E36 M3 カーボンサンルーフ製作⑨ クリアゲルコート塗布

ゲルコートが手に入ったので早速作製に取り掛かりました

前回のFRPサンルーフ作製後の型の清掃からです、
型から製品を抜いた後は、離型材のPVAが残っているので綺麗に取り除きます、
時々FRP部品についてくる青いフィルム状のヤツです
ポリ-ビニール-アルコールって樹脂で水性なので、水で洗えば簡単に解け落ちてしまいます。
(身近なPVAは「洗濯糊」や「合成糊」です)

そして、お決まりの型の離型処理、、、
型の慣れが進んでいないのでワックスをもう一度塗りこみ、表面にワックス層を作ります。
ワックスを塗って、乾かし、拭き上げ x3(縦、横、斜め方向に、、)
次にPVAをスポンジで薄く延ばしながら塗布、、、
ワックスに弾かれるので、スポンジで「塗り延ばす」要領で塗布します。

HI3C0556
HI3C0556

この時点でPVAの青色の染料で手が真っ青、、、

PVAのアルコール成分が揮発して乾燥するまでの間にゲルコート塗布の準備です。

HI3C0557
HI3C0557

コンプレッサーの圧を貯めて、スプレーガンをset 使う材料と溶剤を並べて段取りを確認

準備が整ったところで、ゲルコートの調合
ゲルコートは3液硬化の樹脂なので、主剤、促進剤(コバルト)、硬化剤(パーメリック)を100:0.3:1で混合します。
先ずは主剤をカップに移し、、、

どぶっ どぷっ、、、、、

HI3C0558
HI3C0558

めちゃめちゃ粘度高くないかコレ、、、ツノが立つぞ??
糊みたいな半ゲル状態じゃガン吹き出来ないので、溶剤で薄めます。

スチレンモノマーを加えて粘度を合わせて、

HI3C0559
HI3C0559

次に促進剤のコバルトを混ぜ合わせます。

HI3C0560
HI3C0560

スポイトで計量して投入、ひたすら攪拌、、、

HI3C0561
HI3C0561

とにかく混ざり難いぃぃ、、、

最後に硬化剤を計量投入して混ぜれば出来上がりです。

HI3C0562
HI3C0562

硬化剤と促進剤はスポイトを使って正確に分量を決めていかないと、酷い目に合います。

ガン吹き中に速攻で固まっちゃって、スプレーガンご臨終、
何時までたっても固まらずに、途方にくれたり、、、
あまりにも入れすぎちゃって触れなくなるほど発熱して有毒ガスを煙を吐き出したり(笑)

説明書はよく読んでから遊ばないと、チョット危ないです。

ゲルコートの調合が出来たらガンに移して一気に吹きつけ
入り難い立ち上がり部分から吹き、続けて平場に均等に
吹き付ける量は 900cc/㎡で0.6mm程の厚みになります。今回は0.5㎡程なので400cc吹きつけました。

HI3C0564
HI3C0564

クリアーだと厚みが良くわかりませんねぇ~
吹き付けた後は硬化待ちになるので、今回はココまで
次回は、ライニングから離型の予定です~

お部屋の中で「ガン吹き」して遊ぶときは防毒マスクを着用しましょう♪

HI3C0565
HI3C0565

こほ~ こほ~ 

マスク無しで作業中に「変な汗」が出てきたら、、、ヤバいです、、、
ちょっと換気が悪いとよだれを流しながらバタバタと人が倒れます(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です