タイヤ空気圧の設定と現状のサスペンションの不満

景色を眺めて「ぼぉ~っ」っとするのにすっかりお気に入りの場所になりました(笑)
同じところにチョコチョコ顔を出しています、

HI3C0190
HI3C0190

HI3C0187
HI3C0187

冬の澄んだ空気だと夕焼けから夜の帳が下りるまでの僅かな時間に見える空の色は格別ですね、、
朝早くから伊豆方面に足を伸ばして、夕方の帰り道に立ち寄って眺めていました、、、
気温が下がると目に見えて調子が良くなるエンジンなので、イイ季節にキッチリ回して楽しみます、
夏場のダレだ雰囲気とはまったく違いますねぇ~ レスポンスも鋭くトルクも出ています♪

最近、パワーを掛けるとリアタイヤの横方向のシナリが大きく、滑り始めとグリップの境界でGを溜め込んでから大きく滑るような感覚が気になったので、
空気圧を2.3→2.5(冷間)に上げてみました。
BSやYを使っていた頃は2.3を基準に好みの硬さに合わせていましたが、サイドウォールが柔らかいピレリだと2.5位の方が変なヨレが少なく扱いやすく感じます。
立ち上がりでパワーを掛けていくとリアタイヤが斜め前に進んでいくような雰囲気です。
チョット無理すると怖いような雰囲気もありますが(笑)

動きのフィーリングは良くなってきたけど、、、
やっぱり路面からの当たりがキツくなりますね、、、
ゴトゴト、ザラザラ、、、僅か0.2上げただけで突き上げの角が立ってきます(泣)

ボクの「乗り方」と「好み」を考えてみると、、、
速さを求めてないし、車高にこだわる訳でもない、ロール&ピッチが大きくてもそんなに気にならない
個人的な思い込みでサスペンションを弄れる経験値がある訳でもないし、そもそも自分の運転が正解とも限らない、
サーキットに興味は無いし、街乗りレベルで速いドライバーって訳でもない、、、
不安や疑問の無い「ノーマルサスペンション」が合っているのかも知れません、、、

手元にこの車が来た時から「吊るしのビルシュタイン+アイバッハ」のシャコタン仕様だったから、
ノーマルのM3Bって知らないんですよね、、、
どこかにノーマルダンパー転がってないかなぁ、
一度ノーマルを試してみたいなぁ、、、

市販のビルシュタインダンパーを使うにも疑問が残ります、、、
E36M3用のダンパーとして売っているけど対応スプリングの指示がドコにも記載されていないっておかしくありません??
そもそもスプリングに対してのダンパーの仕様でしょ、、、
スプリングの自由長とレートが変わるだけでもダンパーのケース長、ストローク量、減衰力、ガス圧、バンプラバー長、位は変わってくるはずなのに??

これは、「E36M3に付くダンパーでノーマルより固くてゴツゴツするよ、気に入らなかったら使いたいスプリングにあわせて仕様変更に出してね」
って事なのかな??
アイバッハスプリングと組み合わせると減衰力不足なのかブカブカ動いて底付きするし、ノーマルスプリングと組み合わせるとゴツゴツする、
コレはナニ用のダンパーなのかな?? 
スプリングとダンパーが別売りって「未完成部品」を売っているのと同じ事なんじゃないの?
メーカーに問い合わせようにもHPにメールアドレスも無ければ電話番号も無い、、、

今の仕様のダンパーに我慢が出来なくなってきているので、
オーバーホールと仕様変更をそろそろ本気で考えないとなぁ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です