カテゴリー別アーカイブ: パーツ

軽量ホイールのデメリット①

今までサスペンションやボディ補強ばかりに特化してきましたが
あまりタイヤとホイールを考えていませんでした。

p1
僕の今までの方針は、とにかく走行性能、
ホイールを選ぶ時もデザインなんか考えず、一番軽いヤツ!!
TE37を購入した時はカタログすら見ませんでした。

実に単純です(笑)

軽量ホイールのメリットとして言われている事は、、、
バネ下重量が軽くなることにより、サスペンションの路面追従性が良くなり乗り心地が向上する
ホイールの慣性モーメントが減少することにより、加速性能、減速性能が向上
などの理由から、ホイールは軽いことが最優先って考えてきましたが

単純に軽けりゃ良いって物じゃなかったんです、、、、

「インチ&幅キープで軽量ホイールに交換すると何が起きるのか?」を良く考えてみると
① 重量が軽くなるので慣性モーメントが減少して加減速性能が良くなる
② 慣性が減少することにより路面追従が良くなり、乗り心地が悪くなる
③ ②と同じ理由でロードノイズが増える
④ サスペンションが大きくストロークする領域は振動収束が早くなりダンパーの負担が減る
⑤ タイヤ&ホイールとしての固有振動数が上がる(縦バネが硬くなる)

タイヤは空気圧によりレートを作るスプリングなので、ホイールのみを軽量化すると固有振動数が上がります。
同じ10kg/mm・fのスプリングでも900kgの車と1500kgに付けるのは意味が違う事と同じです

今まで重いホイールでタイヤを撓ませて吸収していた路面不正をホイール(バネ下)の軽量化でゴツゴツと素直に拾うことになります。
つまり、タイヤがたわまない分だけ活発にサスペンションを動かすので、路面のデコボコが増えたのと同じ状況になります。

「その分、サスペンションが仕事するから乗り心地は良くなるんじゃない?」って思えますが、
乗り心地に関しては、ホイールの路面追従性は低い方が良いんです。
(タイヤを撓ませればタイヤは路面追従してもホイールは動かない)

不正地を走るバルーンタイヤの動きを見ると路面にあわせて変形してホイールは殆ど動きませんよね
極端な例で路面追従性0%の”航空機”や”未来の浮いている自動車”は山だろうが谷だろうが関係無しですから(笑)

車の運動性は基本的にはサスペンションのスプリングレートが受け持つ領域で
タイヤが受け持つのは、ハーシュネスやロードノイズにかかわる領域らしいです
これはタイヤ銘柄を変更する事で体験できますよね

逆にこの下の振動数帯の乗り心地は(ロールやピッチング、路面のうねり)サスペンションのスプリングレート(固有振動数)を変更しないと変化しません

現状を考えると
純正9kg→TE37 7.2kgで固有振動数が上がる
リム幅 純正7.5j→8J 引っ張り気味でタイヤ剛性が高まり固有振動数が上がる
って状態
走行性能に関しては慣性モーメントが減って良くなっているのは確実ですが、
現状では求める要件が違っていますね、、、

ここまでをまとめて考えると
ホイール軽量化のメリットは
○慣性モーメントの減少により、加速減速性能が上がる
○バネ下固有周波数が上がるので路面追従性が上がりグリップ(トラクション)性能が上がる

デメリットは、、、
○タイヤの個有周波数が高くなる(硬くなる)のでハーシュネス領域の高速道路の継ぎ目やアスファルトの目地段差の鋭いショックを伴う入力が強くなり乗り心地が悪くなる
○同じ理由でロードノイズが大きくなる

競技を行わないロードカーだとホイールの軽量化のメリットは少なく、乗り心地で特に嫌な領域に明らかなデメリットが出るって事です

 ダンパーの仕様変更で「ノーマルホイールから~kg軽量化したので高速道路の継ぎ目を通過するときの乗り心地を直して欲しい」ってオーダーすれば答えてもらえるのでしょうか?
 (「フリクション誤差の範囲だ」って笑われて終わりかな、、、)

