ホンダエアポート 80%零戦、、

先日の土曜日は自作機航空協会の会長さんに合いにホンダエアポート(桶川飛行場)に行ってきました♪
1200に飛行場で待ち合わせのお約束、
遅れるのはイヤなので、チョット早めの0700に出発!
今日も叔父のシグナスの運転手(笑)

ナビに導かれて東名、首都高、関越を走り、渋滞にもまれ、1000頃に到着、
久しぶりのお仕事している飛行場です。
ホンダ航空が所有するこの飛行場、ホンダ航空のフライングクラブ、消防ヘリ、スカイダイビング、個人所有の小型機、飛行船と
バリエーションに富んだ運航状態、、、
結構忙しそうです、、、

まぁ、コレだけイロイロあるとジュース片手にフラフラしているだけで結構楽しめちゃいます。

1200チョット過ぎに無事に合流、自己紹介と飛行機話で盛り上がり、自作機を見せて頂く事に、、、

HI3C0130
HI3C0130

80%スケールの零式艦上戦闘機、ゼロ戦です、、、
この機体、設計図を引いて一から作っちゃったそうです(笑)

HI3C0135
HI3C0135
HI3C0136
HI3C0136

機体の構造を見ていくと、、、マジっすか、、、,orz

搭載されているエンジンは流石に星型は無理なので、
何を入れているかと思えば

HI3C0132
HI3C0132

ライカミングIO-520っぽい、、、水平対抗6気筒のインジェクション、排気量は8Lほどで280ps程、、、
タイラップが乗っていたセスナ172はO-320で5L 150ps程ですから、、
遥かにデカイエンジンです。

プロペラは可変(定速)ピッチの3枚プロペラ

機体は80%スケールなので小ぶりで、叔父のFK-12と同じくらい、
もちろん翼面積も小さく、意外と翼厚は薄い、、、
舵はフラッター防止の100%バランス仕様
フラップ無し
油圧の引き込み脚

設計した終局荷重(これ以上のGを掛けるとバラバラ)は9G
安全率1.5とっても6G、、、

小さくて丈夫な機体に小さな翼、エンジンは大出力、

高翼面荷重、高出力、、、
エアレーサーみたいなスペックですね、、、

「コレって、結構速くて、難しい飛行機ですよね、、、」って話を切り出したら、、、

にやり、、、、

あ、、、確信犯ですよね(笑)

製作者のご好意でエンジンを回して、タキシングを少々
もうソロソロ初飛行を行うそうです♪

自作機でココまで作っちゃうって、、、イイのか??
FK-12が可愛く思えてきました(笑)

世の中には凄い人が居るモンです、、、


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です