コレは気持ちイイだろうなぁ~

コレは気持ちイイだろうなぁ~

車に対するモチベーションが下がると、見てしまうお気に入り動画、
RUF CTR のニュルブルクリンク動画です。
ノーヘル&ノーグローブって事は”お楽しみドライブ”ってことでしょう(笑)

ポルシェって思いっきり後ろに寄った重量配分から生まれるトラクションにより
許容スリップアングルが深い事が最大のメリットだと思います。
そもそも911シリーズが設計された時代はタイヤのキャパシティが十分ではなく、旋回性能よりトラクションが優先されて設計され、
後のモデルの改良の方法はRRの悪癖対応の歴史になっています。
モデルが進むにつれ重量配分を改善するために、リアセミトレーリングアームの後退角を増やしたり
リアをマルチリンク化して限界を引き上げたり、ホイールベースを延長したり、、、

LSDも減速時の安定性を得るために、加速側より減速側のロック率が強い逆1.5Wayって話を聞いたことがあります。

まぁ、、、もろもろ考えてみると、素晴らしい”ドリフトマシン”だと思います。

動画でもブレーキングからリアのスリップアングルを作り出してリアタイヤで旋回していきます。
ほとんどフロントタイヤを使っていないセクションもあります。
「後ろの重さを使って回頭して、トラクションで旋回する」イメージです。

これは気持ちイイでしょうねぇ~
リアのスリップアングルコントロールが自在に出来るようになったらRRポルシェに乗ってみたいです。
もっとFRで練習しなきゃなぁ、、、、
ブログランキングに参加しています、記事を気に入っていただけましたら
↓クリックしていただけると嬉しく思います。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です