 乗り心地を維持したままインチUPするならば、ホイール重量は重くしていくのが乗り心地を維持する方法ってコトになります
(インチUPでタイヤの縦バネが硬くなる分だけホイールの重量を増やして固有振動数を揃える)

 実際に色々なホイールを調べてみると、
乗り心地重視の高級車や純正アルミホイール、チューナー系のアルミホイールは重いんですよ
ポルシェの純正アルミも結構な重量級です。
 激重大径ホイールを取り付けたミニバンやセダンは意外に路面の当りが柔らかく乗り心地が良いですよね、、、
まぁ、大抵は車高下げすぎで大きい段差だとフルボトムしてドカンと来ますが(笑)

逆にインチDownならば縦バネが柔らかくなる分だけホイール重量は軽くする

ロードカーとしてどんなホイールが理想なのかを考えると
「乗り心地が良くて、加減速性能が高いホイール」って事になります、

乗り心地に関してはホイール重量、加減速性能に関しては慣性モーメントが関与するので
重量はノーマルと変わらず、慣性モーメントは少ないホイールが良いって事になりますが
慣性モーメントが減少するとジャイロ効果も薄くなるので速度が上がるほど事情が変わってきます、、、
(今回のホイール交換で高速域で明らかに良くなっています)

って、、、、ホイールの重量すらカタログに載っていない状況なのに慣性モーメント値なんて出て来る訳が無い
残念ながらどのホイールが良いか判りません(笑)
製法と重量を見ながら推測していくしかありません、

2
無難な選択はメーカー純正OPTって事になりますね、

社外ホイールで選ぶならば
競争しないなら、超軽量モデルは絶対に選ばずに、ノーマルと同等もしくは重くなるホイールから好みのデザインで
競争するなら適正サイズでとにかく軽く 銭でタイムを買いましょう♪(笑)

乗り心地を維持したまま加減速性能を上げたいならホイールでチマチマ軽量化するより軽量フライホイールで一気に-8kgの方が簡単でお得ですね
低速トルクが減少するって良く聞きますけど、クラッチを繋ぐ一瞬の慣性エネルギーの違いだけで
(蓄えてる慣性が少ないからストールしやすい)走り出しちゃえば同じです
そもそも燃焼から取り出しているエネルギーは同じですから、、、
デメリットのミッションの歯打ち音(ガラガラ音)も少しセッティングを変更すればほぼ解消できます。

あぁ、、、脱線しました、、、

じゃあ、軽量ホイールの使い道を考えると、、、
「ブレーキローターを大径化して重くなったバネ下をノーマル重量に戻す」って使い方ですね

BMWの純正タイヤ&ホイールは、少し細め(傾向としてタイヤの推奨リム幅より0.5細い)の重いホイールに柔らかくて軽いタイヤを組み合わせる傾向にあります。
(一部のホンダ車もやっていますね)

「ドイツ車の乗り心地」って柔らかめのタイヤ+重いホイールが担っている部分が大きいって事かも知れませんね

続きは軽量ホイールのデメリット②へ、、、

ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ロードノイズ対策

少し時間が出来たので30分で出来る簡単なロードノイズ対策♪
以前、シートレールの固定部分に施工した制振合金(D2025)ワッシャー

シートレールの固定部分だけで思った以上に効果があったので、フロントストラットにも追加したかったのですが、M10の設定しかなかったので見送っていました。

ウインドウォッシャー液を買いに量販店に行ってブラブラしていたらM8がラインナップされていたので、事のついでに一緒に購入。

1000円程度の買い物の予定が3000円になってしまった、、、orz

「余計な買い物したかなぁ、、、」と思いながらも気になっていたロードノイズ対策だったので、手持ちの工具でチョイチョイと取り付け
ストラットのM8ナットの下に挟んで締めるだけ、、、10分ですね(笑)

