VFR機の限界

今週末はグライダー曳航です

お天気はイマイチ、、、
最初に天気概況を見てみると

sketch-1553898747526
東北付近に高気圧があり東に30km/hで移動
九州付近に低気圧があり東北東に35km/hで移動
日本の南に停滞前線が東西方向伸びています、

850hpaの高層天気図を見ると
sketch-1553899032169
前線と低気圧に伴う湿域が見られ
-6℃の寒気は福島県付近まで南下し冬に逆戻り
東北地方では雪が降る冷え込みになっています

低気圧及び停滞前線の影響により広い範囲で雲に覆われていて
レーダー画像を見ると
sketch-1553899092298
九州南部から沖縄、日本海西部は雨となっています。

今後の推移を予想天気図で見ると
sketch-1553899132984
西から低気圧の接近と前線の通過により天気は下り坂傾向
関東地方には湿った北東風が吹き込む事により雲は取れず、
山間部では所により弱い雨

sketch-1553899181047
20~21時頃に前線が通過し一時的に荒れた天気が予想されます。

今日は
「ソアリングより飛行可能か?」
「天気が崩れるのは何時か?」
の方が大切なので
MeterとTAFを見ると、、、

成田の0700時のMeterは
sketch-1553899682510
北よりの風340度から9kt
310度~020度の風向変動
視程10km以上
1/8の積雲が1500ft
6/8の積雲が2000ft
7/8の層積雲が4000ft

横田の0656時で
sketch-1553902135148
北北東の風020度から4kt
視程 10マイル(16km)以上
8/8の雲1800ft

VMC(有視界気象状態)ですが
雲量と雲高が厳しい状況

TAFを見てみると
成田の0726発表の予報では
sketch-1553899875219
北北東の風020度から8kt
1~2/8の雲が1200ft
5~7/8の雲が2000ft

11~14時に掛けて次第に風が東より変化し140度12ktになり
21~24時には340度16kt 視程2000m で雨と靄(もや)
1~2/8の雲が500ft
5~7/8の雲が800ft
やはり21時頃前線通過を予報していますね

横田も似たような予報ですが
sketch-1553900036104
成田より東に位置するので前線通過に予想時間は1時間ほど早いですね

今日はやはり日中は低い雲が一日取れず、
所により弱い雨の寒い一日
夜には低気圧の接近と前線通過により雨ですね

とりあえずVMCですが、
VFR機(有視界飛行方式)で出来る事は飛行場周辺での離着陸練習くらいかな、、、
低高度で這うように飛べば関東地方~伊豆諸島の範囲での移動位は出来るけど
楽しくは無いかなぁ

インストラクターと一緒に飛んでMeter情報に対する現実天候を体験して「お天気相場感」(ヤバい感)を掴むのも良さそうです。

視程10km以上
1/8の積雲が1500ft
6/8の積雲が2000ft
VMCなので実際に飛んでみると、
これだけ厳しい状況になります。
DSC_2071

DSC_2072

積雲ってMeterには出ていたけど、
実際は湿った北東風が関東地方に吹き込んでいるので靄の中に積雲が混じっている状況
「なんか視程悪いなぁ~」なんて飛んでると突然雲に飲まれます(笑)

飛行場の近所なら飛ぶけど、遠出はキツい
VFR機ってやっぱり天気に弱いよなぁ


ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です