カテゴリー別アーカイブ: Other aircraft

お誕生日プレゼント

土曜日の夜は東京ヘリポートからナイトフライトを楽しんできました♪

お友達へのお誕生日プレゼントです

「朝日ヘリコプター」が不定期運航しているナイトクルーズ

機体はフランス製双発タービンヘリコプター AS355
飛行ルートは東京ヘリポートからお台場を左に見て東京タワーへ
山手線を右回りに東京を巡ります
15分程で山手線一周ってトコです

飛行高度は2000feet(600m)

空からの東京の夜景は綺麗です、、、

HI3C0173
HI3C0173

お台場方面

HI3C0167
HI3C0167

東京ドーム

HI3C0170
HI3C0170

丸の内

さすがに携帯カメラじゃ無理かぁ、、

形に残らないプレゼントですが、
良い思い出となれば幸いです、、、


天駆けるクジラ、、、

日本飛行船(株)籍に置く日本で唯一の飛行船、「ツエッペリンNT」、
高校時代の友人が操縦士として乗務しています。

ゼロ戦の周りでウダウダと遊んでいると、、
西の空から飛行船がゆったりと飛んできます

着陸後、落ち着いた頃を見計らって、、、、
お仕事の邪魔をして見学させていただきます(笑)

友人に引率されて飛行船の傍に、、、

HI3C0128
HI3C0128

段々と近づいて行きますが、大きさのイメージが無いので、遠近感がオカシクなります
飛行船は学生の時に数回、空で逢った事がありますが、こんなに傍で見るのは初めて、、、

HI3C0146
HI3C0146

飛行船の下に入ると、、、、
ありえない大きさの物体が風に吹かれて無音で浮かんでます。

HI3C0139
HI3C0139

友人曰く
「今の飛行船の重量は全体で300kgにsetされて、係留しているんだよ~」
との事、、
こんなデカイ物が300kgですか、、、

HI3C0138
HI3C0138

地上に係留されているときは、巨大な吹流しなので
尾輪部分を押すと、巨大な飛行船がゆっくりと動きます!!

大きさのイメージを掴む為に、飛行船の諸元を調べてみると

全長   75.1m     25階建てのビルと同じくらい、、、
全幅   19.7m     サランラップ1本分、、
全高   17.5m     ガンダムとイイ勝負
ゴンドラ全長 10.7m   マイクロバスくらい、、、
最大客席数 12席     広々~♪
最大搭載荷重 1900kg   満席状態でも、2時間位の宴会セットは持ち込みOK!?
エンジン出力 200Hp×3基 船体左右と尻尾、各一箇所に1個のエンジンですね
最大飛行速度 125km/h   意外と足は速いんです
巡航高度 300~600m    遊覧飛行にはもってこいの高さネ
最大航続距離 900km    東京から青森くらい??
最大上昇限度 2250m    富士山5合目のちょっと下です
通常飛行時間 6時間    その位で勘弁して
最大飛行時間 24時間    流石に飽きるって、、

「25階建てのビルが横たわって浮かんでいる」って感じですね~
船体に触れてみると、運動会のテントみたいな生地で出来ていて、触感は”ぷにぷに”してます(笑)

HI3C0140
HI3C0140

ヘリウムの詰まった「でっかいエンジン付きの風船」って事は十分理解しているんですが、
エアライン機みたいにエンジン吠えさせてブッ飛んで行く訳でもなく、音もしないで浮かんでいるのは現実感が薄れます、、、

地上での係留中の保守管理の話を聞いてみると、優雅に天駆けるクジラの面倒を見るのは大変だそうで、、、

船体の中はヘリウムを詰めたガス室と形状維持の空気室で出来ているので、
気温、気圧が変化すると体積変化を起こして、船体形状が保てなくなるので、船体気圧と保つファンが24時間稼動し続け、

外気の気温、気圧が変化すると、船体浮力が変わるので、浮力を一定に保つ為に、人力でバラストを調整
もちろん雨が降れば、水滴分だけでも200kgは重くなるので、バラスト調整
雪が降った日には、2tonもの重量になるので、徹夜で雪下ろし&バラスト調整、、

最低でも2名が24時間張り付きで面倒を見ているそうです、、、
聴くも涙、語るも涙の苦労話です、、、、

グランドスタッフの根気と努力で維持している飛行船、スケールのデカイ話です。

さてさて、続きまして、キャビンに入ると、、、
凄いのは、窓の大きさ、、、電車くらいの大きさです!!

