下りタイトセクションはキツい

M3に乗ってドライブに出掛けて近所の湖へ
山を下っての帰り道
がらがらに空いた道をトコトコと走っていたらプロジェクター2灯ライトに飾りのLED

86かBRZだね、、、
路面不正を越える度に短い周期でライトが跳ねる
脚弄ってるなぁ、、、

あまり張り付かれたまま走るのは好きじゃないし
実に好戦的な雰囲気
少し下ってトリッキーなタイトコーナーが連なる場所で様子を見る事に
ヲッサンになると「シフトダウンして全力加速で宣戦布告」
なんてしません(笑)

ズルいヤリ方で相手を試してから、、、

一つ高いギアでだらだらと加速して狙った1stコーナーのボトムスピード付近でアクセルオフのキッカケだけでスコンと曲がってみる

こんな中途半端な曲り方でも車間が離れるなら「相手にならない車」って事で
そのままさようなら、

で、、、
後ろの「見知らぬお友達」は車間一定で後ろに居る

あら、、、こりゃマズイ、、、カモられちゃう!?

2速主体の下りタイトセクションで自分より軽くてトレッドが広い車を相手にするのは嫌な状況
さっき試したタイトコーナーのボトムスピードは同じがBRZ方が速い

BRZのフロントは跳ねていて仕上がりはイマイチみたいだけど、イヤでもフロント荷重の下りなら曲がるでしょ

フロントサスペンションの仕上がりとエンジンパワーのメリットを活かせる登りなら
旋回速度で勝負しないで意地悪くボトムスピードを殺して加速競争に持ち込んじゃえは食い付かれないし抜かれないんだけどなぁ、、、

下りタイトセクションじゃイニシアティブは後ろのBRZ
嫌な状況で始めちゃった事に気がついて後悔しても後の祭り

4輪ともズルズル滑って反応の鈍いM3を速度を殺さないように手前からラインに乗せて耐える防戦一方
「もう少しマトモなタイヤ履いてればなぁ、、、」なんでボヤイてリアタイヤの機嫌を伺いながら加速

車が重くてブレーキ使いまくると「終る」から旋回最低速度勝負の我慢比べ、、、
恐いんだよなぁ

って困っていると目が覚めました
寝たのに疲れた、、、(笑)


ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です