E36M3 フロントオーバーハングの軽量化

M3のフロントの軽量化に取り組んでます~
今回は「液物」の容量を削ります♪

フロントオーバーハングに鎮座ましますウォッシャータンク、、、

HI3C0429
HI3C0429

2.5Lの水とタンクで約3kgがぶら下がってます

取っ払うのは簡単ですが「機能」を生かして軽量化が基本方針なのでタンク自体を交換します。

ドイツ本国に発注して入手したBMW純正の小さなタンク
イイ感じです♪
容量は0.9L!! コレだけで1.6kgの軽量化♪
しかも搭載位置も右ストラットタワーの後方
ホイールベース内に移設でマスの集中化にもなります。

HI3C0430
HI3C0430

並べてみると小さいですね~

早速、部品の移植に掛かります

HI3C0431
HI3C0431

ポンプはそのまま古いタンクから移植

HI3C0433
HI3C0433

ウォッシャー液面センサーは穴が無いので移植出来ません、、、

せっかくなんで液体センサーを調べると、
フロートに磁石が付いているだけのシンプルな作り(笑)
耳元で動かすと「ぺこっ」って音が、、、

HI3C0434
HI3C0434

試しにテスターを当てると、0Ωと∞、、、
単なるON OFFスイッチですねぇ~
結線しちゃえばキャンセルかな?

色々眺めているうちに、、、
取り付けられるような気がしてきました
液面センサーが収まる位置を見つけて、

HI3C0436
HI3C0436

HI3C0437
HI3C0437

φ22の穴を空けて、、、
HI3C0438
HI3C0438

簡単に付いちゃいました(笑)
コレで液面センサーもそのまま使えます!!

ごこで問題発覚、、、
取り付けブラケットが無い

ETKで改めて右フェンダーのパーツを調べると、、、
ブラケット発見(泣)

こんな変なブラケット国内在庫は絶望的、、、
ドイツ本国オーダーで3週間も面倒だし、、

オモチャ箱をひっくり返してブラケットの材料を探していると、3mm程の何かのアルミブラケットを発見

HI3C0440
HI3C0440

チョイチョイと加工して作っちゃいました(笑)
HI3C0036
HI3C0036

早速、小さなウォッシャータンクを取り付け
自作のアルミブラケットを右ストラットタワー後に固定、
配線、配管して出来上がり、
ポンプも無事に動き、液面センサーの動作確認もOK
追加工部分からも漏水なし!

HI3C0430
HI3C0430
HI3C0432
HI3C0432

収まりの良さは流石は純正パーツですね♪
少しエンジンルームがスッキリした感じがします。
いい感じです!!

体感できるかって??

これっぽちじゃムリムリ(笑)
体感できない程の小さな積み重ねが違いを生むんです!!(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です