小さな部品の大きな力

車屋さんから思うより早くOIL漏れ修理完了の連絡が♪
早速、OIL漏れの様子見に箱根まで往復ドライブに行ってきました~

HI3C0046
HI3C0046

やぁ 久しぶり♪
2000にスタートして保土ヶ谷バイパスから東名高速を西へ、、
やっぱり旧くてもBMWのL6、、、
負荷の少ないクルージングでも、クォ~ンといい音聴かせてくれます♪

んんっ、、、いい音過ぎないか、これ、、、??

タイラップ号のEngはもっとメカノイズ&微振動が多くて騒々しかったはず!?、

気になったので、右足の親指に力を掛ける程度にスロットルを開閉させてみると、
スロットルを開いてから回転上昇が始まるまでの僅かな”間”が少なくなって”ツキ”が良くなっています
シフトを繰り返し、イロイロな回転域の回り方を試してみると、
全体的にメカノイズと振動が少なくなっています、、、
一般道に下りてみると、シャクリ感も少なくなって全体的に静かでスムーズ、、

各部のガスケット、Oリングを交換しただけのOIL漏れ修理だったよなぁ、、、

追加作業で「OILを少し固めのヤツに交換」か「プラグ交換」でもしたのかな??
まぁ、戻ったら聞いてみよう

西に走るに従って雨も強くなってきて、、、
しかも久しぶりのM3
カローラに慣れた体がM3のパワーと重量に馴染むまでは「おっかなびっくり」でした~(笑)

感覚が戻ってきた頃合いで箱根入り
R1から小涌園前を登り湖畔の自販機でコーヒーってお気に入りのルート

どしゃ降りの箱根を2速~3速を使っていくと
カローラの脚とは正反対の性格ですねぇ~(笑)
カローラはダンパーが抜け切っているので、操作に対してピッチ、ロールも大きく

アンダー、オーバーが激しく出るのでフラフラ(笑)
丁寧に乗らないと、どっかに飛んで行きそう(笑)
上手く姿勢を作りながら乗ると意外とよく曲がります

M3は減衰力が出過ぎているダンパーが付いているので、とにかく姿勢が変わらない、、、
ブレーキとアクセルでピッチングとロールが起きないから、基本的に「姿勢」で曲がらない
タイヤ任せってヤツですね~
反面、下りは入り口だけ気をつければ「巻き込まない」から意外と楽(笑)

今回の足回りは、荷重はスプリングで受けて、減衰力はあまり出さずにストロークを生かして曲げる方向の設定になりそうですから、
面白い車になりそうです♪

そんな事を考えながら湖畔まで上り、缶コーヒーを飲みながら休憩、、、

霧と雨でチョー寒いっ(泣)

霧と雨に追われるように湖畔を後にして山を下り一路横浜へ、、、
しかし、天候が不安定です。
霧の中を走っているかと思えば、いきなり視界が開けたり、
雨がやんだかと思えば、80キロでハイドロに入るくらいの強い降り、、、

東名高速を東に戻り、2300に到着 結局3時間かぁ、、、
車を預け、早速修理メニューを確認です

「Engフィールが良くなっているんだけど、OIL漏れ修理以外に手を入れた??」

「少ない予算で効果的な部品を一つだけ交換したよ~」

って事で、オマケの作業を聞いてみると、、
ガスケット交換のついでに「カムチェーンテンショナー スプリング」を交換して、テンショナーのシリンダー部分を磨いただけでした。
21434568_1432291706

赤丸がガスケット&Oリング、
青丸がテンショナースプリングです。

部品を磨いてフリクションを落として、バネ1本交換でこの効果ですか、、、
効果の大きさにビックリです、、
バルブタイミングの狂いがなくなるから調子がよくなる訳ですねぇ~
ツボを抑えた仕事は流石です、、

さて、今回のドライブで、OIL漏れの箇所が更に絞り込めるので、修理の方向性が見えてきます。

今後の進展が楽しみです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です