HI3C0142
HI3C0142

空飛ぶ乗り物でココまで窓が大きい乗り物は他には無いでしょう、

HI3C0145
HI3C0145

キャビン最後部にはパノラマビューですよ♪
フライトの時はエンジンが遠くにあるのでキャビンは静穏、巨大な船体で安定性は抜群、
遊覧飛行は最高でしょうね♪

さて、、、オタノシミのコクピット

HI3C0143
HI3C0143

おお~っ 流石は最新鋭飛行船!!グラスコクピットだぁ~♪
全く想像も出来ない操縦方法を教えてもらうと、、、
左のスティックでピッチングとヨーイング、、、ラダーペダルが無いんです!!
そりゃそうだ、、飛行船は船と同じ原理で曲がるので飛行機みたいに”ロール”する必要が無いじゃん(笑)

そのかわりにエンジンは3機、にプロペラ4枚!!
エンジンは機体の左右に1機ずつ、後部に1機、

HI3C0137
HI3C0137

後部エンジンには機軸方向とは別にヘリのテールローターそっくりなプロペラが付いてます

低速領域は、3つのプロペラをチルト(傾けて)前進、後退、
ピッチ(推力)を変えて上昇、降下
テールローターをコントロールして左右旋回

高速域はエンジン3機を機軸に合わせて推力として、尾部の3枚の舵でコントロールってコトだそうです。

チルトローター機(V-22オスプレイ)と潜水艦を合わせたような操縦方法なんですねぇ~(笑)

タイラップは、飛行船の「上昇と降下」ってガス詰めたり捨てたるするのかと思っていたんですが、、、
「捨てたらもったいないでしょ!! ヘリウム高いんだから」ってお話でした。
大体300kg~-100kg程度に浮力調整して、エンジン推力と船体で揚力を作って飛んでいるそうです。
コレなら推力調整で自由に飛びまわれますねぇ~

もちろん、ヘリウムで浮いているので、エンジンが止まっても墜落出来ません(笑)
気嚢(船体)も裂け目が出来てもストッキングみたいに「伝線」しない構造なので、ガスが一気には抜けないらしい
ヘリウムだからもちろん燃えないし、、、
安全性は一番かも、、、

んん~飛行船も乗ってみたい!!
雨上がりで空気が澄んだ東京のナイトクルーズを想像しちゃいます、、、
以前東京ヘリポートから乗ったヘリのナイトクルーズより優雅ですね~


検査完了♪

あっという間に検査完了、
まぁ普通に健康なら大丈夫な検査です
身長、体重、近視力、遠視力、視野、眼鏡の屈折度の測定、尿検査、血圧、心電図、握力、バランス、問診、などなど、、、

一通りの検査が45分で完了!!
ちょー早いっ(笑)

わざわざ羽田空港まで出て来る理由は、この仕事の早さです♪

他の先生じゃ下手をすると1日付き合わされちゃいます。

まぁ、問診の時に釘を刺されたのは、
「BMIが30.1はちょっとねぇ~ メタボの定義って25からなんだよ、、、」(笑)
「えぇ~っ!!僕、メタボだったんですかぁ~」
↑(とりあえず惚けてみる)

「どう見てもメタボでしょ~とりあえず痩せなさい!!」

やっぱり(笑)

「まぁ合格ですが、下の血圧が高いからねぇ~ まだ若いからいいけど、このまま歳取るとイロイロ出て来るからね。」

「高血圧でメタボで糖尿」コースって事なんですね、、、orz

「下の血圧が高めのメタボ、順調にヲッサン化が進んでる」って事が医学的に認定されてしまいました。

検査が終わって展望レストランで一息、
飛行機を眺めながらお茶は毎度の身体検査後のお楽しみ♪

HI3C0492
HI3C0492

着陸機を眺めながらチーズケーキとコーヒー♪
イイ感じ

あ、、明日から頑張ります、、、


人間も点検です

今日は仕事をお休みして羽田空港に来ています♪

HI3C0490
HI3C0490

目的は「第一種航空身体検査」の更新です。
航空機を飛ばすには免許証(正しくは技能証明)の他に身体検査証明書が必要になります。
まぁ「人間の車検」です「妖しいヤツは飛んでもらっちゃ困ります。」って事ですね

この身体検査証明は2種類ありまして、、、
自家用操縦士は第二種航空身体検査
事業用操縦士は第一種航空身体検査

タイラップは仕事してないけど事業用操縦士なので第一種航空身体検査証明が必要になります。

で、この「航空身体検査」ってヤツは町のお医者さんで「ホイホイ 合格♪」って訳にはいかず、
運輸大臣により定められた「航空身体検査指定医師」によって認められなければなりません。

