驚愕の魚料理! 【究極の血抜き】

お友だちが天ぷら屋さんを開いたので、
プレオープンに行って来ました!
DSC_1980
普段からFBで釣り~下処理~調理までをUpしていて「見せるだけのオアズケ」で焦らされましたが
ついに食べてきちゃった♪

丁寧に釣り上げ、
received_386016941982973
received_423352901543331
received_272964860324715

究極の血抜き」を施して
数日間熟成させる
received_429855344486476

received_560080064483833
「新鮮さが勝負」一辺倒の魚料理の考え方が変わります。

この「究極の血抜き処理&熟成」をしている魚料理店は殆ど存在してません
普通のお店じゃ、これだけの手間掛けられないから「新鮮さ」だけが頼りになるんだねぇ、、、

天ぷらの「揚げ」も絶妙、、、
海老はプリプリ
太刀魚はフワフワ
_20190401_215556
イカはモチモチ
舞茸、蓮根はホクホク

一品めの海老で基本的に「塩」で食べる事に決定
本当に美味しい魚料理は塩で食べると甘味が引き立ちます。

初めて食べたのは甘鯛の鱗と皮の天ぷら
_20190401_215248
「甘鯛の松笠揚げ」です!
香ばしくサクサクとした食感
これ、ハマりますねぇ、、、

お刺身も甘味が深くて不思議なくらいスッキリしている
_20190401_215340
お醤油でも、もちろん美味しいけど
魚臭がまったく無いから
レモン搾って、山葵チョイ乗せて、軽く塩振っても最高♪
お刺身は「魚の香り」を楽しむ料理です

イカのお刺身は「時期ハズレで痩せてる」って話だったけど、
_20190401_215441
十分スゴいぞ、、、

〆のタイミングで出てくる「かき揚げ」も中までサクサク
普段は「かき揚げ」は野菜嫌いだし、真ん中のダマっぽい部分が嫌で食べないんですが、
FB_IMG_1554122040435
衝撃でした、、、
絶対にかき揚げは「かき揚げ丼」をリクエストしましょう!
あまりに美味くて七味唐辛子を振るのを忘れて一気に食べちゃった、、、(笑)

DSC_1992

天ぷら処 望月
・神奈川県 相模原市 中央区上溝6丁目 3-3
・TEL 042-713-3552

・定休日&営業時間 基本的に月曜はお休み 
「お昼ごはん」1130あたり~1430かなぁ?
※昼間から酒呑みが来店したら1430も続行!
「晩ごはん&晩酌」は
火 水 木 金 土1730~2100 (LO 2030)
【日曜の夜は釣り(仕入れ)の仕度に忙しいからお休み】
※火曜 水曜の夜は暇だったり「店主のやる気」が無くなったら閉店するので
「これから食べに行きます!」って電話してあげて下さい
顔怖いですが実は、「寂しがりやさん」なので喜びます
※コダワリのお店なので予約優先で夜は貸しきりになる事もあります、電話してから行った方が良いです

「時々、Vシネマの撮影や魚を釣り(仕入れ)に行って臨時休業頂く場合がございますのでご理解下さい。」
との事です

・予算
お昼ごはん
1000~2000円 (かき揚げ丼や天ぷら定食)
晩ごはん&晩酌
ガッチリ食べて5000円くらいかなぁ(お酒は別よ!)

sketch-1554154835532

received_583383272137787

received_321152798546541

received_2304434273166482

received_1847763558703045

「電車で行くには相模線、車で行ったら酒飲めない」って過酷な移動ルートの選択を求められ
店主の顔が怖いのがキツいけど、、、笑
(中身は優しい彼です)

魚料理&天ぷらのイメージが覆る驚きの連続でした。
オススメいたします!!

入店心得を良く読み心して扉を開きましょう♪
FB_IMG_1554121983420

ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です