E36 キャンバー調整ボルト

純正部品で面白いボルトを見つけました。
p1
フロントのナックルとストラットを繋ぐ3本のボルトのうち、
上側の長いボルトです

一見して普通のボルトですが、
定規を当てたり、テーブルで転がすと違いがわかります、

微妙に偏心しています、
ノーマルのアッパーマウントを使っていてもこの偏心ボルトで微調整は可能です
更に、下側の2本のボルトの場所にシムを作って挟めは、キャンバーの調整幅は広がります♪
シム厚で大まかなキャンバーを決めて、偏心ボルトで微調整すればOKかなぁ~
アライメントの調整範囲が広がればフロントとリアのキャンバースラストの差を
上手く設定出来るようになります、
これだけでも旋回特性が変えられるから好みに合わせられるかも!?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です