ピエロギ♪

トラムに乗ってやってきたトルン旧市街
昨年も来ている街なので結構得意です(笑)
トルンの町は世界遺産に認定されている古要塞都市
14世紀くらいの建物も残っていて町を歩くと「ドラゴンクエスト」な気分を満喫できます。

で、、、とりあえず腹ごしらえって事で
昨年からのご用達「Pierogarnia Stary Torun」(ピエロガルニア スターリ トルン)に入る
(右上のenをクリックすると英語に変わります)
p1
このピエロギって食べ物ですが「ポーランドの餃子」です。
小麦粉を練って伸ばした少し厚めの皮に、ひき肉、野菜、チキン、チーズなど好みの食材を詰めて茹でた料理
他にもジャム&クリームチーズなんて甘いやつもあります
昨年はこのピエロギをオーブンで焼いた”タンブリング”を食べていたのですが、
「今年はトラディショナルなヤツを攻める」って方針で、普通のピエロギを注文
中身の具は、ポテト、ベーコン、オニオンのKOWARAを注文
p4
で、、、このお店「お通し」が出るのですが

p5
パンとペーストとピクルス
この白いペースト 肉を炒めた際に出る肉汁&脂に、炒めた刻みベーコンとタマネギを加えて塩コショウで味を整えた物

こいつをパンに塗って食べるんですが、、、
「そんな脂ギッシュなヤツ喰えるかっ!!」って思うでしょ、、、
美味いんですよ、、、、
ちょっとコッテリしてきたらピクルスをカジッてサッパリと口直し、止まらなくなります

喉が渇いてきたところで、飲み物が到着、、、
p6
なんだか緑色の瓜っぽいヤツが浮かんでいる、、

昨年は毎回レモネードだったのに、、、

”僕のお姫様”カーシャに「コレは何?」って恐る恐る聞いてみると
「きゅーかんばー♪」って一番聞きたくない答えが
実は”きゅうり”ダメなんです。青っくさくてねぇ、、、、
(青臭くないピクルスはOKなんですよ)
それを「きゅうりネード」だなんて、、

速攻でレモネードに手を伸ばそうとすると
「これ私大好きなの」(にっこり)ってグラスを勧められて、一瞬で退路が完全に絶たれる

ひぃぃ、、ッ いくら可愛いカーシャのお勧めでもキュウリは、、、って一瞬戸惑った隙にグラスを取りかえられちゃう

(お姫様は実はかなり強気且つ強引である)

で、、、覚悟を決めて飲んでみると
あれ、、青臭くなくて普通に美味しい!?
キュウリってより「メロン風味で甘さ控えめ気持ちスイカ味 ネード」(笑)
はぁ、、、、良かった、、、

カーシャとキュウリを巡って静かな戦を繰り広げていると、
本命のピエロギが到着
p7
大きさは日本の餃子の1.3倍ほど、 5個も食べれば程よくお腹一杯です。
一緒についてくるソースは炒めた刻みベーコンとタマネギ、
コイツを適当に乗っけて頂きます。

p8
去年の夏の辛口のディアボロ+ビールの方がインパクトありますが
KOWARAスタンダードな味付けでナカナカ美味しいです♪
チョット濃い目の料理に口が飽きてきた頃なので、重すぎず食が進みます。
トルンに来たときは是非ともお勧めです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です