帰り道にアスファルトパターンが荒い道と普段走る国道を通過してみると、ちゃんと静かになっています♪
フロントストラットはピロアッパー仕様なのでノーマルのラバーマウント仕様に比べ効果がはっきりと出ているんだと思います。

1980円でこの効果ならOKですね♪

MARANGONI Mythos  2nd Impression

300kmほどタイヤ慣らしを実施して空気圧を補正したら良い感じになってきました。
欧州系風船タイヤが好きな方なら、このタイヤお買い得感あります♪
p1m
ピレリより少し柔らかい感じがしてレスポンスはマッタリしていますが
荷重を乗せて「ぐにゅーっ」てタイヤを潰している感覚を伴いながら、スリップアングルの変化が伝わってきて”モチモチ”しながら粘ります。
フロントトレッドが狭まり、リアトレッドが広がったので、ステアリング操作に対してリアの反応が良くなっています。
リアタイヤの求心力が大きくなったような感覚で、車全体がイン側から離れたがらないような動きになりました。

空気圧を調整してから、パワーONでリアが真っ直ぐ行きたがるような感覚はだいぶ薄まり
旋回前半の減速旋回は素直に回り込み 後半は幅を広げた245のトラクションだけを上手く取り出せたような良い感触
前後235に比べれば前半の減速旋回で気持ちオーバーアクションが必要だけど、後が安定したので安心感が増しました。

”きゅー”って絞るように減速旋回しながら出来るだけRを緩く取るような位置に入って、
少しだけイン側の白線を踏む程度に”ヨッ!”と向きを変え、
パワーでリアを”ぐにゅ~”って押し付けてリアの旋回力を出しながら、ステアリングを戻す加速旋回
(ちょっとバイクの旋回に似ています、、、)

イメージそのままの”BMW”らしい旋回で
「リアタイヤ使っています!!」って操っている感あります。

この旋回姿勢が面白いほど作りやすい♪

タイヤの横方向の変形がピレリより大きいので、サイドウォールが変形しきってからトレッド面がリムを引っ張り込む感触が強く
慣れるまではステアリング入力が遅れ気味になりますが、しばらく走れば慣れちゃいます。
国産スポーツタイヤの瞬間芸のような速さの運動性には遠くおよびませんが、
「姿勢を作って旋回を作る面白さ」がこのタイヤを選ぶ最大の利点だと思います

気になる点は、、、
タイヤの横剛性が低いのでリバースさせてしまったときは、おつりを貰い易そうな雰囲気が、、、
「払った金よりおつりの方が多くなる(笑)」って状況になりそうです

しばらく楽しんだ後のタイヤ磨耗を見てみると、、、
思ったより穏やか、
溶けて崩れたりすることも無く磨耗肌も荒れていないので、極端に悪くはなさそうです。

僕がタイヤが溶けるほどの運転が出来ていないって事なんでしょう(笑)

乗心地も良く、姿勢を作りやすい、自分の作るペースには十分な限界性能
週末のワインディングを楽しむには丁度良い中途半端系スポーツタイヤ、
お値段もお手頃なので思う存分楽しめます。

MARANGONI Mythos  1st Impression

昨夜、タイヤを組み替えました、
10数年振りに出番が回ってきたホイールを磨いて、タイヤを組み込む
いろいろ考えてからの仕様変更だったので仕上がりが楽しみです。

p2
早速、タイヤ慣らしと感触掴みにドライブしていきました。
新品タイヤのお楽しみ♪ 
”タイヤ慣らし”は100kmほどの距離を出来るだけGを掛けずに温度を上げないように丁寧に走り
内部構造の慣らしとリム接触面の当りを良くしてタイヤ形状を作り離型ワックスなどが残るタイヤ表面を一皮剥いて、路面との当りを作っていきます。

