E36 M3 続!!フロントオーバーハングの軽量化

3/20からタイラップ号は車検整備に入ります!!
車検整備のついでにフロントの軽量化を進めます。

E36M3Bに搭載されたS50B30の右側の補機、エアコンコンプレッサーの下に搭載されている2次エアポンプ
エンジン始動直後の特定条件下、触媒の温度が低くて還元が上手く働かない間に一時的に駆動され
排気ポートに2次エアを送り込むためのポンプです。
始動直後のファーストアイドルで排気音がデカくなってるあの時間です。
もちろんエンジン始動後に温度が上がれば電磁クラッチが切られ、フロントオーバーハングにぶら下がった重量物、

軽量化を進めるために撤去します!!
ETKでシステム重量を調べると4kg程ありそうですね、、、
エアコンは残してエアポンプだけを撤去するので
エアコンコンプレッサー駆動ベルトと、シリンダーヘッドの2次エア導入口の蓋が必要です。

って事で、BMW純正「エアコンコンプレッサーベルト」と「ヘッドの蓋」をディーラーに発注!!
もちろん、こんな変な部品は本国オーダー(笑)

HI3C0439
HI3C0439

HI3C0438
HI3C0438

何とか車検前に手に入りました♪
コレでもう少し軽くなります~ 車検上がりが楽しみです!!


「E36 M3 続!!フロントオーバーハングの軽量化」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    エアポンプは撤去しても
    陸運局のユーザー車検で排ガスは
    クリアできるのでしょうか。
    教えていただけると助かります。

    1. こんにちはM3さま
      ユーザー車検やDIYは、そのような判断や安全性に関して全て自己責任で行う事です。
      私は車検の合否判断は出来ませんし、
      その責任も負えませんので解答出来ません

      ご理解下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です