ウッドパネル&アルカンターラ♪

内装のケヤキ板の処置が完了したので計器板を進めました
切り出したケヤキの板を更に薄く削りこみ計器板に張り込み、準備完了♪

HI3C0010
HI3C0010

取り付ける計器、速度計、高度計、昇降計、滑り計(ボール)、エンジン回転計、水温計、油温計、油圧計
電装板(マスターS/W、イグニッションS/W、スターターS/W、サーキットブレーカー等一式)
の位置を決めて、マーキング、
ホールソーでゴリゴリと穴を開けます。

090801_1305~0002
090801_1305~0002

計器版の縁はFRPのままなので、ウレタンの黒につや消し材、白を混ぜて、つや消しグレーに塗装。
センターコンソールもケヤキ板で作り直して良い雰囲気に、、

ココまでで機体に取り付けて雰囲気を見ると、、

090801_1309~0001
090801_1309~0001

090801_1800~0003
090801_1800~0003

「おぉ~っ!!複葉機にはやっぱりこっちの雰囲気だよねぇ~」
イメージが段々と形になっていくのは楽しい作業です、

次の内装工程は、革の部分「アルカンターラの張り込み」作業です!!
予定では2色を張り分けて内装を作り込む予定、一色はライトグレーに決まっていますが、もう一色は未定、
作業を進めながらイメージを固めます♪

最初に、簡単な部分からアルカンターラを張ってみて要領を掴みます。

090801_1309~0002
090801_1309~0002

前席のセンターコンソールが単純な形状なので練習用に選択!!

先ずは、アルミパネル部にリベットで固定された取り付けステーを外して、、、

HI3C0058
HI3C0058

HI3C0059
HI3C0059

ケヤキ板に傷や接着剤が付かないようにマスキング

HI3C0061
HI3C0061

適当なチラシに現物から型紙を起こして、、、

HI3C0062
HI3C0062

この時に、寸法キチキチには作らず、各辺で10mmほど大きく切り出すと後が楽です。

現物より大きめに作った型紙を、アルカンターラの裏面に乗せ、ズレないように定規で押さえながら

HI3C0063
HI3C0063

マジックで写し、

良く切れる裁ちハサミで切り抜きます

HI3C0064
HI3C0064

HI3C0065
HI3C0065

貼り付けに使うボンドは、おなじみのG17スプレー!!

HI3C0066
HI3C0066

コレを糊面に均一になるようにスプレーして、ヘラ鏝で均一に延ばします

HI3C0067
HI3C0067

続けて、貼り付ける相手(パネル側)にも同じようにスプレーして、出来るだけ均一に延ばします

HI3C0068
HI3C0068

ココで、両面共に指で触ってベタ付かない程度に乾燥させます。
(ゴム系接着剤の使い方で一番誤解されるポイントです、乾かさないと接着しません!!)

接着剤が乾いたタイミングで平面で位置決めを取り張り合わせて、ローラー等で十分に転圧して圧着させます。

HI3C0069
HI3C0069

縁の部分をシワにならないように巻き込み、端末はヘラで擦ってキッチリと境界を作ります。

HI3C0070
HI3C0070

縁の切断部分に定規を当て、新しい刃のカッター(カミソリ)で一太刀で切り落とし

HI3C0071
HI3C0071

端末部分の処理をして、完成!!
HI3C0072
HI3C0072

平面張りは簡単ですねぇ~♪ 
曲面の絞り、伸びの張りが出てくると伸びが少ないので難しい素材です、、、
小物から練習していけば、何とかマスター出来そうです♪

出来上がった部品を見て、、、

HI3C0073
HI3C0073

カッコイイ、、、本物のウッドパネルにアルカンターラ、、、
内装の作り込みはヤミツキになりそうです!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です