これが結構変わるんですよね~
100kmほど距離を重ねた後は明らかにタイヤがしなやかになり、ロードノイズも減少していきます。

p4
一皮剥いたマランゴーニ ミトスの感触は、、、
予想通り、、、予想以上のモチモチタイヤでした(笑)
純正サイズのロードインデックス(600kg)からエクストラロード規格の空気圧を求めてFr2.6 Rr2.5で乗っていますが
感触はピレリに限りなく近く、更に柔らかい感じ

ホイールの幅、重量、タイヤ銘柄、タイヤ幅までまとめて変更してしまっているので、単純にタイヤ差だけでのインプレじゃありませんが

①ホイール重量増とタイヤが柔らかくなり、ロードノイズとハーシュネスが減少
荒れたアスファルト路面でのザラザラ感や継ぎ目のガツン!!って入力の角が丸くなります。
特に速度が上がる高速道路での快適性が向上

②フロントのスクラブ値がメーカー設計値に戻ったので路面からのキックバックが減少して直進性向上
轍に取られずに真っ直ぐ走ります。

③リアを広げ、フロントを狭めるタイヤ幅変更でリアトラクション向上でパワーONでアンダーステア方向になるので、乗りやすくなりました

④フロントトレッドが狭まり、リアトレッドが広がるので、ステアリング入力からリアが反応するまでの時間が短くなった

⑤タイヤが柔らかいので、入力後タイヤのしなりが落ち着くまでに時間が掛かる
今までより僅かに早く切り始めないとタイミングを逃してイメージより外に行く

結論として僕的には、当りタイヤです。

タイヤが撓みやすいので、スリップアングルを付け易く維持しやすい 「操っている感」満点です。
柔らかいのでピーキー感も無く、乗り心地も良好
バッチリ好みの方向です。

街乗り+ワィンディングにはオススメです。

MARANGONI Mythos

今使用しているピレリP-ZERO NEROの残り溝が少なくなり、ウエット路面でパワーを掛けると何時でも望むだけパワースライド祭りになりました(笑)
流石にコレはまずいのでタイヤを新調します。

今までピレリを選んでいた理由は、、、
①安い!!(当時はね、、、) 235/40/17を4本買っても7~8万円
②週末のドライブやツーリングなどでワインディングを楽しむには程良い限界性能
③スリップの始まりが早くすぐに滑り出すような感覚を受けるが、そこから先のスキッドまでの領域が広い 
スリップからスキッドへの変化が穏やかな特性 
「操っている感」満載でお気に入りのタイヤでしたが、235/40/17がカタログ落ちのようで入手困難になりました(泣)

で、似たような特性のタイヤを探したんですが、、、
ほとんどの人に進められるのは「ミシュランパイロットスポーツ系」
コレも良さそうなんですが、、、高いんですよ

1年ほどで使い切るって消耗品で10万円超えは正直キツイ、
お金のこと考えて運転を楽しめないんじゃM3に乗る意味がない
タイヤだけじゃなくランニングコストは低いに越した事はありません 
使わない高性能、高機能は脚を引っ張ります

あとは、、、実はミシュランの感触って好きじゃないんですよ、、、
欧州系タイヤに良くあるタイプの「空気圧で剛性を作って荷重による接地面積変化でグリップを作る」感触なんですが

ミシュランってタイヤ表面が硬く感じてグリップ感が少ないんですよ、

実際はスリップ領域が広くて滑り始めてから、スキッドに入るまでに十分粘るんですが、、、
(国産ハイグリップと比べちゃいけませんよ)
なんだか表面が喰わないで、頑張りもせずにツーーーって滑っていきそうな
たぶん、転がり抵抗が少ないんでしょうね、

好きな接地感は荷重を入れている感じが伝わってくる柔らかく”モチッ”とした
チョット抵抗感のある感触で、ピレリはこの辺りが特に気に入っていたんですよ

で、、、イロイロ情報を漁ってみて候補に上がったのは

イタリア製の輸入タイヤのマランゴーニ ミトス(みそす?)
p1m
”柔らかめのモチッ”とタイヤで価格は安い
評判だとピレリP-ZERO NEROよりグリップするらしいです
サイズも豊富で悩む心配なし

