E36 M3 KONI Sports 一般道&高速道路でのセッティングメモ ④

まとまりの良さから現状での「基準値」とした前回のセッティング

フロント 360+68
リア 360+45
前後のバランスが良かった一番良かったセッティングにあわせてフロントも同時に45弱める
(リアに対してフロントは+23)
もちろん減衰力による抑え感が弱まり、引き落とし感が緩和
伸びと縮みのバランスが取れて自然な動きになってきました。

130km程走って、気になったのはロール方向の引き落とし感
ピッチ方向は良かったのですが、ロール方向で路面に対して引き落とされる感じ
路面のうねりに対してボディがロール方向に不自然に引っ張られます。
(ちょうど強化スタビライザーを組んだ感じ、、、)
減衰力をもう少し弱めてみます。

フロント 360+23
リア 360
前後のバランスが良かった一番良かったセッティングにあわせてフロントも同時に45弱める
(リアに対してフロントは+23)
少しだけどロール方向の過大な動きは収まる、
流石にここまで弱めるとボディの「収まり感」は薄れてきて「バネ感」が出てくる
感覚的にこの辺りが限界かもしれない

減衰力を抜いていくと、脚が動き出す速度が低速側にシフトしていく
フロント 360+68
リア 360+45
だと、60km/hからフラット感が出てくるのが
フロント 360+23
リア 360
に減衰力を下げると40km/hから落ち着き始める

僅かに減衰力を上げたくなるけど、「少し抑え感が薄い位が丁度イイ」って言葉を信じてこの位置にしてみようと思う
運動性に関しても減衰力を下げた分だけ素直に軽快感が出てきて、ピッチ&ロールのバランスも良好
高速のスタビリティも僕の使用速度域なら全く問題なし

ボチボチ微調整の領域ですが、、、
前後とも僅かに強めて+23するかはもう少し考えます。

搭載燃料などに左右されてくるから、これ以上微調整しても多分受ける感覚は「体調次第の日替わり」になってしまうので、この辺りが妥協点って事になるのかな、、、、


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です