って事で羽田空港の第一ターミナル(Big-bird)の東京空港診療所にお出かけです。

さて、そろそろ予約の時間
検査に行ってきます♪

「顔が猥褻かつ行動が卑猥」って所見で落とされちゃったりして(笑)


土曜日の富士は、、、

朝の9:30頃からタイラップ弟に運転をまかせ一路、富士スピードウェイへ、、、
246を西に進み、ふもとまで雪で白くなっている富士山が近づいてくると、空気に冷たさが増してきます。

10:30頃に会場入り、、、
お友達の飛行機のブースに遊びに行きます。

HI3C0241
HI3C0241

今年は場外離着陸上場の申請が上手くいかなかったようで、展示飛行は残念ながらありませんでしたが、
エンジンを見やすく展示してありました。

HI3C0228
HI3C0228

HI3C0229
HI3C0229

エンジンを覗き込んでみると、、、何でターボが付いてるのさ!?(笑)

去年はNAだったでしょ、、、
性能的には日本国内でULPにターボなんて必要ないのにねぇ~
はいはい、、、海外向けの商品企画ね、、、
「まぁ、とりあえず過給から♪」って社風なんでしょうね!!
もちろん好きですよ、無茶な性能って(笑)

お隣のレボルフェさんのブースにご挨拶してから、スタンプラリー&全ブースを覗きに出発、
妖しい車が、ここに、あそこに、、、(笑)

HI3C0231
HI3C0231

「速い車」系のイベントなのに何故か可愛らしいスマートが、、??

HI3C0230
HI3C0230

ラゲッジスペースになぜか飛び出すシリンダーヘッドとコレクタータンク

覗き込むとリアアクスルとミッションの間がチェーン駆動、、、
エンジンがGSX-1100に換装されています!!
乗ってみたいねぇ~!!
バイクのユニットだから140ps位+シーケンシャル6MT、、、急ブレーキ掛けたら前に転ぶんじゃないのコレ(笑)

会場を回っていて、特に気になったのがスプーンS2000
ハードトップにGTウィングが似合ってます。

HI3C0236
HI3C0236

仕上がりも綺麗でした。

HI3C0239
HI3C0239

後姿はZ4クーペにそっくり

バンパー&フロントフェンダー、GTウィングをもう少し地味にして、仕上げれば好みかなぁ

HI3C0237
HI3C0237

スプーンのパーツで、コレは良さそうです!!
アッパーアームのボディ側の補強パネルです、アーム取り付け剛性がかなり良くなりそうです。
説明を聞いたらハイテン鋼(高張力鋼)のプレス部品で結構入ってます。
メーカー純正パーツの様なクオリティです。

ピットに廻ってみると、GT300車両が走行前の準備に取り掛かってました。
人の列をすり抜けて、眺めているうちに傍にメカニックらしきオジサンが、、、
目が合った瞬間に捕まえてダメ元の正面勝負で「見せてください!!」
言ってみるものですね、、、「端っこで邪魔しないようにね、、、」って事で傍で見せてもらいました

HI3C0244
HI3C0244

HI3C0248
HI3C0248
HI3C0246
HI3C0246
HI3C0247
HI3C0247
HI3C0256
HI3C0256
HI3C0252
HI3C0252

HI3C0253
HI3C0253

丁度、エンジンを回しているタイミングだったので、久しぶりにレースエンジンの音を聞いてきました。
IS350とZ4が2台でハモってました(笑)
アイドリングだけでも直菅パイプ(笑)みたいな排気系なので超爆音!!
ブリッピングが2台で始まると、もう音じゃありません、、、耳が痒くなります
レスポンスも鋭く、「バンッ、、バンッ、、」って吹けてます!!
やっぱり公道仕様とはまったく違いますねぇ~
聴き惚れてました、、、

で、しばらくすると雪で走行は中止、、、残念、、、
表に出てみると、雪ガンガン、、、

HI3C0258
HI3C0258

最後に、ご招待のせめてもの恩返しって事で、邪魔にならない程度に、お友達の展示機体の撤収のお手伝いをしてきました~

気が付いたら17時過ぎ、、、一日みっちり遊ばせて頂きました
 寒かったけど楽しかったよぉ~また来年も楽しみにしています♪
 ありがとねぇ~