銘柄が絞れたので、サイズを考えると
今のところの車の動きで気になっているのは、
「速度が高く旋回時間が長い状態に入ると少しだけリアの落ち着きが少ない事」
車自体がニュートラルで回りたがるような感触なんですが少しばかり過ぎていて、
リアの動きに気を使います

一番簡単な解決方法でリアタイヤのサイズを上げて245/40/17
フロントの面圧を上げて初期レスポンスを少しだけ高める方向も混ぜて フロントは225/45/17にサイズを下げます

ホイールは乗り心地を良くする為にTE37より重い M3純正OPT鍛造フロント7.5J リア8.5Jに変更

最近気が付いたんですが、、、、重いホイールの方が乗り心地が良くなります
会社でその手の人に質問してみたら「バネ下暴れなくなるから乗り心地良くなるに決まってるじゃん」

常識だったらしいです、、、orz

結局 BMW純正OPTのホイールに  Fr 225/45/17 94y(EXL) Rr 245/40/17 95y(EXL)
つまりM3Cと同じ組み合わせ

さて、、、今回のタイヤはどんな世界を見せてくれるのだろうか?

手元に届いたタイヤ見てみるとサイドウォールが柔らかい、確実に欧州系風船タイヤですね(笑)
好みのツボにハマると良いなぁ~

関連情報URL : http://www.marangoni.com/index_en.html

リアタワーバー取り外しとボディ補強のバランス

フロントタワーバーを取り外したフィーリングが良かったので、リアも取り外してみました。
p1
タワーバー有りの状態だとやはり突っ張り感が気になりますね、、、
タワーバーがあるとシッカリしている感覚もあるんですが、路面の不正を大袈裟に拾っているような感覚も同時に感じます。
日曜日にグライダーを飛ばしに富士川滑空場まで走るので、取り外してテストしてみました。

コースはもちろん箱根超え、コンディションは、雪(笑) 
路面は塩カル散布のおかげで凍結まありませんが、雪溶け水で完全にウエット
タイヤはスリップマーク寸前のP-ZERO NERO
まぁ、まともに走れたもんじゃありませんが、、、

で、取り外して一般道から行きは雪解け水、帰りは路面は乾くも-3℃の箱根を走ってみると
タワーバー無しの方が乗りやすいですね、、、
リアの突っ張るような固さが消えて、ロールしてから粘りが出てきます。

激変したのはトラクション感、
ベッタリとリアタイヤを押し付ける感覚が強くなりました。

路面からの突き上げ感も少なくなり快適性もUP
前後ともタワーバーを外してボディダンパーの仕事量を増やしたのも好感触に繋がっているのでしょう
p2
リアボディダンパーのブラケットはスプリングからの入力箇所の補強パーツにもなっているので、
スプリングからの入力による変形を直接制振出来るようになっています。

リアタワーバー周辺を補強して良い印象があったのは、友達のBMW Cup仕様 M3
8320608_1090333968_232large
ロールケージをピラーやサイドシルに溶接してセンターモノコック付近を補強してある車両です。
ドライバーシート付近のモノコック中央部分を補強した状態ならばリアストラット付近の補強を行っても極端に悪い感触は出ません、、、

結局、ボディ補強のバランスをザックリと考えてみると、ボディ補強はドライバーシートを中心に考えてセンターモノコックを走行させる状態に合わせて補強して、
前後のストラット付近はセンターモノコックの補強具合にバランスさせる形で追加していくのがポイントみたいです。

センターモノコックの補強に比べ、前後ストラット付近の補強が強すぎると、ボディの捻れ中心がドライバー近くになるので
”ボディ剛性感”って事に関しては良い感触は得られなかったんですね、、、