E36 M3 マフラーハンガー修理のついでに強化

以前から大きなギャップを通過した時とか、旋回中に”きこきこ音”が出ていて、
色々と調べていたところ、

マフラーを強めに揺すったら”きこきこきこ、、、、”
マフラーハンガーを覗き込んだら、ばっつり切れていました
まぁ、消耗品パーツなのでしょうがないですね、

このマフラーハンガー、非常に良くできています。
スチールの枠の中に8の時のゴムの輪っかが加硫さえていてて
ちょうど8の時の真ん中にスリーブが付いている
万が一ゴムが切れてもマフラーが落ちる事が無いように設計されています。

「こんな凝った構造にしてまで脱落に備えるだぁ、、、」
なんて草臥れたマフラーハンガー見て感心していました
普通ならコスト削減狙ってゴムの輪っかで終わりですよ、、、
もちろん切れたらマフラー引きずって火花散らすスーパーマシンです(笑)

で、純正交換でも問題ないのですが脚を固めて負担が増えているので、
p1
強化仕様にしてみました
車内騒音が増えてキツイかなぁ、、、って思いましたが、殆ど影響なし
しばらくはコレで安心です♪

ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です