ、、、あれこれうんぬん、、、」

何とか欲しい仕上げのイメージを伝えて材料を選んでもらって

合成綿とニット生地を購入

あぁ~はづかしかった、、、

何とか材料を入手出来たので早速作業の続きです♪

下地を仕上げた天井ボードに合成綿を張り込みます
使用するポンドは住友3M「111」

合成綿をボードに合わせて大まかに切り出して

HI3C0195
HI3C0195

ボードと綿の両面にスプレーして、、、
張り合わせ

HI3C0197
HI3C0197
HI3C0196
HI3C0196

余計な部分を切り落として1層目完了

HI3C0198
HI3C0198

意外と簡単ですねぇ~♪

続けてニット生地を広げて大まかな位置決め

HI3C0199
HI3C0199

しかし良く伸びる生地です、、、

位置が決まったら折り返して4面分割で張り込みます~
使用するポンドはコニシ「Z3」スプレーで広い面積を薄吹き出来ます。

HI3C0201
HI3C0201

これも同じように薄く両面に吹き付けて張り合わせて行きます。
Rのキツいトコロは再スプレーして接着力を強くしてシワにならないように引き絞り
不要な部分をハサミで切り落として

HI3C0202
HI3C0202

真ん中のサンルーフモーター&スイッチパネルはアルカンターラを張ってみました♪

コレで天井内装の出来上がり~

HI3C0207
HI3C0207

まぁ 最初の一枚目ですから仕上がりはイマイチ、、、

ウエザーストリップのルーフ部分を外して

HI3C0205
HI3C0205
HI3C0206
HI3C0206

天井を助手席側から車に入れて、

HI3C0208
HI3C0208
HI3C0209
HI3C0209

ウエザーストリップで挟み込んで天井を釣って、一気に組み上げて完成!!

HI3C0210
HI3C0210
HI3C0211
HI3C0211

コツは十分掴んだので、次回はもうちょっと上手に仕上げます~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です