E36 M3 リアサスペンション トリプルスプリング化

リアダンパーのストロークUPによりスプリングに遊びが出てしまうので、ヘルパースプリングを追加してトリプルスプリング化しました。

p1
もちろん、そのままスプリングを追加するとスプリング密着高 x レバー比だけ車高が上がってしまうのでスプリングシートを自作しました。

今回は、ロア側の塩ビパイプエンドの加工より更に簡略化
1000円位で直巻きスプリングシートが作れます(笑)

必要な材料は
厚さ10mm程のゴムシート
接着用のセメダインスーパーX
幅8mm程のブチルテープ
タイラップ少々

作り方は
コンパスカッターで直巻きスプリングのIdより1mm程小さくゴムシートを切り出します。
次に切り出したゴムシートの内側をボディ側の突起にあわせてコンパスカッターで切り抜きゴムシートのリングを作ります

リアスプリングを外して純正のスプリングシートを外してパーツクリーナーで清掃&脱脂

セメダインスーパーXでゴムシートのリングをボディに接着

このままだと脱落するかも知れないのでボディの突起部分にブチルテープをぐるりと一周回してタイラップを巻いてストッパーにします。

これでアッパーシートの出来上がり

ボディ側のに直接当てるのでスプリングの末端をヤスリ掛けしてください

あとはスプリングを組んで出来上がり

ハイパコヘルパーを追加してスプリングの遊び無し
0.8kgfmmの超低レートなので体感出来る影響はありません

バラシついでにリアの減衰力を再設定、
ダンパールブの塗布
スプリングシート部分のフリクション対策のスラストベアリングのグリス交換、
「低フリクション&しっとり減衰」でなかなか調子良いです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です