まだまだ下地作り

今回は先週の続きでFRPの表面処理です♪

キャノピーを取り外し

エンジンカウリング、

HI3C0007
HI3C0007

HI3C0010
HI3C0010

胴体上面、

HI3C0012
HI3C0012

HI3C0011
HI3C0011

コクピット枠、

HI3C0009
HI3C0009

フェアリング等

HI3C0008
HI3C0008

の下地調整です

主翼と同じように
剥離剤の拭き取り→バリ取りのペーパー掛け→パテ付け→面出しのペーパー掛け

こんな具合に表面の修正を掛けていきます。
通常のFRP部品でも塗装前に修正しないと仕上がりに差が出ますよ~
地味な工程ですが、仕上がりに直結するから丁寧に、、、
あんまりパテを盛るとその分重くなるので必要最低限に抑えなきゃ(笑)

これでFRP部分の下地調整はほぼ完了!

次回は上手く行けば仮組みと採寸の予定です♪
一度、構造部品を組み上げて飛行機の形にして、リンケージ等の接続を確認してサイズを測ります。
ボチボチ搬送用のトレーラーかアルミトラックの荷台の構想も進めなきゃ、、、


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です